ちゅらの検査と、獣医師の見解の違い

今、ちゅら坊は、検査に行っています。
朝から絶食で、半日お預かり。
午後にお迎えと検査結果などを聞きに行きます。
ちゅら!がんばれ~!

なんだか、じっとしていると、落ち着きません。
悪天候で、ままならなかった家事も、テキパキと、あっという間に終わってしまいました。
ちゅらの検査の記録と、ちゅらの様子のお知らせを兼ねて、ここに載せたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょびんが旅立ってからというもの、ちゅらの様子がおかしく、すぐ病院へ行きました。
それは、過去記事にもありますが、ここでは、検査結果を載せたいと思います。

↓ クリックで大きく見えます。

9月初旬

f0002833_1258514.jpg


気になるところを、更に大きく・・・

f0002833_1258324.jpg


先生の見解は、気にしなくてよし。

この日は、パパさんが病院へ連れて行き、家で、その時の話を聞きました。

え!?本当に?
最後の項目の、CRPは、高すぎないのだろうか。標準より、かなり高い数値だけど・・・。
標準0~0.7 なのに 6.0 だ。
もし、悪性腫瘍だったら?

癌があるとしたら、他の数値が、もっと高く出るはずなので、気にしなくてよしとの事だとか。
何で、この数値が出ているのかは、わからないとのこと。
ちゅらの歯茎に、びらんがあるので、それに反応して出た数値かもしれないと。

そうか・・・そうなんだ。
他の項目も、赤字が出ているところがあるけれど、標準値と、大きな差がないから、大丈夫とのこと。
それは、ママでも納得できます。
でも、どうしても気になるCRPの数値。

ママは、一ヶ月後に、再検査してもらおうと思いました。

血液検査の翌日には、レントゲンやエコーの検査もしており、問題ありませんでした。
大きな安堵が訪れたのを、思い出します。

待ちに待った(?)一ヶ月後。
再検査です。
全ての項目ではなく、気になるところだけの検査でよしとのことでした。

CRPは・・・

f0002833_1382566.jpg


もうちょっと大きく・・・
標準0~0.7 なのに、4.5 だ。
一ヶ月前よりは、下がっているが、それでも標準とは、けっこうな差があるのではないかと感じたママでした。

f0002833_1384610.jpg


先生の見解は、同じく、この数値は、何だかわからないけれど、気にしなくてよし、とのことでした。
もう一度、エコーで診させてほしいとのことで、検査しましたが、問題ありませんでした。

ほっとしたものの、気になる数値。
先生が言うのだから、そうなのかな・・・。

ついでに、気になっていた、ちゅらのお口のにおいも聞いてみました。

昨年の春に、歯石除去をしていて、そのとき、左上の歯肉のびらんも、切除してもらい、生検に出しています。
これは、悪性腫瘍ではなく、問題がありませんでした。

あれから一年半。
歯磨きもしていますが、歯石もついており、また、びらんができています。
ぐらついている歯もあります。
ママは、昨年のにおいとは違うと、感じていました。
でも、先生は、歯石のにおいだと、おっしゃいました。

口のにおいは、歯石からだけくるものではないと思います。
昨年とは違うにおい・・・というのが、気になって。
首から下は、レントゲンやエコーもすんでおり、心音にも問題ないこともわかっています。
この頃、ご近所の大型犬が、鼻に癌ができて、手術ができない状態であるという話が伝わってきていました。
(10月に入って、亡くなったそうです。)
ですので、口腔癌その他も、心配でした。
何かないといいのだけど・・・。
歯石だとしても、このまま、放っておいていいのだろうか。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あれから、約一ヶ月。

ちゅらが、休んでいるときに、突然、苦しそうな声(音?)と共に、立ち上がりました。
身を低くして、四つ足で踏ん張り、しばらくして、その音がおさまると、また、休むのです。

どうしたのかな?と思っていましたが、その回数が増えてきました。

頻繁というほどではないのですが、一日に数回。
一日に一度だけということもあります。
パパさんは、鼻の音だと言いました。
そうかもしれない、鼻から出ている苦しそうな音。
ズーッ ズーッ・・・ ズーッ ズーッ・・・というような?うまく表現できません。 
身を低くして、四つ足で踏ん張り、その音がおさまると、また、眠りに入るのです。
なんだか、とても、かわいそうでした。
また、ケッという音を、喉から出していることも、気になりました。

一体、どうしたのだろうか・・・。

病院で診てもらおうと、思いましたが、さて、どこで。

思い切って、セカンドオピニオンだ。

前回、前々回の検査結果を手に、昨日の土曜日、行きました。
検査結果と、その時の医師の見解も、伝えました。
その先生は、CRPの数値に着目。
何で、この数値になるのか、どこで反応しているのかは、調べないといけないと言います。

