カテゴリ:ちゅら( 224 )

リスト5 ✿ トムくんと14歳記念フォト (追記

今日も、病院で、ちっくんをがんばった、ちゅらです。
朝は、まだ肌寒くて、ケープをまとわせて行きました。
おリボンは・・・桜色に細い黒いラインで模様が描かれた、素敵なのにしましょう。
と、可愛くして出かけました。
通院のオシャレも楽しまないと。
帰る時、病院を出たら、ご年配のご夫婦が通りかかり、ちゅらに、にこにこと、目をやっていました。
「ヨーキーでしょ?」「はい。」
「めったに見ない可愛さねぇ。」「ありがとうございます ^^」
いくら、親の欲目とはいえ、そんなことないだろう~って、思いますが、
飼い主としては、めちゃくちゃ嬉しい言葉でした ♪
(娘さんのところにも、ヨーキーがいるそうです。)



さて、今日のおはなし・・・



6月8日に、14歳になった、おともだちのトムくん。
ちゅらちょんは、14歳目前というところで、大きな膵炎をやって、泣きそうだった。
安定したかなと、ほっとしたら、そのあとすぐ腸炎やって、はらはらしたけど・・・
7月22日に、無事、14歳になったちゅらちょん。
よーくよーく、がんばった。

ふたりのママどうし、よかったよかった と、14歳どうしの記念フォトを撮る約束をしていた。

でも、すぐに、猛暑の季節に入った。
涼しくなったらね・・・と、話していたら、ママが体調を崩してしまった。
長いお休み経て、仕事に復帰して、ゆっくり復活途中に、ぱぱさん長期出張~~~(><)
ちゅらちょんの点滴通院の日々と、仕事と、家事と。
帰ってくるまで、がむばらねば!と、気合いを入れていた。

秋になってから、台風続き、雨続き、どんより寒い日々続き・・・だったけど、
昨日は、最高のお天気の休日で、今日も、予報に反して、昨日のようなお天気 ♪

リスト5 を、決行することにしたっ !!!

実は、ちゅらちょんが14歳になってから、記念フォト用に、こんなものを作っていた。
数ヶ月、ほったらかしだったけど、きれいなままで、よかった ^^

f0002833_16522844.jpg


青空がキレイだから、屋上で穫ることにした。
フェンスに、りぼんで結んだときは、風もなくてだいじょうぶだったのに、
トムパパさんが撮る段階になると、急に、びゅんびゅん。風男?
トムママの、豪快な笑い声が、響きます。
せっかくの飾りが、よく見えないけれど、まぁ、ふんいきふんいき~ ♥ ということで (^^;)
 ↓ トムぱぱさんの撮影~ (白い子がトムくん)

f0002833_16533133.jpg

全部で、15枚撮った。
14歳の子だけの、個人写真も。
ママと14歳の子の、ツーショット写真も。
トム家だけの家族写真も。
ちゅら家だけでの家族写真も。ぱぱとあるちは、不在だったけど。

たくさん撮ったけど、風はビュンビュン、ママ達の髪の毛は、ボーボー
 ・・・という結果に (^^;)

f0002833_16595871.jpg


帰り際、玄関を出たところで、トムママに言われた。
「ちゅらちゃんが、嬉しそうな顔になった。」って。
ママは、だっこしているから、よく見えなかったけど、すごく嬉しそうな顔してるって。
ちゅら、久しぶりに、おともだちワンに会ったり、おともだちワンのパパやママによしよししてもらって、嬉しかったのかな^^

15歳もやろうと約束して、別れた。

More
[PR]
by chobin-mama | 2016-10-16 17:02 | ちゅら | Comments(2)

ちゅらのエアーおもちゃ遊び

いったい何週間ぶりでしょうか。
今日は、久しぶりに、キラキラ太陽の陽射しを見ました。
灰色の雲の隙間からではありますが、青空も見えて、スカッとしました。
ぱぱさんも、出勤前に、空き地の雑草のようになっていたお庭で、芝刈りをしてくれて、すっきり。
ちゅらちょんも、デッキテラス側の窓に立って、「まま、お庭出たいよ~。」と、目で訴えていたので、これまた久方ぶりに、お庭に出してあげました^^
ついさきほども、この部屋に、オレンジ色の光が注がれて、きれいな夕日を見ることができました。
ホッとするようです。


