「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

今年もありがとう。。。

さきほど、やっと年賀状レイアウトが終わりました。
我が家の年賀状は、この一年の間撮りためた写真からつくります。
たくさんの写真の中から、ピックアップして、その中から、更に絞るという、なかなか時間のかかる作業です。
ですが、ブログをやっているおかげで、ブログ用写真フォルダが、実に役に立ってくれています。
約200枚ほど、急いで印刷し、明日には投函してこなくては・・・。
また、寝不足かな?

クリスマスには、父が退院しました。
やっと我が家へと戻り、父も、さぞかし、ほっとしたことでしょう。
そして、母も、どんなに嬉しいクリスマスとなったことか。
寡黙に努力する父と、それを支えた母への、最高のクリスマスプレゼントだったのではないかと思います。
夫婦みずいらず、どんな時間を過ごしたでしょうか。
そんな静かな時間も束の間、転勤族の妹家族が、里帰りしてきます。
賑やかで慌ただしい時間がやって来ます。
いいパワーをもらえること、期待しています。

28日は、仕事納めでした。
本当は、出勤曜日ではなかったのですが、親睦会からランチが出るとのことで、上司の配慮で、出勤を振り替えさせてもらいました。
皆さんと食事し、ご挨拶し、職場を後にしました。

今日は、日中、体調不良で、ほとんど横になっていました。
お庭のイルミの片付けを、パパさんが。
犬のお散歩も、朝食も夕食も、パパさんが。 ^^;
明日からは、おおそうじです。
家具を移動し、フローリングの念入りな床掃除、換気扇、水回り、お風呂、窓掃除。
忙しくなります。

皆様、この一年も、おつきあい下さいまして、ありがとうございました。
また来年も、どうぞよろしくお願い致します。
[PR]
by chobin-mama | 2009-12-30 01:23 | mamaのつぶやき

ちょびん家のHappy Christmas

メリークリスマス♪
楽しいクリスマスをお過ごしですか。
アルちは今、ガラスの窓越しに、キラキラお庭のイルミネーションを満喫しているところです。
f0002833_22204852.jpg

今日は、これから、ちょびん家のクリスマスのお話しです。
お料理のこと、こどもたちのプレゼントのこと・・・☆

クリスマスイヴ。
パパさんとママは、ぷちおでかけ。
クリスマスを、家族みんなで過ごす為、ちょっとの間、お留守番よろしくね。

デパ地下で、シャンパンやワインを、試飲。
パパさんは、運転なので、見てるだけです ^^;
フランス産のシャンパンが、香りも味も最高。
ちょっと予算オーバーだけれど、たまには、いいよね♪
クリスマスケーキは、苺と生クリームのものが、あちこちのお店を占めていますが・・・。
もっと夢のあるデザインのものがほしいのに・・・と、ちょっと残念な気分でいました。
エスカレーターを降りたすぐ下の一角に、小さなお取り寄せコーナーがありました。
そこには、とりわけ可愛いデザインのものが揃っています!
その中の1つに目が奪われ、それを選びました。
千葉のフレンチ、シェ・ケンのテリーヌも、オードブルの一品に加えることにしました。
さぁ、テーブルの上に必要なものは、全て揃いました。
保冷コインロッカーに入れて、あとは、ゆっくりとパパさんのプレゼントを。

ネクタイがご希望のパパさん。
今日一番、吟味した時間でした。
そこで思わず、職場の方にお会いしちゃって・・・。
素敵な彼女、紹介していただきましたョ。
彼女も、私のように、彼のネクタイを吟味していましたねぇ・・・。

すごい人だったデパートと、すごい交通量の帰り道。
我が家に着いたときは、ホッとしました。

着いてすぐ、あわてて作ったのが、フラワーアレンジ。
今年は、ピンク・シルバーを使ったクリスマスアレンジにしてみました。
クロスは、ローラアシュレイの深い赤のテーブルランナーと、ウェッジウッドの白い地模様のクロス。
f0002833_2342978.jpg

クリスマスのお料理です。
一年に一度、クリスマスの時だけ登場する食器も、楽しみのひとつ。
縁がゴールド、ガラス面が美しい、オードブル用に使っているお皿。
f0002833_2364473.jpg

