<   2009年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

9さい・7さい・4さいの冬

我が家のソファ。
家を建てた時、吟味に吟味を重ねて、選んだソファ。
リビングは、安らぐ色合いがいいよね・・・と、二人で話した。
白い壁の部屋の中、木の家具と、緑色のトーンで揃えたカーテンやソファ。

予想外に、犬と暮らすことになって、可愛さのあまり、もう1匹増えちゃって。
リビングの中が、小さなこどもがいるように、色が氾濫してきました。
ピンクのゲージ、カラフルなおもちゃ類、ワン用ベッドにクッション・・・。
おもちゃは、部屋中に散らかして遊ぶし、いたずらするし。
予定外のリビングになりましたが、嬉しくて楽しい毎日でした。

更に、これまた、とっても予想外に、猫と暮らすことになりました。
白い壁紙は、ビリビリ。ソファの裏布も、ビリビリ。
あーぁ・・・と思いますが、アルちのいる楽しさを思ったら、そんなこと、どうでもよく・・・(はないですが)。

犬猫たちは、みんな♂。
いつも、微妙な距離がありましたが・・・寒くなると、その距離は、どんどん縮まります。

ソファに座ると、みんな、次第に集まってきます。
パパとママの間に、ワン達。
ちゅらは、どうしても、ちょびんにいちゃんに、くっつきたい。
赤ちゃんの時は、ちょびんにくっつきたがっても、怖がられて、だめだったんだよね。
今は、怖がられないし、怒られないね。
弱虫ちょびんも、もう、じーじになって、いろんなこと、ゆったり受け入れられるようになったんだね。
アルちがそばにやってきても、ちょびんもちゅらも、いいよ~みんなで、くっつこう という感じ。

みんなで、ぎゅうぎゅう。
ぎゅうぎゅうだけど、きゅうくつだけど、なんだか、すごーく幸せで、あったかい^^

ちょびん9さい、ちゅら7さい、アルち4さいの、ぎゅうぎゅうで幸せな冬のはじまりです。
[PR]
by chobin-mama | 2009-11-28 18:43 | wanにゃん達 | Comments(10)

バレーボール試合に参加するニャ!

バレーボール、はじまったニャ。
f0002833_1734781.jpg

バシッ! バシッ! バシッ!
バレーボーラーのアルち。子猫の時から、両手でレシーブするのが得意です。
f0002833_174526.jpg

ふぅ~~~っ 
一運動おわったニャ。
f0002833_1742359.jpg

薄型の、液晶TVになって、画面の前に座るスペースができました。
今までは、ブラウン管TVの上にのって、下方にパシパシやっていたので、邪魔にはならなかったのですけどね・・・^^ゞ
[PR]
by chobin-mama | 2009-11-26 17:09 | アルタイル | Comments(8)

つれづれなるママにっき

夕方、炊き込みご飯がとどきました。
できたての、ほっかほか。
作ってくれたご近所の方は、プードルのTくんのママ。
いつも元気いっぱいな明るい方です。
食べたら、きっと、パワーをもらえます。

昨日今日と、体調不良で職場を休ませてもらいました。
ちょびんちんに起こされたときは、もう午後1時過ぎ。
びっくりして、慌ててトイレをさせ、ごはんをあげました。
おなかすいていたでしょうねぇ。ごめんね。
今日の私は、なぜか食欲がなく・・・
コーヒーに、せいぜいチョコレートくらいです。
(このチョコレートは、イトーヨーカドーのミルクチョコレート。
これは、美味ですっ♪ 常時我が家にあります^^ 是非お試しを)
ちゃんと食事しなくちゃ、、、とは思うのですが、入らないので仕方がないですね。
そして、あとは、ぐだぐだ。
この、ぐだぐだが、大切なのだ! とかなんとか、自分に言いきかせて ^^;

気持ちのこもった炊き込みご飯は、気持ちまで、あったかくしてくれますね ^^
今日はじめてのごはん。
コレで少し、力になるかな p^^q
Tくんママ、ありがとう。

それから、、、
その時に聞いたこと。
シェルティのBちゃんが、土曜日亡くなったこと。
ちょびんとちゅらが、大大大・・・好きだった、わんちゃんです。
子犬の時から、しつこいくらい、Bちゃんにべったりでした。
数年前に亡くなった、Bちゃんのママ犬、Kちゃんのことも、大好きでしたっけ・・・。
これで、ちょびんが赤ちゃんの時から大好きだったワンちゃん達が、みんな天国に行っちゃいました。
寂しいね。。。
Tくんのママと私で、ちょびんにBちゃんの事をお話ししたら、おすわりして、じぃーっと耳を傾けていたちょびん。
何かを感じ取ってくれたのかな。