さて、今日は、エアーおもちゃのお話です・・・





ちゅらちょんは、エアーおもちゃ遊びがお気に入りです。
リビングのケージ脇に、小さなおもちゃバスケットがありますが、
そこへ行って、たくさんあるおもちゃの中から、気に入った物を、ぱくっとくわえるしぐさをして、
(何もくわえてはいませんが、くわえているつもりになって、)
「ママ、おいで~。」と、誘います。
ママは、「まてぇ~~~。」と、ちゅらを追いかけます。
途中から、追いかけていたはずのママが、クルッと向きを変えて逃げていくと、
ちゅらちょんは、ママを追いかけてきます。
ちゅらから見えないように、小さくなると、ちゅらも、??? こっちかな?あっちかな?
と、やって来ます。
そして、ママを見つけると、おおよろこびで、ダッシュでママに飛び込んで来ます。
捕まえた気分なのかな?
ママが上手に隠れて、見つからないときは、なんと、ケージの上にやって来ます。
ソファとケージは、背中合わせなので、行くことができるのです。
ここまでくれば、お山のてっぺんと同じで、360度見渡せるので、すぐにママが見つかります。
なかなか賢い子ですよ。
こうやって遊ぶのが、とっても楽しいようです。
でも、ずっと満面の笑みを浮かべていて、一番楽しいのは、ママの方かもしれません。



・・・なぜ、ちゅらは、おもちゃではなく、エアーおもちゃで遊ぶようになったのか。
それは、More からどうぞ。

More
[PR]
by chobin-mama | 2016-09-25 17:40 | ちゅら | Comments(4)

ちゅら、ありがとうね。

今日は、水曜日。
点滴お休みの日。

実は、このところ、いつも、じぃ~っとして、あまりにおりこうさんに、点滴されている、ちゅらちょん。

BUNの数値が、100近くに上がっているのが気になっていたママ。

今日も、できるかな?
できそうなら、やってみようかな。
いやいやしたら、やめよう…。

と、準備して、テーブルの上に、連れてきた。
いつもの、バスタオルの上に、のせてみた。じぃ~っと、ママを見ていた。

ママは、「できる?いやなら、やめよう~。」と言った。
すると、トコトコと、ママの方にやって来て、ふせをした。じぃ~っとして。
そのまま、点滴速やかに終了。

ありがとね、ちゅら。
今日も、ありがとうね。

点滴終わると、いつも、ありがとうと言うママ。

フーッ…
ちゅらに、教えられた。
ちゅらに、言われた気がした。

「ママ、ぼくだって、頑張ってるよ。ママも、頑張っておいで。」

ちゅらのカラーを買った土曜日の夜から、体調を崩し、どんどん悪化。
月曜、病院へ。診察、血液検査。
火曜の午後、検査の予約をしてあったけど、更に悪化。朝一で病院へ。
検査、点滴、検査…で、約6時間もいた。薬もらって、帰宅。
で、明日も検査。

よし!!
がんばるぞ!!





[PR]
by chobin-mama | 2016-08-17 22:15 | ちゅら

ちゅらのカラーを新調



ちゅらちょんの首輪を、新しくしました。
とっても軽くて、とっても細い首輪です。
ステッチのある革製です。
猫用です。
お店の方に相談して、これを選びました。
f0002833_18174666.jpg

今までの首輪と比較してみました。重さは、4分の1~5分の1になりました。
(今までのカラー 24~25g。新しいカラー 5~6g。)
ネームタグをつけても、3分の1の軽さです。
(ネームタグをつけると、8g。)
ちゅら、楽になった?