メインディッシュのお皿は、縁がヒイラギの実と葉が彩られています。
f0002833_237011.jpg

ちょびんとちゅらの、クリスマス用お皿です^^
赤いのがちょびん、青いのがちゅら。アルちのは・・・なかったねぇ。
f0002833_2371818.jpg

ママが一番楽しみにしていたコト。
こどもたちに、プレゼントをあげる瞬間。

「ちょびん^^」と呼んだのに、ダッシュでやって来たのは、ちゅらです。
ちょびんのプレゼントを、くんくん。
「じゃ、ちゅらからね^^」
もう、わっくわくで、嬉しくって、何が出てくるのか待ちきれなくて、包みを持っただけで、奪い取ろうとするちゅらでした。
「ちゅら、まて!」  おりこうさんで、がまんして待っていますよ。
f0002833_2316956.jpg

大喜びで遊びまくるちゅらです。ちゅらが楽しく遊ぶ姿を見ているのが好きなアルです。
f0002833_23162653.jpg

「ちょびん、おいで~ ^^」
とことことこ。。。のんびりやって来たちょびんです。
プレゼントを、くんくんくん。
f0002833_23173931.jpg

ちょびんの大好きな、ふぅわふわのものだよ~。
男の子だけれど、ピンクとお花柄~^^;
f0002833_23175590.jpg

ソファで、ご満悦でねむねむです。
f0002833_23181247.jpg

アルちの番です。
呼ばなくても、来ています。
ちょびんやちゅらのプレゼントの時は、来なかったのに、わかているのでしょうか。
f0002833_23202218.jpg

ママが、まだ組み立ててる途中なのに、入ってしまいました~~~。
f0002833_23205141.jpg

ご満悦のようで^^; 背後から、ちゅらが狙っていますケド。
f0002833_2321641.jpg

ちゅらが、あまりにもウロウロするので、出てしまったアル。
変わりにちゅらが入って、しばらく占領していました。
f0002833_23212476.jpg

プレゼントを入れておいた紙袋もお気に入り。
いっぱい、いっぱい、遊んでいました。
f0002833_23213832.jpg

アルちのゲージに入れてみました。
ぴったりサイズでした。ぐるっと囲まれて、アルち好みです。
アルちのお耳やお鼻と同じ、ピンク色。アルちが入っていたら、よく似合うね。
中のクッションは、下にアルミが入っていて、冷気を通しません。
あったかい寝床ができました。
f0002833_23215777.jpg

ちょびんのピンクのブランケットも、すっかり気に入ってくれています。
f0002833_23222943.jpg

でも、夜寝るときのことです。
パパさんが、そのブランケットに、ちょびんを包んで、ベッドまで運んだのですが・・・。
気づくと、いつの間にか、そこには、ちょこんと、ちゅらが寝ていました (--;
アルちのおうちも、ちょびんのブランケットも、ぜーんぶ、ぼくのもの~とか、思ってる?
ちゅらちゃん、クリスマスプレゼントは、一人に1つですよ。
欲張りくんには、尻叩きのサンタクロースが、やって来ますよ。

イヴの日、おなかがいっぱいで、入らなかったケーキは、クリスマスの朝に食べました。
ピラミッド型。ピラミッドの上には、サンタクロースがお星様を持って立っています。
f0002833_23334669.jpg

なかなか、凝った作りですよ。食べるときも、わくわく楽しみでした。
f0002833_233441.jpg

イヴもクリスマスも、穏やかないいお天気です。
ゆったりと、広い公園までお散歩しました。
ワン達には、青いサンタ服を着せて。
大好きなおひさまが、いっぱい。まぶしいね、ちょびん。
f0002833_23363310.jpg

大好きなかけっこが、いっぱいできたね。ちゅら。
f0002833_23361215.jpg

今日も、昨日のシャンパンの残りを飲んで、ちょっといい気分のママです。
土曜日も、ゆっくりしたいところですが、パパもママもお仕事です。
あまり、夜更かしできませんね。
でも、いまだに夢ごこちの気分に浸っています~☆
[PR]
by chobin-mama | 2009-12-25 22:18 | クリスマス | Comments(12)