具合が悪くても、ワン達の散歩は行かねばなりません。
完全武装でマスクして、ご近所ショートコース散歩です。
そこに、ご近所の、これまた、元気いっぱい、いつもパワフルな方が、車で通りがかりました。
「おたく、お花とられてんの?」が第一声(笑
あーだこーだと話していたら、「よーし!今度見つけたら、やっつけてやるからっ!」と、威勢のいいこと。
大笑いして、別れました。

元気いっぱいでパワフルな人って、まわりにまでエネルギーを分け与えて、明るい気分にしてくれますね。
そうやって生きることができるって、私の憧れです。
[PR]
by chobin-mama | 2009-11-25 19:05 | mamaのつぶやき

上を向いて歩こう

沈んだ夕日が空に染まっていく・・・。
f0002833_16464681.jpg

パパさんが、モミジバフウの実を、一生懸命捜している・・・ママのために。
f0002833_1647616.jpg

この公園のお楽しみ。野生動物の道。
f0002833_16472424.jpg


「明日は、青葉の森公園でも、散歩しに行こう。」
「うん。」

昨日、パパさんとかわした、ちょっとした約束。
今日は、いいお天気。
実家に行っている間にたまってしまった家事をやり終えると、だいぶ陽も傾いていました。
「公園に行っても、着いたら夕方になっちゃうな。」と、ぽつり。
「でも、行こう。」と、いつになく強気なパパさんなので、行くことにしました。
カメラも持ってきた様子。

公園に着くと・・・
真っ赤になったモミジバフウの木々が、入り口にありました。
この葉っぱ、なんだかお星様みたいで、可愛いんですよね。
それに見とれている暇もなく、青い空の端に、大きなオレンジ色のまん丸が、沈んでいきます。
カメラ片手に写真を撮りましたが、見えなくなってしまいました。
公園の階段を、昇っていくと、まだまだ、まん丸が見えました。
さらに、階段を昇ります。
小高い芝生の上に座って、ご年配のご夫婦が、沈む夕日を見ていました。
奥さんが、私に向かって手招きをしました。
「はやくはやく!まだ見えますよ。」
「秋の日は、つるべ落としだから、あっという間に落ちますよ。」と、ご主人がにっこり。
そこまで行くと、大きなオレンジ色のまん丸が、まだ余裕で空に存在していました。
あわてて写真を撮ります。
きれいです。本当にきれい。
ご主人は、千葉ポートタワーが見える方向を指してくれました。
ポートタワーの側面は、鏡のようになっていて、夕日のオレンジ色が映り、それはきれいでした。
日によっては、富士山が見えることを、教えてくれました。
気づくと、この辺りのあちこちで、沈む夕日を見ている人達が、いました。

沈んでしまった大きなオレンジ色のまん丸。
それを見て、帰り道に着く人達も多かったのですが、私達は、少しお散歩することにしました。
公園内は、元気な若い家族や、ジョギングする人、お散歩する人、まだいるんですね。
真っ黄色のイチョウの木々、真っ赤なドウダンツツジやモミジバフウ、名も知らぬたくさんの木々・・・この公園内で、こんなに紅葉が楽しめるとは、知りませんでした。
この公園に来るときは、いつも、ワン達と一緒でした。
明るいうちに来て、明るいうちに帰る。
一緒に歩いてかけっこして・・・小さなワンたちの方ばかり見ているので、下の方こそよく見ますが、上を向いて歩くことは、少なかったかもしれません。

紅葉している木々を、見上げて散歩しました。
きれいな色のイチョウの葉っぱや、モミジバフウの葉っぱを、集めたり。
パパさんは、ジャンプして、まだ枝についている実をとっていましたけど・・・?
数回ジャンプしたら、もう、へばっていましたよ。
「もう、やめた方がいいよ。」なんて、とっさにSTOPかけてしまいましたねぇ。
なんだか、楽しかったなぁ。。。
集めた葉っぱや木の実、どうしましょう。
花束のように飾りましょうか。それとも、食卓に並べましょうか。

気づくと、沈んだ夕日の色が、さっきまで白っぽかった空に、染まっていました。
オレンジ色が、どんどん空に広がっていきます。
でも、そんな時間もあっという間で、どんどん暗くなっていきました。
公園内にある、コリドー(野生動物の道)を通って、今日のお散歩は、おわりです。
野生動物たちは、きっと、我が家のアルちのように、狭い場所にキュッとなって、じぃ~っと、通る人間達を見ているのでしょうね。