ちゅらが11歳の時だったと思います。気管虚脱の初期と診断されてから、ママは、ハーネスや首輪が気になるようになりました。
可愛いとか、きれいだとか、似合うとか、それ以前に、ちゅらのからだにとっての負担です。
気管虚脱に詳しい都内の病院で、診てもらった時、院長先生は、何度も何度も、ちゅらのハーネスを引っ張って、問題なしと、言いました。
次に買うときも、気管に負担がかからないことを、第一に考えたものです。

しばらくして、ママは、主治医に、この首輪は負担ではないだろうか・・・と話したことがあります。
診断の判断になるので、同じ物でいってみましょう・・・確か、そんなことをいわれたと思います。
この子に、何か変化が出たときに考えましょうと。



ちゅらちょんは、ちっこい頃、脱走をしたことがあります。記憶にあるのは、2回。
本人は、たまたま出られたから、面白そうだから、遊びに行こう~と思ったのでしょう。
ちゅらの姿がなく、真っ青になったパパとママ。
パパは左、ママは右、、、の、お散歩コースを探しに行こうと思い、
玄関を飛び出したら、まっすぐ向こうに、とってもちっこくて、チョロチョロする物が見えました。
「ちゅら!?」と、大声で呼ぶと、ハッとしてこちらを見、とことこと、まっすぐ、ママのところに早足でやって来たことを、今でもはっきりと覚えています。
ちゃーんと、道の端っこを、やって来ましたが、各家の駐車場から車が出てこないことを願って、ママ、あわてて走って行きましたっけ。

まだ、マイクロチップが一般的ではなかった頃です。
マイクロチップにも、躊躇する飼い主も、多かったと思います。
迷子になっても、すぐに、どこの子かわかるように、首輪を慎重に選びました。
革製のしっかりした首輪で、首輪の首部分に、名前と連絡先が記されている・・・
ちょびんもちゅらも、そういう物にしました。

しかし、病気を繰り返す今となっては、この、しっかりした首輪が、ちゅらに負担になってはいないだろうか・・・
そんな風に思っていました。
リボンぽい、軽くて柔らかい首輪・・・?

そんなとき、アニマルコミュニケーションで、ちゅらを一目見た動物対話士の方が、第一声で、こう言いました。
「この首輪、今の、この子の体力と状況には、ちょっと・・。」と。

非科学的なことは、なかなか信じられないママですが、
この一言が、気になっていたことの後押しになって、ちゅらのカラーを変えることにしました。
休みに入って、パパもいる日、ママの体調も、まずまずになったので、土曜日の夕方に、買いに行くことになった、、、というわけです。


そうそう、このカラー、猫用なので、鈴がついています。
しかしながら、小さい頃のちゅらには、わざわざ、鈴をつけていました。
というのは、とっても、いたずらっ子だったからです。
鈴さえつけていれば、何やら不穏な動きをしたとき、鈴の鳴り方が不穏ななり方になるので、すぐに気づく・・・というわけです。
そんなことを、思い出しました(^m^)
それから、新しいカラーに取り付けた、以前のネームタグ。
金属部分が、細かくへこんでいました。
これは、首にぶらぶらしているネームタグが気になったのか、いやだったのか、必死にかみかみした形跡です。
そんなことも、思い出しました。
でも、14歳になったちゅらは、一度も、かみかみ、していません。。。
[PR]
by chobin-mama | 2016-08-14 18:55 | ちゅら | Comments(0)

おともだちわんが来た

とてもとても眠いのですが~~~
眠る前に、ベッドの上にPC持ち込んで、今日の日記を今日のうちに♪

今日も、うだるような湿気と暑さでした。空気は、ほとんど熱風でした。
金曜日ということで、どこかホッとしながら、バスタイムを過ごしました。
お風呂から上がったのは、夜7時半くらい。
外は、わりと涼しい風が吹いていて、
いつものように、タバスコ入りのトマトジュースを片手に、屋上へ涼みに行こうと思いました。
屋上への階段を上りかけたとき、我が家の玄関階段から、女性が降りてくるのを発見。
ん!?だれっっ?
ご近所の人じゃあ、ないっ。
すると、そのすぐあとに、おっきいわんこ。
「あれ?〇〇ちゃん???」
と、すぐそのあとから、もう一人の女性が降りてきて・・・そばに、ちゅうくらいわんこ。
「あ。〇〇ちゃん!」