クリスマス前のよいこたち

キラキラ。。。 この日、いつまでも、ツリーの下から離れないアルち。
f0002833_2336265.jpg

クリスマスに向けて、ツリーの下に、どんどんプレゼントが増えて行きますが・・・。
f0002833_23364942.jpg

さいごに届いたのが、キミのプレゼントだっていう事が、わかるのかな?
そうそう、一番大きくラッピングしたのが、キミのですよ。
ここから、離れようとしないんだね。
プレゼントと一緒に埋もれていると、キミまで、プレゼントのひとつみたいだね^^
f0002833_2337529.jpg

背中に大きな医療用脱脂綿をのせているのは、ちょびんです。
午前中、パパさんが病院に連れて行きました。
皮下点滴をされて、帰ってきました。
先生に、「ガッッ」とも言わず、おとなしく点滴を受けていたそう。
がんばったね。おりこうさん。今日は、よく寝ていました。
f0002833_2337253.jpg

よいこのところには、サンタクロースが来てくれますよ。
もちろん、よい大人のところにも。
では、わるい子のところには?
尻叩きのサンタクロースが、やって来るのです。
プレゼントの変わりに、おしりぺんぺんして、帰っていきます。
朝起きたら、おしりを見てみましょう。
ぺんぺんされた子には、サンタさんの手形がついていますよ。
[PR]
by chobin-mama | 2009-12-24 00:03 | wanにゃん達 | Comments(10)

狙われたちょびん

日曜日は、2ぴきのトリミング。
トリミングの間に、私達は、ショッピング。
残すところは、アルちのクリスマスプレゼントのみなのですが~。
考えていたような物がなくて、妥協もできず、なかなか決められません。

ちょっと足をのばして、とあるペット関係のショップまで行ってみることにしました。
パパサンタ&ママサンタ、二人して「これ!」と思ったものがあり、即決でした。

やっと、みんなのクリスマスプレゼントが用意できました ^^ 
あ”~~~(><) 
パパさんのが、まだでした ^^;
いえいえ、ちゃんと先日、捜したのですけど・・・。
ちゅらのプレゼントは買ったものの、パパさんのは、なかなか決められなかったのでした。
吟味して、特別素敵な物、用意しますから~♪

さて、トリミングのお迎えに行くと、クリスマス仕様のおリボンをつけてもらって帰ってきた2ぴき。
ボウボウになる前に、おさしん撮らないとね。
なんて、のんきにしていたら、また、ちゅらがちょびんを狙い始めました。
襲う気(?)、満々でいます。
どうして、トリミング後に、こうなるのでしょうねぇ・・・。

ちょびんの熱心なストーカーと化したちゅら。
ちょびんがそばにいなくなると、落ち着きません。
ちょびんの行くところ行くところ、気になって気になって、常に追いかけます。
そして、じーっと見ています。
で、そのうち、上にのっかろうとします。

この繰り返しなのです。

ちょびんは、怒って、何度もイヤだと言いますが、全く聴こうとしません。

ちょびんは、ブルブル震え始めてしまいました。
結局、どうにもならずに、パパとママのところに逃げてきました。

パパさんに抱っこされても、震えがとまりません。
泣きそう?
f0002833_13214978.jpg

ちょびんを、ガン見しているちゅら。
ちょびんは、見えないふり~。
f0002833_13222977.jpg

この、亡霊のように見えるのは、ちゅらです。
ちょびんのところに行きたくて、ジャンプジャンプのちゅら。
f0002833_1323228.jpg

ソファにて。
パパさんに押さえられているちゅら。
ちゅらが気になって、ちら見しているちょびん。
f0002833_13243111.jpg

どーしても、ちょびんのそばに行きたいちゅら。
押さえているパパさん。
休んでいても、時折、ちら見するちょびん。
f0002833_13252511.jpg

落ち着くまで、タイヘンでした^^;
[PR]
by chobin-mama | 2009-12-21 13:33 | ワン達 | Comments(6)

手作りサンタ靴

お菓子を入れた、サンタ靴☆
f0002833_14484964.jpg

1歳の子へ、クリスマスプレゼント。
選んだお菓子、食べられるかな?
サンタ靴も、きっと、ビリビリ破いて遊んじゃうね ^^;

ある方への、お礼は何がいいかな・・・と考えて、
その方のお子さんへの、ささやかなクリスマスプレゼントにしました。
休日出勤の時、いつも、お茶菓子買ってくれるんですよ。
美味しい物と共に、ホッとタイムを、いただいているんです。
ですので、私も、ホッとタイムをさしあげられたらいいな・・・と思いまして。
どうかな。。。

