アルちを、パパラッチ

アルちはね、、、
ちゅらが旅立ちの準備をしていることを、まるで知っているかのように、
さいごの数週間は、やたらと、ちゅらの近くにいました。

さいごの数週間かぁ・・・
その頃は、ママは、小さなちゅらの様子が、どこにいてもわかるように、目が届くように、室内の家具配置を変えました。
ソファは、ぴったり端に寄せ、死角を作るリビングテーブルは、部屋からどかしました。
スロープの登り降りも、難しくなってきたから、スロープもどかして、、、。

ソファと、トイレのあるケージと、ラティスで、三方向を囲って、小さな部屋のようにし、
そこに、ラグマットを敷き、ベッドを置いて、ちゅらの過ごすスペースを、作りました。
冷たい空気が、そこに流れてこないように、ラティスやケージには、ブランケットなどをかけました。
しばらくして、フローリングを、うまく歩けなくなってきたので、慌ててタイルカーペットを買ってきて、敷きました。
ちゅらの行動範囲には、全て敷き詰めました。
すると、歩きやすくなったようで、ふつうに動いていました。
ごはんのときも、キッチン際まで歩いてきて、くるりくるり回りながら、待つこともできました。
床からの冷え防止の為に、厚手のアルミマットも買って、その上にラグマットを敷くようにしました。
自分も、実際、そこに座って過ごしたり、状態は、確認しました。

ちゅらの状態に、いそいで追いつき先回りしたく、必死でした。
快適に、動きやすく!

いくつかベッドを置いて、好きなところで眠れるようにしてありましたが、
痩せてしまっていたせいか、エアコンの温風が、一番よくあたる場所にいましたね。
すると、空いているベッドに、アルちがやって来て、ちゅらを見ながら、休むようになりました。
・・・あれ? と、思いましたっけ。
一瞬、ある予感がよぎり、まさかね・・・と、打ち消したりもしましたっけ。

ママがソファにごろ~んとなれる時間を、たくさん作りました。
ごろ~んとなって、ちゅらを、おなかの上にのせるのです。
嬉しそうで・・・ちゅらが可愛くて・・・おなかにだっこして触れている時間が、うれしくて・・・こうやっている時間は、かけがえのないものでした。
すると、アルちもやって来て、ままの脇の下に入って・・・
みーんなで、くっついて、ごろごろする毎日でした。

ちゅらが旅立った日は、、、
「ぼく、なーんにも、見てないっ。」
「ぼく、なーんにも、知らないっ。」
と、気づかないふりをしていたアルち。
ほぼ、ちゅらのいる部屋には来ず、たま~に来ても、見ないようにして、通り過ぎていました。

受け入れたくないの?

でも、亡くなって・・・翌一日ずっと一緒で・・・翌々日のお別れの日・・・
さいごは、そばに来て、じーっと見つめていた。
からだとお別れすること、わかっているみたいに。


一人っ子になったあるち。

なんだか心細そうに、ままに、くっついてきたとき、なでながら、「あーちゃん、これから、ままと仲よくやっていこうよねっ!」と言ったっけ。
ママの目を見て、じぃーっと、お話、聞いていました。


3日間くらい、カリカリごはん、残していたから、心配していたけど・・・
その後は、いつものように、ぱくぱく食べ、催促もするようになったから、だいじょうぶ。
お留守番の時は、今までは、ちょびんやちゅらがいたけれど、ひとりになったので、ケージでのお留守番は、やめることにしたママ。
おひさまがたっぷり入る2階の部屋、ママのベッドの上、涼しい部屋、パパの仕事部屋の椅子の上、大好きな畳の部屋、使いたい放題のソファがあるリビング・・・どこででも自由に、過ごせばいいと。

ママがお仕事から帰ると、ダッシュで玄関までお迎えに来てくれます。

春の空気を満喫しながらも・・・(3/29)
f0002833_10431469.jpg

寂しいのか、とっても甘えん坊になりました。
これでも、ぐーぐーでれでれ、甘えている顔です。(3/30)
f0002833_10435435.jpg

穏やかな子みたいになっっちゃって、アルちらしい、野性味あふれる目も見せず、猫パンチも、噛みつくことも、全くなくなって・・・
どうしたのじゃ。。。???