「今、行くね!」と、トマトジュースは、バルコニーのテーブルに置いて、
洗った髪に、ぐるんぐるんタオルを巻いたままで、いそいで玄関へ。
もちろん、ちゅらをだっこして。
「ごめんね、こんな格好で (#^_^#) 」

今思えば、少しくらい濡れた髪の毛だったとしても、ぐるぐる巻きのタオルくらいはとって、出ればよかったかなぁ・・・と、思います。
びっくりされたかなぁ。。。

ちゅらちょん、久々、おともだちワンと、ごあいさつ~ ♥♥♥
ママさんたちとも、久々、ごあいさつ~♡♡♡
いっぱい、よしよし、してもらった。

おっきいわんこのおともだちは、もう、何度も、ちゅらのおうちの玄関ドアの前に、来ていたそうです。
「開くかな~今日は、開くかな~ と言ってて、今日は、開いた。」って、言ってた。
ふむ。
だから、玄関からの階段を降りているところを見たのね-^^
タイミングがよかった。本当によかった。

おっきいわんこのおともだちはね、
ちゅらのおうちに入りたい~
ちゅらのおうちの屋上にいくの~
って、何度も、玄関ドアのペットフェンスをがりがりして、後ろ足で立って中を見て、フェンスの隙間に鼻をつっこんでた。可笑しいね。

また涼しくなったら、屋上に遊びに来てね♪ って、お話したよ~。

おともだちわんや、ママたちに、エネルギーいっぱいもらって、なんだか、元気が出たみたいなちゅらでした。
点滴も、がんばったよ~。
明日は、定期検診・・・ママは、どきどき。
もう、よくなることはないようなので、ただ、悪化していないことを、祈るのみです。
[PR]
by chobin-mama | 2016-08-05 23:45 | ちゅら

ちゅらへ 心のプレゼント (追記)

14歳のプレゼントは、これ。
f0002833_16432990.jpg

中身は、これ。
バッグとうんち袋・・・
f0002833_164359100.jpg

いえいえ、これは、お店の方が、つけてくれた物でした。


コレですコレです。
  ママとのペアルック~ ♥
f0002833_16444031.jpg

ちゅらカラーの黄色!ソフトな黄色。
ちゅらちんのだけ、オーガニックコットンで作られた、ふぅわり柔らかウェアです。
背中のマークは、色違いのおそろです。
f0002833_1645193.jpg

ペアルックは、なかなか気に入った物がありませんでした。
やはり、暑い夏、元気いっぱい活動的に過ごすワンちゃんと飼い主さんの為のペアルックが並びます。
ママは、おうちで過ごしているちゅらのため、エアコンの冷え防止になるような素材を探していました。
あまりにやせっぽちになってしまったので、
薄すぎない事、柔らかい素材で、ゆぅるりと着られる事は、絶対条件でした。
そういうペアルックはなく・・・
ペアルックはあきらめて、ちゅらちんのだけにしようか・・・と、決めかかった矢先、お店の方が思い出してくれて(?)、お店の奥から、ドッグウェアを持ってきてくれました。
一目見て、即決しました。色も、優しい黄色だったしー。

お誕生日の一週間前に買ったのですが、帰宅後すぐ、着せました。
よく似合いました。


お誕生日当日。
朝、ワン友さんから、おめでとうメールが入りました。
(先日、記事にもしましたが、ママを心配して、栄養ドリンクを置いていってくれたヒトです~。)
またもや、玄関を見て! と、ありました。
玄関の椅子のそばで、動こうとしない愛犬の写真と共に・・・かわいいったら~(笑
よーく見たら、椅子に、何やら小さな紙袋も写っていました。
中は・・・お手紙と、、、
栄養ドリンク!(笑
f0002833_10403350.jpg

