ねんね

あら。
めずらしいねぇ~ ♪

ちゅらちんが、アルちのそばで、まるくなったよ ^^  (昨夕)
f0002833_12381425.jpg


あら。
久々だねぇ~ ♪
アルちの、こんなにまんまるの姿を見るの ^^ (今朝)
f0002833_12385014.jpg

そぉぉ~っと撮っていたのですが、その間、「んニャ。」「んニャ。」「んニャ。」と、言われ続けました。
( 訳 「やめて。」「撮らニャいで。」「やだったら。」 )

こ、こわいよぉ・・その目!
猫パンチが、飛んできそうでしたので、早々に退散しました。
f0002833_12444215.jpg



自宅点滴のことですが・・・
ご興味のある方だけ、どうぞ。



先生からは、50~100cc を入れてくださいという、指示でした。(ちゅら体重 約2.1キロ)
今では、がんばって、100ccくらいを入れられるようになりました。
最初は、ママの方がうまくできるだろうと、輸液担当していましたが、だんだん、ちゅらに注射針を刺すのが辛くなってきてしまいました。
というわけで、役割交代し、ぱぱさんが、輸液担当になりました。
ままは、終わるまで、ちゅらちょんを押さえて、話しかけて、ほめて、よしよしして・・・みたいな感じです。

輸液を入れるスピードですが、ままは、ゆっくりめのポタポタから始めて、次第に、ポタポタのスピードをあげていました。
その方が、時間はかかっても、ちゅらの違和感が少なくてすむと思ったからです。
でも、ぱぱさんは、早く終わりにしてあげたくて、最初から、はやめのスピードで、入れていました。
先生に聞きますと、どちらでもいい、その子の様子に合わせて・・・ということでした。

ちゅらちんが、輸液の最中、何らかの理由で、じたばたしていたのは、違和感があったのではないかと、ママは思いました。
ぱぱさんに、ママのやり方で・・・と、お願いしてみました。
最初は、ゆっくりと。
輸液の流れを作って、いきなり、あちこちに水圧がかからないようにすれば、どこからかの漏れも、なくなるような気がするからと。
落ち着いたら、少しずつスピードをあげて・・・と。

そういうスタイルになってからは、漏れることがなくなりました。
それに、ちゅらちょん、だいぶ落ち着いてきたように思います。
輸液の間、ちゅらの高さになって、ずーっと、しゃべっているまま。
ままのお話、聞いてくれているのかな。ありがとね。がんばってるよね。ありがとね。

現在、数値も、まずまず・・・といったところでしょうか。

そうなると、こっちも安心してきて、少しだけ、ゆとりも出てきます。

急激に気圧が変わるときや、天候が崩れるときは、輸液の量を減らしてみようか・・・と思うようになりました。
からだの冷えや、おなかのごろごろを心配してのコトです。
減らすといっても、100cc のところを、 70cc にするくらいですが。
小さなちゅらにとって、30cc の差は、けっこうあるかな・・・と、思っています。

輸液後は、アルコール消毒して濡れている首回りあたりに、ドライヤーをかけて乾かし、体全体にも、さ~っと、ドライヤーをかけてあげます。
きもちよさそうに、ドライヤーの温風に、あたっています。

そうして、きもちがよくなって・・・
眠ります。

ちゅらとドライヤーのお話は、また今度。
[PR]
Commented by masshy85 at 2016-02-21 15:07
皮下点滴?血管に?
アニスは皮下点滴、最後はすごく痛がりました。
骨と皮だけになって乾いていると痛がるんですって。
ちゅらちゃんは、大丈夫で良かったね。
お家でやるの、気を使うでしょうね。
Commented by chobin-mama at 2016-02-22 18:50
◇masshy85さん
皮下点滴ですよ~
血管に入れる技は、持ってないわ~~!!
うんうん、そうだったよね…。
痛いのは、かわいそうだよね…。
ちゅらちんに、今できる事を、がんばります。
by chobin-mama | 2016-02-21 12:45 | ちゅら | Comments(2)

since 2005/11/19


by chobin-mama
プロフィールを見る
画像一覧