触診できるリンパも、診ていました。
下腹部の方が、少し、張っていると、言いました。

心臓の音は、問題ないとのことでした。

ちゅらの口のにおいのことも、聞きました。
歯石も多く、ぐらついている歯と歯茎の間、びらんと歯の間には、雑菌が繁殖する、その雑菌類は、咽の方にも行ってしまう。
それらも、におうのだと言います。

前回の検査から、一ヶ月近くたつので、もう一度、基本検査をしたいと言います。

お願いしました。

首から下の検査です。
尿検査(今朝、7:30頃自宅にて採取)、血液検査、レントゲン、エコー(心臓その他内蔵)、心臓の音。

あぁ、もう、お迎えに行く準備をしないと。

では、つづきはあとで。

ちょびんちんの写真に、両手をパンパンと、合わせていたママ。
病院に向かうときも、もう一度、合わせました。

苦しいときの神頼み・・・ではなく、苦しいときのちょびん頼みになっています。

ちょびん様、ちゅらたんを、守ってね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ただいま。

絶食で、午前9時から預け、検査。
午後3時に病院へ。
その間、ずーっと、検査結果の他、長く病院にいる、ちゅらの事が、心配でした。
あれこれと、用事をして動いていましたが、心配している為に、疲れた感じです。

約1時間かけての、丁寧で細やかな説明がありました。

その後、ちゅらと会いました。
おりこうさんだったみたいです。
お顔を見て、ママは、やっと、ホッとできました。

ちゅらたん、問題なしとは、いきませんでした。
でも、現在が、重篤な状態というわけでもありませんでした。

だいぶ疲れましたので、このつづきは、また後にしたいと思います。


ちゅら坊、おうちに帰ってきて、安心して、ぐっすり眠っています。。。
ゆっくり、おやすみね。
[PR]
Commented by masshy85 at 2013-10-28 12:00
もし歯が気になる様でしたら、犬の歯医者さんで検索を掛けてみて下さい。何軒か同じ毛入れるで営業していると思います。
家の近くにはあって、歯から鼻にかけての異常を見つけてもらった仲間のワン子がいます。
Commented by masshy85 at 2013-10-28 12:03
http://www.dog-dental.com/index.htmlにしかないようです。アクアライン、湾岸、横横で来られると思います。
麻酔なしで歯石は取ってくれますよ。
一度ご覧になって、御電話しては如何でしょうか?
Commented by chobin-mama at 2013-10-28 19:46
◇masshy85さん
いろいろ有り難うございます。
麻酔なしで歯石をとってくれる獣医さんのお話は、昔、聞いたことがあります。
こちらでは、どの獣医さんも、麻酔なしでは無理だと、言います。
高齢の小型犬は、全身麻酔はこわいな・・・と思っています。
特に、ヨーキーなどは、脳圧が高くなったりするらしくて。
歯について、詳しい獣医さんは、あまりいないのかな。
質問したことに、十分な返答をもらったことが、ありません。
一度、教えてくださったところを見て、パパさんにも相談してみたいと思います。
ありがとうございました <(_ _)>
Commented by masshy85 at 2013-10-28 20:58
アニスの歯が抜けた時に行った事があります。
人間の歯科医と獣医さんが一緒に見てくれます。
獣医さんがよく変わるのが難点ですが、皆さん優秀だと仲間は言っています。
仲間のワン子は歯茎の膿が鼻に廻って、おかしかったのをすぐに見つけてくれたそうです。何軒もいって分からず納得出来なかったので遠い所を行った様ですよ。
Commented by chobin-mama at 2013-10-29 19:24
◇masshy85さん
獣医師を育てる大学では、どの程度の歯科の勉強をするのでしょう。
今まで、動物病院で、歯に対しての質問をしても、いつも、流されるような印象を、持っていました。
愛犬家の歯科医師も多いでしょうに、この現状を、どう思っているのかな・・・とも。
ちょびんもね、一年以上前、ごはんを食べにくそうにして、いつも、目で訴えていたのです。
それで、病院へ行ったのですが、全ての歯をきちんと診てもらえず、大丈夫だとかなんとか。
歯周病になることもあるかと思うが、その影響もこわいし・・・などと話したのですが、はっきりしなくてね。
犬は大丈夫だとかなんとか。歯がなくても食べられるとかなんとか。
でも、しばらくして、やはり様子がおかしいということで、再度行きました。
対応を不服に思った私は、奥歯まで診てくださいと、きっぱり。
すると、奥歯は、既に、ひどい状態になっており、手術になったことがあります。
ひどくなるまで、ずっと、がまんをしていたわけです。
本当に、かわいそうなおもいをさせました。(TT)

車が苦手なちゅらと、病院の往復にかかる時間など、からだへの負担も心配ですが、よく、考えてみたいと思います。
by chobin-mama | 2013-10-27 19:19 | ちゅら | Comments(5)

since 2005/11/19


by chobin-mama
プロフィールを見る
画像一覧