おもちゃは、新しいおもちゃに興奮して、動いちゃって、体調崩すといけないからと却下。
おやつは、療法食のみだからと、却下。
やっぱり、パパとママが元気でいることが一番だから~と、栄養ドリンクになったそうな。
うんうん、そうだね~。
我が家もね、ちゅらちょんには、おもちゃはやめようと。
それで、どうしようかってなって・・・
結局、パパさんが、ママとのペアルックがいいと言ったのです。
家で、ちゅらとペアルックで過ごしている時は、ママの機嫌がいいから~って。
いつも、にこにこママで、いられるといいんだけどネ (^^;)

それから、もう一人のワン友さんから、おめでとうメールが入りました。
翌日は、もう一人のワン友さんからも、おめでとうメールが入りました。
ブログのお友だちからも、おめでとうメールが入りました。
・・・感謝感謝でした。

職場でもね、、、
こどもたちが、おままごと・・・いえ、今は、おうちごっこと言っていますね。
おうちごっこをしていて、何やら、ごちそうをいっぱい並べていました。
お誕生会をするのだと言います。
「そうなの~。あ、そういえば、今日は、先生のおうちのわんちゃんのお誕生日なんだ~。」と話すと、ちゅらのお誕生会になりました(^^;)
そして、
はっぴばーすでー とぅーゆー
はっぴばーすでー とぅーゆー
はっぴばーすでー でぃーあ ちゅーらちゃーん
はっぴばーすでー とぅーゆー
と、歌ってくれました。

その翌日は、わんちゃんのお誕生日だから、あげる・・・
と、折り紙やお手紙を、くれました。


あったかい気持ちになりました。



追記)
とっても嬉しかったので、この場に残したいと思います。


ちゅらちょんが、広い公園へ行かなくなってから、長らく立ちます。
姿が見えないので、心配してくれていた、あるワン友さんがいました。
ママも、自分たちのことで精一杯なところがあったので、連絡もしていませんでした。
それに、あまりに色んな事が起きていたので、メールの文章にも、しにくかったんです。
最近、連絡をとって、6月に入ってから、ちゅらがたいへんだった事や、ちゅらが14歳になったことを伝えたり、その時の写真を送ったりしました。
すると、お返事をくれたのですが、
それが、とっても、あったかくて、嬉しくて・・・
部分的に抜粋して、ここに残しておきたいと、思いました。


良かった良かった。お元気で。
ちゅらちゃんも、〇〇(愛犬の名)も、宝物なので、本当に大切です。

ちゅらちゃんもママも、本当に良く頑張って、今があるのですよね。
ママから沢山の愛情をもらい、ちゅらちゃんからは沢山の幸せをもらい、毎日の生活があるのですよね。
ちゅらちゃんの写メに、ホッとです。



ちゅらにも伝えました。嬉しいね^^
[PR]
by chobin-mama | 2016-07-29 10:36 | ちゅら

”16 7月22日 ちゅらのお誕生日

       14歳になりました。

          ややっ アルちの時より、キラキラ,゜.:。+゜の数が、多いかも・・・ (^^;)

f0002833_1582054.jpg


               ありがとう
                   ありがとう・・・・・・・

                        なんだろ。
                        ただ、その言葉しか、出てこない。

f0002833_1510060.jpg

[PR]
by chobin-mama | 2016-07-24 15:14 | ちゅら | Comments(4)

洗濯シャンプー洗濯シャンプー…

スマホから~

ソファーも、ベッドも、パッチワーク状態の今。
ちゅらちゃんの、ゆる~いウンチの為、ブランケットやタオルが、たくさん。

今朝、洗濯したのは、10枚。
ちゅらちゃんの、おちりんも、シャンプー3回。

でも、膵炎をしてから、はじめて、形のあるウンチをした!!
まだ、状態はよくないけど、嬉しかった。
これからは、よくなっていくんだ、きっと。

そう思って、出勤した。

ところが、帰宅後、ペースト便、水便のあとを発見。
色も悪い。茶緑。

トイレと、散乱していた床を掃除し、また、ちゅらのシャンプー、汚れたタオルやブランケットの洗濯5枚。

書き並べると、たいへんそう‥‥。
でも、全然、たいへんだとは思わない。感じない。

ママとちゅらは、一緒なんだな、きっと。
[PR]
by chobin-mama | 2016-06-14 20:00 | ちゅら

ね む い

スマホから~

明け方まで、なかなか眠れなかった…。
ちゅら、お腹の調子というか、うんちの状態が、なかなか、よくならない。
肛門付近を、よくなめるので、そばのおできが、出血したり。
夜が白んでから、パパさん、とうとう、エリザベスからーを、つけました。