夕方の、小さなお散歩時間。
沈む夕日と、染まる空。
木々の紅葉が、一斉に、うっすらと橙色がかる時間。
ちょっと疲れた体に、何かが染み通っていくような・・・
ちょっと疲れた心に、何かが満ちていくような・・・
そんなひとときでした。

パパさんは、知っているのですね。
やっぱり、旦那様だなぁ。。。

ワン達と一緒に、地を見て歩くのも楽し。
パパさんと一緒に、上を向いて歩くのも楽し。
[PR]
by chobin-mama | 2009-11-24 00:36 | mamaのつぶやき | Comments(2)

父の外泊(自宅へ)

好みのピンクベージュのマニキュアを見つけました。
少しだけ爪を伸ばし、つけていました。
仕事や家事をする主婦の指先は、荒れ気味になります。
スクラブで、指先をマッサージしたり、爪まわりに、ネイルオイルをつけたり・・・。
そんなことをしている時は、女性っぽい気分に浸れます。
更に、きれいな色のマニキュアをつけたときは、さくら色の気分です。

昨日、そんな私の爪を、きっぱり短く切りました。
マニキュアも落としました。
実家へ行く準備です。

父のリハビリの一環として、外泊があります。
自宅にもどり、生活をしてみるのです。
先週、今週末に外泊をすると聞いた時は、この状態で、もう、そんなことをしていいのかと、驚きましたが・・・。
主治医や療法士さんたちの判断なので、間違いはないのでしょう。
父の希望で、リハビリのある平日は、なるべく受けたいので、休日祝日をはさんでの外泊になりました。

私が一番心配なのは、転倒と骨折です。
からだが不自由になってから、はじめて自宅へもどる父。
母一人では、何かとたいへんでしょうし、心配もあるので、私も泊まりに行くことにしました。

今週は、作業療法士さんと理学療法士さんが、実家まで来ると、母が言っていました。
父がもどる前に、家の中をチェックしてくれるのでしょう。
そして、注意事項もお話しして下さるのでしょう。
はたまた、その翌日には、ケアマネさんも来て、家の中を見てくれると言っていました。
その日は、私も行きたい気持ちがありましたが、自宅に父がもどる日にあわせて、勤務日を振り替えてもらっていたので、母だけに任せることにしました。

脳梗塞になり、左半分が、完全麻痺。
急性期の病院でも、リハビリの病院に移ってからも、父の年齢を考えると、回復は難しい・・・と言われていました。
私は、現実を受け止めてやっていくしかない、覚悟をしなければと、思いました。
気づくのが遅すぎたこと、今さら言っても、仕方のないことですが、時折、後悔の念が、頭をよぎります。
父が脳梗塞を起こしたのは、私の誕生日の翌日でした。
誕生日、私達夫婦は、外でお祝いの時間を過ごしていました。
帰宅すると、実家と義父母宅から、留守電に、お祝いメッセージが入っていました。
その翌日、メッセージのお礼に、私は、パパさんの実家へ電話しました。
その後、私は、すぐ横になりました。
体調がすぐれないことを理由に、自分の実家は翌日に電話しようと思ってしまったのです。
もし、あの時、明日にのばさず、すぐに電話をしていたなら・・・。
父のからだの話は、当然出たでしょうし、すぐさま、病院へ行かなくてはダメと言えたでしょう。
ICUに入れられ、突然動かなくなってしまった体、しびれたままの体に、涙を流す父。
どうしてあの時すぐに・・・と、帰りの車の中で、自分を責めました。
急性期の病院へ行くたび、父の姿を見るたび、帰りの車の中で、そんな事を考えました。
パパさんは、もしあの時、私が電話していたとしても、時間はずいぶんたちすぎていた・・・と言いますが。
やっぱり、自分を責めてしまったのです。

父には、「がんばって。」という言葉は、一度も言ったことがありません。
これからも、言うつもりはありません。
「ゆっくり、やっていこうよ。」
「今まで、ずっと忙しく仕事をしてきたのだから、神様が、休養しなさいと言っているんだよ。」
「のんびり、やろうね。」

父の体の回復は、期待はできないのだ・・・という思い。
今まで色々TVでも見てきた、ダメと言われた体が回復してきた・・・という思いが、交差します。
先の見えないリハビリ・・・という思いもありました。

