ちゅらの健康記録ノートと病院

昨夜の金曜日、仕事から帰宅後、ちゅらの健康記録ノートを作り始めました。
9月から、色々ありすぎて・・・
記録する内容は、たくさんありました。

一気に仕上げたいので、夕食も、そっちのけです。
パパさんは、飲み会なので、気にしなくてもいいですし~。

利便性を考えて、ルーズリーフに記録し、クリアファイルに、検査結果、医療費明細表等と共に、入れていくことにしました。

そんなこんなのうちに、パパさん帰宅。
おなかがすいたので、昨夜の焼き豚の残りで、長ネギと卵と、チャーハンを作ってほしいと訴え、作ってもらいました。
快く(?)かどうか、わかりませんが、文句も言わず、作って持ってきてくれました(*^_^*)

こんなことをしていると知ったら、ママのお姑さまは、どう思うでしょうねぇ・・・(^_^;)

数時間の後、完成。
大切な大切な、ちゅらの為に、ていねいに、記録しました。

クリアファイルの色は・・・
元気いっぱいで、おひさまが大好き・・・そんな、ちゅらのイメージから、黄色にしました。



土曜日。
朝一で、病院へ。手にはもちろん、昨夜作った、ちゅらの健康記録ノートを。

担当の先生は・・・
ちゅらが嘔吐した時に、電話で対応してくれた先生とは、言うことが違いました。
薬を飲んで、それが、数日後であっても、影響が出ることがあるので、様子が違ったら、すぐに服用をやめ、電話をしてほしいと。
そして、担当医が不在の日であっても、他の獣医師でも、ちゅらのことは知っているので、診ると言いました。

ちゅらの診察・・・
聴診器で、心臓と肺には、問題なし。
触診で、リンパもOK。
口のにおいなし。
目もOK。

薬2回目で、口のにおいや尿のにおいがなくなったことについては、抗生剤は、そういうものなのだそうです。
びっくりですねぇ・・・。
肝臓の薬も、同時に飲んでいたのですが、これは、即効性はないそうです。
薬名は、抗生剤は、ビブラマイシン、肝臓の薬は、ウルソ です。

さて・・・
薬をどうするか・・・。

どちらの薬が、影響を与えていたのかということになりますが・・・。
とりあえず、肝臓の薬を、やめてみることにしました。
抗生剤は、錠剤の4分の1だったのを、16分の1の量にしてみることになりました。
(4分の1 というのは、ちゅらの体重2.85㎏に対して与えられる量の、中央のラインだったそうです。)
そして、3日間服用し、その後、電話で様子を伝えることになりました。

先生、診察室を出るとき、「いろいろありますが、一緒に頑張って行きましょう。」と、言葉をかけてくださいました。
あったかいな・・・。

しばらく待合室におりますと、
お薬を担当する方から、お話がありました。

機械で錠剤を割るので、全てを同じ量にすることは、できないと。

粉をカプセルに入れた時に、フルで、ぎゅうぎゅう詰めにした物と、7割くらいで、スカスカの物があった事を伝えました。
人間だったら、問題ない量かと思うが、このくらい小さな犬には、どうなのかと。

そして、細かな単位まで測定できる物はないのか、聞いてみました。
あると言うので、それでしたら、できるだけ同じ量で揃えてくださいと、頼みました。

薬が微量なので、手折りの薬袋になり、時間もかかるとのことでした。
でも、安全第一ですからネ。かまいません。

帰宅後、お昼ごはん1杯与え、その後、飲ませました。
さて、ちゅらたん、どうかな。

ひとつひとつ、やっていこうね。


あ。そうそう・・・
お薬の袋のことですが、手折りになると、プラス800円かかるそうです。
今日は、事前に伝え忘れたので、プラスはありませんでした。
[PR]
Commented by masshy85 at 2013-11-02 23:09 x
アニスの先生はカルテを出して下さるの。
穴開きファイルも下さって、それに入れられる様になっているのよ。領収書も。
ちょっと便利です。
エコー検査も手術も観ていいのよ。
ちょっと安心でしょ?
Commented by chobin-mama at 2013-11-03 20:19
◇masshy85さん
それはいいですね!
先生からだけではなく、患者側も、記録などを、ファイリングしておけますしね。
大切な記録として、残せますね。
エコーなどは、よく、一緒に見ましたが、手術もOKというのは、ちょっとどころか、大きな安心になりますね。
by chobin-mama | 2013-11-02 19:20 | ちゅら | Comments(2)

since 2005/11/19


by chobin-mama
プロフィールを見る
画像一覧