本犬、諦めたようで、やっと眠りにつきました。
ママのベッドの真ん中で。

動かすのが、かわいそうで‥‥
ママは、床に布団を敷いて、寝ました。

親ばかです。でも、いいのです。
一番頑張っているのは、ちゅらなのです。


今日も病院。
今日も、最後に、お尻を洗ってもらって、若い看護師さんが、連れて来てくれました。
受けとる時、言われました。


「私は、何もしてあげられません。
ちゅらちゃん、がんばれーって、言ってあける事しか、できません。」


ちゅらは、ちゃーんと、そういうのが、わかるんだよね!
と、ママは言いました。
嬉しかったです。
ママが。
ちゅらも、わかったよね。絶対。
[PR]
by chobin-mama | 2016-06-13 19:45 | ちゅら

また膵炎、、、測定不能

6月7日 火曜日
起床後、いつものように、ごはんとお薬団子を用意した。
ところが、いつものように、キッチンに近づかず。
???
お薬団子を、そばまで持って行くが、食べたがらない。
ギョッとしたママ。
ぱぱさんが、大切なお薬だから・・・と、小さなお薬団子を口に入れた。だ、だいじょうぶか!?
ふたつめのお薬団子は、口に入れたがらなかったので、やめることにした。

おかしい。
病院に連れて行こうと話し、ぱぱさんは、出勤。あとで、必ず連絡することを約束し。

その後、うんちをしたが、状態がよくない。
そして、うんちをする度に、状態が悪くなった。
軟便、粘膜に包まれた軟便、粘膜、ぽつぽつと血の混じる粘膜・・・というように。

ママは、朝ごはんを食べるのをやめ、というか、もう、食欲なんて失せた。

いつものように、体調の悪いとき、四角い部屋の角のすみっこで、ぎゅっとなって、動かないちゅら。
あっちの隅っこ、こっちの隅っこ、、、と、異動しては、ぎゅっとおすわりしていた。

これだけ、下痢(?)を繰り返したら、体温も下がるだろう。寒いだろう。
だっこをして、暖めようと思った。
ひざの上にペットシーツを敷いて、ちゅらを抱き上げたとき・・・

トマトジュースのような、水便が、ペットシーツの上に、だーーーーっと、流れた。

血の気の引いたママ。
開院までは、まだ時間があるが、いても立ってもいられず、病院に向かった。

45分前に到着。
中には入れた。
看護師さんが、準備をしていた。
悪い状態の便と、真っ赤な水便が吸収されたペットシーツを、提出し、状態を話した。

30分前、ちゅらだけ先に預かって、診てくれるというので、お願いした。
でも、先生と診察室で話せるのは、9時。
祈るような気持ち。

9時前、先生が、待合室に来てくれた。
便の状態は、何も問題がないとのこと。
どんな検査をするかだけ、話した。
血液検査と、レントゲンまたはエコー。

9時。 
名前を呼ばれる。先生の顔が険しい。
膵炎だった。
数値も、測定不能だった。
他の数値は、安定していた。腎臓は、相変わらずの高い数値だけど、前回より悪化していることはなかった。
それから、レントゲンの結果、胃が動いていないという。
聴診しても、音が聞こえないと。
時間をおいて、胃の動きを診たいとのことで、夕方まで、お預かりしたいと言われた。
それから、静脈からの点滴もしたいと。皮下点滴でもいいが、静脈からの方が、確実だと。
静脈からの点滴は、何時間もかかる・・・ちゅらの負担を心配したのだが、先生にお任せすることにした。

