日曜日は、あいさつ回り

(一週間前の出来事です。)

日曜日は、あいさつ回りをする予定でしたので、
土曜日は、数日間かけて丁寧に作った、ごあいさつの手紙を用意する予定でした。
ちゅら達の写真が入るので、色がきれいに印刷されるように、専用用紙を買ったり、その他、手紙を入れる袋や、飾りのシールを買ったりするつもりでした。

パパと一緒に玄関を出ると、どこかで見たような人が、やって来る・・・
仕事着だけど、わんこ連れてる・・・
その男性を見たり、わんこを見たり、行ったり来たり、きょろきょろ・・・
きこちゃんのパパみたい~ わんこも、きこちゃんっぽい~???
だんだん近くなって、「こんにちは~!」
声を聞いて、やっぱり、きこちゃんパパだーと、わかりました。

第一声、「ぱぱが、心配でさぁー。」
・・・ほんと、ありがたいです。
うちのパパさん、仕事から帰り、駐車場でドアを開けると、
「わんっ!」って、元気いっぱいのちゅらの声が聞こえる・・・とか言ってたばかりでしたので。
「重傷だ・・・。」とか、言われつつ、しばし、おしゃべりして、
買い物に出ました。

人の心は、人の心によって、救われる・・・と、改めて思いましたっけ。



夜、印刷。
きれいにプリントアウトされました。
さいごのページの余白に、一人一人に向けて、メッセージを、手書きで添えました。
病院のスタッフの方々にも、お一人お一人、書きました。
f0002833_2305553.jpg


さて、日曜日。
あいにくの、雨でした。でも、そこここの桜は、満開で美しかったです。

病院には、迷惑がかからないように、午前の診察が終わる頃に。
患者さん達がいると思われるので、小さな声で、早々に・・・と、思っていました。
でも、いつもの、ちゅらの診察のときのように、「〇〇さん」と、診察室に呼ばれましたので、少し、ドキッとしました。
主に診てくださった先生と、ちゅらが大好きだった看護師さんが、そこに立っていました。
お二人とも、既に、目が赤かった。
ちゅらのいない診察室。
先生の顔を見たら、だいじょうぶって思っていたはずが、涙があふれて止まらなくなってしまいました。
すぐにティッシュBOX渡されて・・・。
涙ふきふき、いろいろ、お話できて、よかったです。
あ、ママは、泣いていたので、主に話していたのはパパですが。
桜の菓子折には、のし紙をつけてもらったのですが、
名前は、「勝田 ちゅら」にしてありました。
ちゅらからの、お礼です。
ちゅらの写真入りのお手紙も、渡しました。
これは、ママからの、お礼です。


冷たい雨の日でした。
夕方近くまでかかり、ほぼ、ごあいさつにうかがえて、ホッとしました。


夜になって・・・

雨の中、ありがとうございます・・・と、お礼メールをくださる方もいて。
私の手紙に対しての、返事・・・と言いますか、反応・・・と言いますか、
心を返してくださる方もいて。

手紙は、自己満足に終わりはしないかと思ったりもしたのですが、
全て素直に、心を受け取ってくださって、写真やママの文章を、喜んでくださって、
涙させたりもあったみたいなのですが、ありがたかったです。
うん、やっぱり、ママの友だちだ!と、思ったのでした。

返してくれた言葉が、とてもとても、嬉しかったママでした。
[PR]
by chobin-mama | 2017-04-15 23:06 | ちゅら | Comments(0)

since 2005/11/19


by chobin-mama
プロフィールを見る
画像一覧