日光浴 と D-smile と 咳 の因果関係は?

f0002833_16431570.jpg


今日、木曜日は、昨日までとは打って変わって、ぽかぽかと、暖かかったです。
ちゅらも、ごらんのとおり、おひさまの下で、大きなあくび。気持ちよさそうでした。

火・水曜日の二日間は、冷え込みが厳しく(12月下旬?)、ちゅら自身も、お散歩に行く気はなかったようですが、ちゅらの体調を考えて、ママも、連れて行きませんでした。
ちゅら自身が行きたがらないということは、単に寒がりなだけではなく、自身の体調もよくなくなるということが、わかっているのかもしれないと思う、この頃です。
ママ自身も、アレルギーを発症してから、急激に寒くなる日は、気道が、キュッと狭くなることを、実感できます。空咳も、出ます。
アレルギーや喘息もちの人にに聞いてみても、同じことを言います。

さて、話しは戻って・・・
ぽっかぽかなお天気に、ちゅらも、お散歩に行く気満々でした。
大好きな、広い公園 ♪
元気いっぱいでした。
この時間帯に行くと、よく会う、6歳のシーズーちゃんとも、仲よくご挨拶。
シーズーちゃんの妹、ニンゲンの2歳くらいの女の子とも、ご挨拶できました。
今日は、初めて会う、背筋のピンとした、生粋のお嬢様という感じの、グレーのプードルちゃんとも、ご挨拶したりして、新しいお友達との出会いもありました。

帰りも、元気元気!
緩やかな坂に入ると、このところのお決まりのように、抱っこをしていましたが、平地になると、「降りるの。」と言います。
自宅が近づくと、玄関前を避けるかのように、少しずつ、じりじりと、離れて行きます。
まるで、ちょびんのようです。
おうちに、戻りたくないんです。
「だ~めよ~。ママ、お仕事行くんだから。」
もっと歩きたかったようですが、強制終了です。

家に戻ってからは、ちゅらは、バルコニーのテーブルに干したクッションで、ひなたぼっこをしていました。

ママは、少し、気をつけて見ていました。
というのは、ちゅらは、ひなたぼっこの後に、ケッケケッケ・・・が、始まるのです。
ひなたぼっこの最中にも、そういうことがあったので、また、そうなるのではないかという不安が。
ちょっと、冷や冷や。
どうか、そうなりませんように・・・と、思いましたが、やっぱり、そうなりました。

一体、どうしてなのでしょう。
かわいそうに。
日光浴と咳、どういう因果関係があるのでしょうか。

抗生剤の副作用の症状についての説明文で、光線過敏症というのを、目にしたことがあります。
これは、一体、何ぞや。
それなのでしょうか・・・。
お外での日光浴で、急に、体や気道に熱が加わった影響とかも、あるのでしょうか。
なんだか、わかりません。

10月に入ってから、白内障の目薬D-smile を、やりはじめてもいました。
ズーズーとケッケ、そういえば、タイミング的に、これをはじめてしばらくしてから、出てきています。
(まぁ・・・このころは、これだけではなく、色んな生活環境の変化もありました。)
この目薬は、副作用がないとのことですが、わかりませんよね。
実際、ママも、「これは、そういう薬ではないのですけど・・・。」と、医師が言う薬に、反応したこともありますしね。

とりあえずは・・・
D-smile lをやめてみます。
もう、ほとんど残っていませんし。
やめてみて、様子見です。
金曜日から、目薬なし!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(追記)
またまた、パズルのような、ブログタイムになっています。
記事の途中でやめ、また、継ぎ足し、やっと写真をPCに取り込んで、記事内にUPしたり・・・と、
数日間にわたっての、小刻みな作業。。。
木曜日からはじめているのに、やっと、土曜日に完了です。。。


金曜日から、D-smile を、やめてみました。
この日は、天候もよくなく、ちゅらは、一日中、お部屋の中にいました。
気温の変化もない暖かい中で、ママが家にいる時は、常に加湿しています。
そんな環境もあるのか、目薬をやめたせいなのか、どうなのか・・・
お咳は、ありませんでした。


土曜日。
病院に、抗生剤を取りに行くことになっていました。
というわけで、パパさんに、先生に聞いてきてと頼んでありました。
D-smile と 日光浴 と 咳の関係を。

心待ちにしていた、パパさんの帰宅。

ふむふむ・・・ふむふむ・・・。

以下、先生の見解です。











D-smile について
 ↓
主成分は、アミノ酸なので、体に悪くはない。
それが原因とは思えないが、成分の中に、それ以外の色々な物質が入っている。
例えば、アルコール、滑らかにする薬など。
それに反応しているのかもしれない。
目薬は、目・鼻・喉・・・と通っていくので、刺激になっている可能性が、ないとは言えない。
でも、せっかく始めた薬なので、やめてしまうのも勿体ない気がする。
一日二回の点眼だったが、一日一回にしたらどうか。
レントゲンを見ると、気管が強い子ではないので、様々な刺激によって、反応を起こすことはありうるし、刺激によって、分泌物が増えていくこともありうる。
だから、生活の中で、ちゅらにとっての刺激を、ひとつひとつ、確かめてみることは、とてもいい事。

ひなたぼっこの後に、咳き込んでいることについて
 ↓
同じように、観察を続けてくださいとの事でした。


わかりましたっ!
[PR]
by chobin-mama | 2013-11-14 11:59 | ちゅら | Comments(0)

since 2005/11/19


by chobin-mama
プロフィールを見る
画像一覧