ちゅらの様子を、伝えるために、お昼過ぎ(おそらく診察が終わる頃)、一度、電話をくれるという。
なんて、ていねいな病院なんだろうと、心からホッとした。
でも、ママも出勤してしまうので、断った。
また、ママが仕事が終わって、迎えに行ける時間には、主治医はいないので、途中、電話を入れて、説明を受けることにした。
電話で説明を受ける、おそらく10分くらい(?)、他の先生に代わってもらうことにした。(上司に連絡)

帰宅後、近所のトムママに、泣きついたママ。
パパもママも、心配してくれて・・・。

出勤前、一度、病院に電話。
看護師さんから、「今、静脈から点滴をしています、落ち着いています。」と、説明を受けた。

仕事中、他の先生が代わってくれて、病院に電話。
主治医も、その時間に、出られるようにしておきますと言ってくれていたとおり、すぐに出てくれた。
胃は、少し動いているとのことで、ホッとした。
エコーは、ちゅらにとっては、たいへんなことなので、しなかったとのこと。
レントゲンと触診で、判断をしたそうだ。
静脈点滴の最中は、落ち着いていて、ときどき、わんわんと、ないていたという。
想像がつく。
わんわんではなく、きゃんきゃん、きゃんきゃん、騒いでいたんだと思う。
「うるさくて、すみません、、、。」と言うと、なく元気がないほうが、困りますから・・・と言われた。
もう一匹、なく子がいたらしく、その子がなくと、ちゅらもなき、ちゅらがなくと、その子もないていたらしい。
連動していたのね、、、。
この日は、絶食。絶水。
皮下点滴は、夜、した方が望ましいが、無理はせずに、家ではゆっくりと・・・とのことだった。


仕事中は、たくさんエネルギーをもらった。
家に一人でいたら、とことんまで、落ち込んでいただろう。
仕事が終わって、まっすぐ迎えに。

ソファに座らず、ちゅらが来るのを待った。
他の先生が、待合室に来た。
お礼を言った。
その先生から、説明を受けた。

夕方4時半まで、点滴をしていたとのこと。量は、70cc 。
この、長い点滴に、ちゅらは、耐えられるのかと、聞いてみた。
落ち着いていたとのことだった。
病院にいる間も、水便をしていたらしく、お尻が汚れているので、今、トリマーさんが洗ってくれていると。

ママは、やっと座った。
ちゅらが来た。
男性のトリマーさんに抱っこされて。
「ありがとうございました。
ちゅら~~~ よーく、がんばったねぇ!!」

帰宅。
お水を欲しがった。
いつもの場所に、お水のお皿がない。

水飲み皿の置いてあったマットの裏を見ようとしたり、、、
ソファの後ろにケージがあり、ケージの隣にマットがあるのだけど、ソファとケージの間をのぞき込んだり。
ついには、昔、ケージの柵に給水器をつけてあったのだが、記憶があるようで、その場所に何度も行っては、見上げていた。
そして、あるちのケージのロフトに置いてある水皿を、背伸びして、のぞいていた。
こんなことを、繰り返していた夜だった。
かわいそうだけど、仕方がない。
お水をあげたら、もっと苦しめることになる。

諦めて、眠った。

それから毎日、病院に行って、出勤するという日々が、続きました。
その間、また、食べなくなって、心配したり。
なんだか、泣けてきてしまって、泣きながら運転して帰ったり。
この一週間のことは、記録に残しておきたいと思うのですが・・・
今日は、ここまでにします。
記す元気が出たら、More に、追加で、載せていくつもりでいます。

あ。このことだけは、記しておきます。
ちゅらの、膵炎の数値リパーゼは、現在、基準値に戻っています。
しかしながら、ちゃんと食べていないので、体重は、2.15 だったのが、1.8 になってしまいました。
それから、今日から、通常のお薬の服用を開始しています。(ネフガード除く)
ごはんは、3g、2g、3g、2g の、4回です。
[PR]
by chobin-mama | 2016-06-12 19:29 | ちゅら

since 2005/11/19


by chobin-mama
プロフィールを見る
画像一覧