***************************************

More
[PR]
by chobin-mama | 2009-12-18 19:46 | クリスマス | Comments(6)

昨日今日のキーワードは、ケーキとおさんぽ

昨日は、暗くて重い雲が、空を覆っていて、死ぬほど寒かったです。
(・・・なんて言うと、北の方に怒られるかな^^;)
日曜日の山登りの疲労も手伝ってか、動きたくなくて、家で、じーっとしていました。
やたら甘いものが食べたくて、パパさんに、帰りに甘いものを買ってきてと伝えました。
近所のスーパーか、コンビニで、何かを買ってくるのでしょうと思いましたが・・・
ちゃんとしたケーキ屋さんで、ケーキを買って来てくれたので、チョット感激。
そうそう、奥さんは、だいじにしないとねっ。
4個あるうち、3個を食べました。
パパさんは、味見程度でいいと言うので、3個のうち、少しずつをあげた・・・という状態(笑
「山で疲れたんでしょ。筋肉痛あるんでしょ。」とパパさん。
「山の疲れは、もう、すっかりないよ。筋肉痛も全然ないし。パパさんは?」
「全然平気。」
と、何で夫婦で見え張り合っているのか・・・と思いつつ、お互いこんな対話をしました(--;
f0002833_18475896.jpg

さて、今日の休日は、昨日とうって変わって、いいお天気。
ワン達を、広い公園まで連れて行ってあげようっと♪
あったかい時間帯に、お散歩してあげなくちゃ。

たくさん歩くから、ちょびんには、カートが、必要です。
「ちょびん、カート^^」と言うと、喜んで、走ってやって来ました。
ちょびんは、年をとってから、カートが大好きです。
ちゅらは、行きも帰りも、ずっと歩きます。

さて、広い公園に着いたら、ちゅらは、ロングリードに付け替えます。
「かけっこ!よーい、どん!」
大興奮で、大喜びして、ダダダダダーと、どこまでも走っていきます。
広い公園、二周しました。

公園は、買い物に行き来する人達が通ります。
元気いっぱい走るちゅらは、注目の的になっていました。
けっこうな人が、足をとめて、にこにこと、ちゅらの姿を見ていたり、顔を覗き込んだりしています。

こんなにも元気いっぱいで・・・
からだ中で、楽しいよ~って、おもいきり表現している子を見るのは、飼い主じゃなくても、楽しいことなのでしょうね。

年をとったちょびんは、、、
小さい頃とは、歩き方が全く違います。
ゆっくりと、ゆったりと、くんくん、においを楽しみながら、歩きます。
のんびりちょびんと、かけっこちゅら。
2ぴきのペースが違うので、ママは、なかなかたいへんなこともありますが、みんな一緒のお散歩は、楽しいですね。

大満足で寝ているワン達。
昨日の残りのケーキ1個を、至福で食べるママ。
平和平和。
[PR]
by chobin-mama | 2009-12-17 18:18 | ワン達

ちゅらのマフラー

カシミヤのマフラー
f0002833_132364.jpg

寒いからね~
f0002833_1325298.jpg

マフラーして、お庭をおさんぽするの
f0002833_133760.jpg

「ちゅら。まて!」と、ちゅらをストップさせました。
実はこれ、セーターです。
ちょびんおにいちゃんと、色違いのおそろです。
f0002833_1332157.jpg

寝起きのちゅらは、いつも、両袖が前足からはずれています。
この格好で、元気いっぱいに走り回っています。全然気にしません。
ちょびんだったら、気にするんですけどね。
というか、ちょびんだったら、セーターがマフラーになることなんて、ないんですけどね~。
[PR]
by chobin-mama | 2009-12-16 13:11 | ちゅら | Comments(6)

梅が瀬渓谷

本州で、一番遅い紅葉と言われている養老渓谷。
その中でも、県内一のもみじの名所と言われている、梅が瀬渓谷へ行ってきました。
はじめての場所です。
ネットで、紅葉の状態は調べていたのですが、都合が合わず、もう終わっているだろうという時期に、出かける事になってしまいました。