心配で、理学療法中、作業療法中、言語療法中、行ける時は、見学しました。
やっていることを見ているだけで、こちらも疲れてきますから、本人が、一番疲れているでしょう。
しかしながら、少しずつでも、回復の兆しが見えたときは、何とも言えない安堵がありました。
また、父の前向きな姿勢と努力については、病院の方々、口を揃えて、おっしゃっていました。

今。
昼間のみ、一人でトイレへ行きます。(車いす使用)
一本杖で歩くそうです。
着替えも一人でやるそうです。
寝起きも一人でできます。
一人で、病院の隅にあるバーで、歩行訓練もできるようになりました。
私達の前で、歩行練習を見せてくれたとき、父の姿に驚いたくらいです。
先日は、食堂で食事する様子も見て帰りました。
片方の顔の筋肉も、だいぶトレーニングされてきたようで、口からこぼれることもありません。
残さず、しっかり食べています。
「家に帰ったら、何が食べたいか、考えておいてね。私も泊まりに行くから。」と話しました。
おそばが食べたいのですって。
でも、長いおそばを、つるつるっと食べることは無理なので、小さく切ってもらって食べたいと言っていました。

頭だけは、しっかりしています。
私以上に、しっかりしており、計算なども、私以上にパッパとできて、こっちが恥ずかしくなるくらいです。
色々な事を考え、判断し、決めているようです。

さぁ、自宅での生活は、どんなことになりますでしょうか。
布団で寝たい父ですが、諸々の理由から、外泊の間、介護用ベッドを入れたそうです。
父が起きて立ち上がる時の負担、母が介助をする負担が、減るためです。
トイレには、入り口に手すりをつけたそうです。
入院中は、介護保険が使えないので、実費です。
また、外泊中は、お風呂には入らないでいることになったと、母から聞きました。
体は拭くだけだけど・・・ でも、足湯はしようね、、、と伝えました。
あったかいお湯に足を浸すだけでも、ずいぶん気持ちが違いますから。

なんだか、心配しすぎて、疲れているワタクシです。
行ってみれば、なーんだ♪ けっこうできるね^^ なーんて事になって、ホッとできるかもしれないのですが。
さぁ、お掃除、洗濯、お買い物、私がいない間のパパさんの夕食つくって、ワン達ともゆっくりお散歩して、お泊まりの用意をするとしましょう。
[PR]
by chobin-mama | 2009-11-20 12:34 | mamaのつぶやき | Comments(2)

素敵なランチタイム

火曜日、上司と、先輩女性同僚と、外でランチ。
上司が、ごちそうしてくださるそうで~
どんなところに、連れて行ってくれるのかな♪

ラーメン? 寒いから、いいかも。気取りないし。
お寿司? 私、生もの苦手なのがあるからなぁ・・・。
ファミレス? 色々なメニューがあるから、選びやすくていいかも。
パスタ? これは、女性向きで、いい線かも。

着いたところは、お庭の素敵なイタリアンレストランでした。
予想外で、ちょっとビックリでした。
美しいお庭を眺めながら、窓際でお食事なんて、めちゃくちゃ私好みです。
しかも。
ご馳走してくださるのは、一番お高いランチコースメニュー。
甘えてしまっていいのでしょうか。
と、戸惑いながらも、甘えてしまいました。

お料理は、見た目も美しく、味もおいしくて、感激。
それに加えて、かなり苦しくて~ (おなかいっぱいで)
夕食、入りませんでした。
f0002833_20553100.jpg

可愛いエスプレッソだけ、撮らせてもらいました。
くまさんと、蝶々です。
私は、コーヒーを頼んだので、普通に出て来てしまい、ちょっと後悔。
自宅でも、こんな風に可愛くつくってティータイムしてみたいなぁ。難?
[PR]
by chobin-mama | 2009-11-19 20:55 | mamaのつぶやき | Comments(2)

おやつ?

ビスケット。
ココア味とバター味、2種類。
f0002833_18171848.jpg

おいしそうな、オセロゲーム。
f0002833_18175413.jpg

食べる?
f0002833_18183027.jpg

ちょびんに近付けると、ぱくっとやっちゃった昨日(><)
ごめんね~ ママを信用してたんだよね~(^_^;)

今日は・・・?

