2014年 09月 11日 ( 1 )

成長の足跡 と 苦手な物への努力

各自で持ってくる、おやつ。
ビニール袋や巾着袋など、自由。
月曜日、ひときわ大きくて、目立つ巾着袋がありました。
大きすぎる・・・。
いったい、何が入っていて、どうなっているのだろう?

すると、袋の中には、おやつの他、工作が入っていました。
工作には、美しい付箋が貼られてあり、そこには小さな文字がありました。
「ちょびんまま先生  Gが、全部自分で作りました。」

Gくんは、発音がはっきりせず、言葉も、なかなか出てきません。
でも、しっかり、まわりを観察している子です。
人の話も、よく聞いています。
言葉は出ませんが、いろいろな形で、自己表現をしていきます。

素晴らしい・・・。
この年齢で、ここまで一人でできるのだな・・・と、感心しました。

クラスのそばを通る先生達を、呼びとめて、Gくんの工作を見せました。
皆、とっても感動して、褒めてくれました。
ボスが、最も声かけしてくれていましたね・・・。
Gくんは、それを、ずっと無表情に聞いていました。
褒めてくれる先生達が、いなくなるたび、とってもうれしそうに、にっこり笑っていました。
うん、うん、そうだよ。ひとつひとつ、自信にしていってね。

おかあさまに、お手紙を書きました。
作品を見せてくださったことへのお礼と、Gくんの成長に対するよろこび。
工作は、手先の器用性、創造性、独創性、理論的な思考など・・・ 楽しさのなかで、いろいろなことを育ててくれること。
大人から見たら、ぐちゃぐちゃに思えることも、あるかもしれない。
でも、実は、大切な時間を過ごしているのかもしれない。
これからも、そういう時間を、大切に見守っていってほしいこと。
そんなことを、書きました。

Gくんが帰る時、お母様と、少しだけお話ができました。
夏休みに入ってすぐに、作った物だそうです。
時間がずいぶんたっていますが、本人が、持って行きたいと言ったので・・・ということだったようです。
ママに見せたかったんだ。そっか。
そのエピソードだけで、何も語らずとも、Gくんのきもちが、十分伝わってきました。
うれしいな。


次は、Hくんのエピソードです。
8月、ママに、バースデーカードをくれました。
おかあさんといっしょに、メッセージを書いてくれてありました。
おかあさまのおっしゃるには・・・
ママのクラスに来るようになってから、Hくんの育ってきた面が、あるそうなのです。
そのようなお話を聞くことが、この仕事をしていて、最も嬉しいことです。
そういえば・・・
卒業生のおかあさまからも、同じようなことを、言っていただいたことがありましたねぇ・・・。

みなさん、その、アルコトが、ママの得意分野だと思っているんです。
お母様方も、先生方も。
でも、実は、こどもの頃から、とっても苦手な分野だったのです(><)
生徒だったときは、てきとーに、やり過ごしていたのですが・・・(^_^;)
先生になってしまったら、そうはいきません。
もう、必死。
必死で学び、それに時間を費やし、努力してきました。

それが、実になった。。。ということなのでしょうか。
いえいえ、これからもまだ、努力は続けていきたいと思います。

努力の形跡を、どなたも感じていないようで・・・。ちょっと寂しいかも。
[PR]
by chobin-mama | 2014-09-11 11:35 | mamaのつぶやき | Comments(0)

since 2005/11/19


by chobin-mama
プロフィールを見る
画像一覧