広い敷地のある、農家(?)が営んでいる駐車場でしょうか。そこに車を停めました。
何しろはじめての場所なので、ちょこっとお話しを聞きに行きました。
地図を見せてくれて、コースやかかる時間のことなど、教えてくれました。
危険な箇所があるようで・・・。
ケガをする人が多いとのことで、気をつけてと言われた場所がありました。

渓流沿いのコースから歩くことにしました。
歩き始めてすぐに、このような場所が。
すごい浸食の後ですね。
梅が瀬渓谷は、梅が瀬川の浸食により、できた渓谷でした。
f0002833_0221542.jpg

この場所を過ぎてすぐ、せせらぎの音が耳に入りました。
なんて心地よい静かな響き。そして、美しい眺め・・・。
誰かが、石で橋をつくってありました。
浅い渓流を、渡ります。
オットット~~~^^; なかなか、楽しい~。こどもに返った気分です。
f0002833_022386.jpg

歩く道は、ふっかふかの、もみじのじゅうたんです。
こんなにもの、たくさんのモミジ・・・。
季節には、さぞかし、美しい葉を枝につけていたのでしょう。
それはそれは、美しさの迫力だったでしょう。
ネットで調べると、たくさんの写真が検索されました。
来年は、ぜひとも、時期を逃さず行きたいものです。

旧日高邸。
ハイキングコースで、皆が目指す場所となっています。
いくつかのベンチがあり、ここで、お昼にしました。
座った目の前に、古い大木が、数本あります。カエデの木です。
すっかり、葉は落ちてしまっていました。
f0002833_0324712.jpg

幹も美しいですねぇ・・・。
苔むしています。ツル植物も添っていて、何とも情緒があります。
f0002833_1913335.jpg

後方には、いったい何十万枚、何百万枚、いえ、それではきかないでしょう。
もみじの葉がしきつめられてあるスペースがあります。
小さな池にも、底が見えないほどのモミジの葉が沈んでいました。
f0002833_19162584.jpg

パパさん、さっきから何しているのかな・・・。
もみじの絨毯の遠くの方で、うろうろしています。
と思ったら、きれいなモミジの葉を、「はい。」と、プレゼントしてくれました。
こういうのって、けっこう嬉しい。
f0002833_19171846.jpg

旧日高邸を後にし、さぁ、出発です。
丸太橋も、なかなか楽しい~。
渓流を渡るのは、29~30カ所くらいあったと思います。
f0002833_19192961.jpg

楽しく歩けたのは、この辺まででした。
あとは、山道を歩くのみです。
これが、なかなかの、ハードなトレッキングでした。
想定外でした。きつかったぁぁぁー!

途中の厳しい道に、こわくなってしまい、「無理~~~!わたしは、無理~~~!!!」と、動けなくなってしまったこと。
一人やっと通れる、ぼこぼこで、粘土質の滑る土の斜面。
その斜面の道の下から、歩き慣れているおじさまグループが、「こちらの方から歩きなさい。」と、道にはなっていない、山の斜面を指します。
「大丈夫。葉の上なら滑らないから。」と言われ、斜面の木の幹や枝につかまりながら、やっとで降りられたこと。冷や汗かきました。
この辺から、私も、楽しい笑顔から、必死の形相になりました^^;

3時間過ぎた頃から、体力的に、どんどん、きつくなりました。
水分、もっと持ってくるんだったね・・・と、パパさんと話しました。
こんなに険しい場所が、そこここにあるのなら、軍手してきてよかったね・・・とも、話しました。
並んでは歩けないような、狭く、しかも粘土質で滑りやすい通りの、すぐ脇は、落ちたら、どこまでも、まっさかさま~~~という恐怖の道もありました。
「もしも、遭難したらいけないから・・・。」と、リュックに、飴やら、ちょっとしたお菓子を入れてありました。
「うっかり、ケガしたらいけないから・・・。」と、足や腕を縛ることができる真っ白なタオルも入れ、パパさんにも渡してありました。
パパさんに笑われたのですが、笑い話じゃなくなることも、ありえるんじゃないかという気がしました。
そのくらい、怖いな・・・と思える箇所が、ありましたよ(><)

↓ 写真は、歩きやすいように、親切な誰かが階段状の道をつくってくれたのではありません。
木々の根が、そのようになっているのです。
f0002833_1926598.jpg

