「ほっ」と。キャンペーン

絵はがきを選ぶ ・・・ 心に残る富弘の詩

今日も一つ
悲しいことがあった
今日もまた一つ
うれしいことがあった

笑ったり泣いたり
望んだり あきらめたり
にくんだり 愛したり
・・・・・・・・
そして これらの一つ一つを
柔らかく包んでくれた
数え切れないほど沢山の
平凡なことがあった



休みに入った初日、上司から、暑中見舞いが届いていました。
あぁ、ママったら、いつもそう。
いつも、上司より遅れてしまいます。

この休み中に、ゆっくりと、きもちを込めて書きましょう。
義母からもらった、星野富弘の絵はがき集が、何冊もあります。
その中から、送る葉書を選ぼうと思いました。
季節の花の絵の、葉書を選びました。
ニチニチソウです。

その絵のそばに書いてある詩を読んでみました。
なぜか、心に染みてきました。
何度も、繰り返して読んでしまうほど。
f0002833_1691820.jpg

数え切れないほど沢山の平凡なことが、
人生の、いろいろなことを、柔らかく包んでくれているんだ。そうか、そうなんだ。
平凡な日々こそが、実は、とても大切で、当たり前の、ふつうのことが、とても大切なことは、若いときから感じていました。
でも、もっと深く、それが、わかるようになったんだな、ワタシ。

この絵はがきは、自分で持っていよう。
そう決めました。

小さなママコーナーになっているような、ドレッサーとチェストのそばの壁に、きれいな額に入れて、かけておくことに決めました。
f0002833_1693856.jpg

でもね・・・ママの苦手な言葉が、ひとつだけあります。
「憎む」という言葉です。
この言葉を、はじめて知った子どもの時、なんて醜い響きなんだろう、なんてイヤな言葉なんだろうって、思ったのです。
だから、使ったことが、ありません。
使うような生き方も、してきませんでした。
でも、この方は、それだけ、壮絶な人生、壮絶な時間を・・・と言ったら、あまりに薄っぺらな表現になるかもしれないのですが、私には計り知れない、いろいろな物を、見てきたのだと想像できます。


週明け、先生方や事務の方から、残暑見舞いが届きました。
暑い日の勤務を、みなさん、慰労してくださりました。
ママは、心を込めて、小さな葉書の中に、長い、残暑見舞いのお手紙を、書きました。
その方たちを思い浮かべ、季節の花の絵や、その方の大好きな猫の、イラスト入りの葉書を選んで。
アナログ的なことは、心が通う気がします・・・。
[PR]
Commented at 2014-08-15 17:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chobin-mama at 2014-08-17 17:38
◇鍵コメ さま
そう感じますか。
心の琴線に触れますよね。
このあと、他の絵はがき集の詩も、読んでみたワタシでした。
あぁ、震災のときは、鍵コメさんは、たいへんでしたよね。ブログからも、ひしひし伝わってきました。
千葉でも、たいへんでしたもの。こわかったですよ。それに、食料も日用品もガソリンも灯油もなくて。
いえいえ、おっしゃっていることは、よーくわかります。
穏やかなふつうの日々こそ、宝物です。

まだまだ厳しい残暑が続きます。鍵コメさまも、お体大切に、がんばりましょう! ^^

by chobin-mama | 2014-08-14 17:37 | mamaのつぶやき | Comments(2)

since 2005/11/19


by chobin-mama
プロフィールを見る
画像一覧