気がつくと、ちゅらの小さなベッドで、ふみふみしては、寝る・・・ということを、するようになりました。
これは、4/3 の写真です。
f0002833_1047737.jpg

アルちの木、ジューンベリー(家族になった記念樹。花が咲き、散り、実り、鳥が訪れて、室内飼いのアルちが、わくわくできるようにと)
4/4 今年のジューンベリーの花は、ピンクの色が濃く、とてもきれいでした。
f0002833_10482145.jpg

どんどん、春の香りがしてくるね。楽しいね。わくわく・・♪
f0002833_10522166.jpg

この日も、やっぱり、ここ、ちゅらの小さなベッドにいます。
両隣には、アルちが2~3匹は入るくらいの、大きなベッドがあって、
今までは、そこに、いたんですけどね。
f0002833_10545421.jpg

ちゅらにいちゃんのベッドで、ふみふみして寝る・・・が、日課になりました。
4/11 夜
f0002833_10555824.jpg

翌朝 4/12 
「ままパパラッチ、いいかげんに、してくれニャなー!」と、怒っています。
f0002833_1057821.jpg

なーんだ。
あるち、しおらしいな。

いろんなこと、ちゃんとわかって、感じていたんだな。


これはね、眠りについたちゅらを、そっと入れたベッド。
ちょびんと色違いおそろのベッド。ちゅらは、みどり色。ちょびんは、ピンク色。
晩年は、ここで寝ることは、まぁ、なかったのですが。(もっと大きい場所で寝てた。ソファとか、この倍以上の大きさのベッドやねこぶくろとか。)
このベッドだと、だっこもしやすいの。
昼間はリビングで、夜はだっこで、一緒のベッドへ・・・さいごの日は、このまま、だっこで、大好きな公園に行って、声かけながら、ぐるぅり、だっこ散歩、したんだよね。ぽかぽか、きもちよかった。


そんな、小さなベッドなのですが・・・
あるちが、そこで、ふみふみしては、眠るようになったときは、びっくりしました。

ち、ちっさいよねぇ?アルち。

ぎゅーっと、まんまるくなって、できるだけ小さくなって、眠るんです。
でも、しばらくすると、他にいくんですけど。

ちゅらのにおいがするのか、恋しいのか、毎日、そんなことしています。


意外と、可愛げのある子です。





この日、仕事関係の人から、手作りのプレゼントを、お手紙と共にいただいたママ。
心がこもっていて、あったか~くなりながら、帰宅したのです。
贈り物が入っていた紙袋で、あーちゃんと、あそぼ!
・・・やっぱり、入りたいよね-。
でも、からだが大きすぎて、うまく入れないみたい~。
f0002833_10593542.jpg

アルちが入りやすいように、紙袋の入り口を、大きく開けてあげたら、
おもいっきり、猫パンチされたっっ!
はいはい、ごめんね。ひとりで、好きなように、遊びたかったんだね(^^;)
f0002833_1105653.jpg

そうなんです。
ひとりっこも、三週間ほど過ぎると、あるちらしく戻って来ました。
ぱんちもされるし、ママを、噛みつこうともしました(-_-)

この日の夜も、また・・・
はみ出してるよっ。
f0002833_11683.jpg

「あーちゃん!」 
f0002833_1163120.jpg

「寝るよっ!」
f0002833_116562.jpg

ママと一緒に、寝室へ行くのも、日課です。



春だねぇ~
あるちの楽しい季節が、やって来たね~
虫や蝶が、いっぱい来るよ~~~わくわくするねー。
ままも、楽しい季節だよ。
ぽかぽかで、お花いっぱいだから~。
お庭、きれいにできるしね~。
それに、お外ごはん、できるしねー。

ちゅらにいちゃんも、大好きな季節だったよね~
おさんぽや、ひなたぼっこが、気持ちよかったからだよね~

ちゅらにいちゃんは、みんなが、元気に、楽しく過ごすことを、願っているんだよ~
わかるよね~?
[PR]
by chobin-mama | 2017-04-13 11:18 | アルタイル | Comments(0)

since 2005/11/19


by chobin-mama
プロフィールを見る
画像一覧