途中、スキーのストックのように、左右に棒をもち、スキーで滑るかのように、スイスイ歩いている人とすれ違いました。
こんな山道を、あんなスピードで歩くなんて・・・と、びっくりしましたね。
「疲れた~~~。」という言葉が、だんだん増えてきた頃、おかしな木を見つけました。パチリ。
f0002833_19323166.jpg

きつい登りが、やっと、終わったようです。
登りきったところには、アスファルトの道路があり、そばには、パーゴラやテーブルが。
思わず、ベンチに、バタンと横になりました。
体中の緊張が、とれていきます・・・。ずっと、こうしていたい。
でも、最後の一仕事(仕事になってる^^;)は、展望台にのぼることです。
山々を見晴らして・・・あとは、一般道を下るのみです。やったー!

ところが、帰りは、膝とももが、がっくがくなことに気づかされました。
山から出ると、後は、アスファルトの道を下るのみですが、この、なだらかなアスファルトの下りも、実は、辛かったですねぇ。
日が傾いて来て、前にも後ろにも、誰もいない。

でも、紅葉しているもみじの木々が、まだ、そこここにありました。
けっこう感動。山の方は、めったになかったのに^^
f0002833_19343170.jpg

まっかだな♪ まっかだな♪ つた~の葉っぱがまっかだな~♪ もみじのはっぱも まっかだな♪
・・・と、歌い始めた私。
し~ずむ夕日に照らされて~♪ 真っ赤なほっぺたの キミとぼく~♪
まっか~な秋に~
あれ?なんだっけ?
と、歌詞を思い出せません。
二人で、あーじゃないか、どーじゃないか・・・。
結局、結論が出ません。

仕方がないので、パパさんに、輪唱しようと言いました。
秋の夕日に~♪ 照る山もみじ~♪ 
輪唱しょうと言ったのに、パパさんは、輪唱ができません。。。
どうして、私のワンフレーズ終わる直前から歌い始めるのか・・・。
どうして、私のワンフレーズ終わるまで待てないのか・・・。
どうして、輪唱になると、音程がはずれるのか・・・。
よくわかりませんが、涙流すほど笑いました。

きつい。
途中、木の太い枝を見つけ、私に持たせたパパさん。
トントンついて歩くだけですが、楽になりました ^^

スキーのストックのように、棒を2本持って、スーイスイと、滑るように歩いていた人に会ったことを先に書きましたが、この人と、またすれ違いましたよ(@@)
このきついコースを、二周していたということですよね。すごい。。。
一体、だれ?どんな人なのでしょう。何かのトレーニングでしょうか???

やっと駐車場に着いたときは、何とも言えない安堵でした。
4時間、かかりました。
私の体力的なことも、あったのですが・・・。
駐車場のおじいさん、出発前、2時間かかると言っていました。
これは、慣れている人で2時間ということなのでしょうね。

敷地内に、先ほどはいなかった、ワンちゃんがいました。
大人しそうな子^^
触らせてもらいました。かわいい~~~。穏やかで、人なつこくて、可愛い。
私達が犬好きだとわかってくれたようで、飛びついてきたり~、嬉しかったですね。
話を聞くと、この家の犬ではないとか。
ご近所の犬らしいのですが、お客さんの後をついて、よく駅の方まで行ってしまうので、見かけたら、ここに置いておくらしいのですよ^^;

駐車場のおじいさんが、ゆずを分けてくれました。
薬はやってないので、安心して食べられるって^^
今日撮った写真なので、葉っぱがくしゃっとなっていますね。
昨日は、ピンとはっていて、新鮮でした。
ゆず風呂じゃあ、もったいないですね。
f0002833_1949859.jpg

その後は、秋にも寄った日帰り温泉で、疲れを癒しました。
静かで、美しく、ゆったりできる場所。
「養老渓谷に来たら、この温泉」となりそうです。

しかしながら、アレルギーの咳も、渓流沿いを歩いて20分もしたら、すっかりおさまっていたという状態です。
今度行くなら、渓流沿いから歩くコース。きつい山道から歩くコース。どちらからがいいでしょうね。
[PR]
by chobin-mama | 2009-12-14 20:00 | mamaのつぶやき | Comments(0)

ぽかぽか犬猫日記

今日は、目覚めた時から、カーテンのむこうに、太陽の日差しを感じました。
いい気分です。
こんな寒くて日の短い季節には、太陽の日差しは、何より嬉しいですね。
きっと、ワンニャン達にとっても、嬉しい一日のはじまりでしょう。