ママには、二度と騙されないそうです(^_^;)

追記)フエルトでできたビスケットと布製の盤が、瓶詰めになっているオセロゲームでした。
[PR]
by chobin-mama | 2009-11-15 23:29 | ちょびん | Comments(12)

至福

「至福」
これは、某ブログでの、忘れられない記事です。

この記事を読んだのは・・・
アルちを、新しい家族として迎えることを決めた頃の事だったと思います。(勘違いでなかったら)
ということは、その記事を読んでから、もう4年もたつということですね。
アルちが家族になったことにより、そのブログと同じ、ヨーキー2匹と猫1匹との暮らしが始まりました。
犬と猫が一緒に生活。
一体、どんな暮らしが始まるのか、想像も出来ませんでした。

「至福」
その記事には、お昼寝大好きなKママさんが、ソファにごろ~んとなりながら、レンズを向けた写真が載っていました。
ヨーキー2ぴきと、にゃん1ぴきが、Kママさんにくっついて、お昼寝。
みーんな一緒に、仲良く、お昼寝していたのです。
これは、「至福」の時以外の何者でもないだろうと、羨望をもって眺めていました。
はたまた、プロのカメラマンをご主人に持つママさんの、写真のセンスも、かなり素敵だったのです。

まだまだ、不安定な関係だった、我が家のワンニャンたち。
我が家にも、このような「至福」の時が、やって来るのだろうか。
おそらく、無理、、、だろうなぁぁぁ。
などと、思っていたものです。

でも、あれから4年がたち、我が家にも「至福」の時がやって来ました。
ママが、ソファにごろ~ん。
いつものように、ワン達がくっつてきて・・・
アルちもやって来て、ママにくっついて・・・
ワン達も、その状態に違和感を覚えず、みんな一緒。
アルちが、ぐーぐーごろごろ喉をならしても、もう、へんだとは思わないみたいです。
みんな一緒に、ごろ~ん。ねむねむ。

「至福だ。。。」と心でつぶやいて、その記事を思い出しました。
無理だと思っていた光景が、今、現実に。

今日は、TVのアンテナ工事がすみました。
先日買った液晶TVの画像も、やっと美しく見られるようになりました。
ごろ~んタイムも、ますます楽しい時間に^^

至福、至福~♪
ごろごろしすぎて、太らないように気をつけなくちゃ ^^;
[PR]
by chobin-mama | 2009-11-15 23:00 | wanにゃん達 | Comments(4)

今日の晩ごはん

とても寒い日が続いています。
どうも風邪気味のようで、まったり過ごす日々です。

さて、今日の手抜き晩ごはんは・・・
先日、お庭から収穫したバジルで作った、パスタ ジェノベーゼ。
毎年のお楽しみ、摘んですぐ作るバジルソースは、香りが最高なのですが~
今回は、数日たってしまっていたので、ちょっと格落ちな感じがしました。
f0002833_23435785.jpg

それから、野菜たっぷりポタージュ。
これは、パパさんの評判もよかったです。
ジャガイモ、ニンジン、タマネギ、トマト、ブロッコリ、ベーコンが、ぎゅう~っと詰まっています。
f0002833_23441196.jpg

おまけは・・・
職場の方から、カナダ土産。
はちみつの香りのリップスティック。
メイプルシロップとバニラの香りの紅茶。オーガニックのお店で買ったものだそうです。
パッケージも、可愛いですね。
甘い香りが、リラックスタイムをくれます。
f0002833_23442429.jpg

さぁ、あったまって、あったかくして、ゆっくり休むとしましょう。
[PR]
by chobin-mama | 2009-11-13 23:56 | おうちごはん

ちゅらと毛糸とアルちの行進

今日は、寒くて、朝から強い風です。
アルちは、風の強い日は、なぜかはりきっちゃって、風のように、家中を走り巡ります。
しっぽも、ぶっとくなっちゃって・・・^^;
強風の、何がこんなに、アルちを興奮させるのでしょうか。

さて、先日のワンニャン物語です。

***************************************

ドッシーンっっ!!!
すっごい音がして、振り向くか振り向かないうちに、目の前を、水色の風が通りました。
??? 
なぜ、水色?
よーく見回すと、水色の毛糸が床にありました。
遠くに、アルちらしき姿も・・・。からだを、なめています。
f0002833_1856184.jpg

すぐさま、ちゅらがやって来て、毛糸をくわえました。
トコトコと、どこかへ持って行ってしまいました。
f0002833_18561850.jpg

するする動く、細い毛糸。
その毛糸を、アルちが追いかけます。
ちゅら、毛糸、アルち・・・の行進が、続きます。
f0002833_1856354.jpg

毛糸で家具がグルグル巻きにならないうちに、パパさんが、とりあげました^^;
[PR]
by chobin-mama | 2009-11-12 12:25 | wanにゃん達 | Comments(6)

since 2005/11/19


by chobin-mama
プロフィールを見る
画像一覧