ワンニャン達も、自由にバルコニーで遊びます。
あれ?屋上へとあがっていく階段に干しておいた、きのこハウスがない。。。
風で落っこちたのかな?
あ。あった、あった。
ん?アルちの姿が見えないけれど、もしかして?
やっぱりね・・・^^; しっかり、入っていました。
f0002833_19145571.jpg

寒くなると、屋上へも行かなくなるけれど・・・
今日は、おひさまたっぷりあって、気持ちがよさそう。
ワン達を連れて、行ってみました。

まずは、苺の紅葉が、目に入ります。
なんて可愛らしい赤!おもわず近寄って眺めます。
f0002833_19203325.jpg

苺がふたつ、できていました。
これは、テラスベリーの紅花ですね。花もひとつ咲いていました。
f0002833_1916532.jpg

春は、鳥達や、ワン達に食べられてしまって、私の口には入りませんでしたっけ。
うっすらとピンクがかった時が、食べ頃とか。
では、ちょうど今が食べ頃でしょう♪ と、少し口に入れてみました。
あっま~~~い!甘いですっっ!
ワン達にも、少しわけてあげましょう。
ちょびんちんが、ママが食べている時からずーっと、おりこうさんで、おすわりしています。
「まま、ぼく、おりこうさんだよ。だから、ごほうびちょうだいね。」
もちろん!ちょびんもちゅらも、おおよろこびでした^^
f0002833_1918090.jpg

おひさまたっぷりだけれど、やっぱり寒い。
早々に、下に降りることにしました。
アルちは、何をしているかな~?
バルコニーで一番のお気に入りの場所、オリーブの木のそばにいました。
あごを、枝に、する~っする~っとくっつけて、うっとりした顔をしています。
f0002833_19225030.jpg

さきほど階段から落ちて、椅子の上にのせて干しておいた、きのこハウス。
気づくと、また、その中に入っていたアルちです。
f0002833_1924635.jpg

楽しいことの後は、さぁ、チックンに出かけますよ。
アルちのワクチン接種に行ってきました。
毎回、5種ワクチンなのですが、今そのワクチンがないということで、4種になりました。
「クラミジアがないだけで、白血病は入っていますから、大丈夫です・・・とのことでしたが。
まぁ、ドクターがおっしゃるので、大丈夫なのでしょう・・・。大丈夫、、、かな。
帰り際、オリジナルカレンダーをもらいました。
f0002833_19251852.jpg

[PR]
by chobin-mama | 2009-12-10 19:35 | wanにゃん達 | Comments(8)

最後のとりで

ニュースZEROを見ました。
犬猫殺処分0へ・・・という新聞TV欄が目に入ったので、ちょっと体調不良ではありましたが、がんばって起きていました。

舞台は、熊本市。
ちょびんの生まれ故郷、熊本県での話題でした。

10年前の、熊本市の殺処分数は、1900件台にのぼります。
そして、今年10月までの殺処分数は、4件。
なんと、4件です。
しかし、熊本市では、0を目指しているのです。

とある団地に、猫が増えてきて、団地の住人が、愛護センターを訪れます。
団地の自治会の役員さんでしょうか。捕獲が希望です。
センターの獣医師は、その団地の住人と話をはじめました。
住人は、獣医師の話が、理解できました。

次のシーンは、団地の住人を集めての話し合いの場。
その獣医師と、さきほどの役員と見られる団地の住人が、皆の前に位置しています。
猫にえさをあげれば、猫は、どんどん増えていく。
すると、トラブルも増えていく。
これ以上増やさない為には、去勢避妊手術が必要であると。
それには、地域の住民の協力が、必要で、大きな力となってくる。
そんな内容を、獣医師が話していたと記憶しています。

その役員さんは、夜も、地域を歩いて、見て回ります。
猫にえさをあげている人を発見します。
若い女性でした。
若い女性は、猫だって生きているんです・・・と、切に訴えます。
その女性に、団地の役員さんは、話を始めます。
そして、若い女性は、避妊去勢の協力をしてくれることになりました。

次は、愛護センター側が、ペットショップの店員、経営者たちを集めた話し合いの場。
この方達には、愛護センターの様子を、映像で見せ、話をしていたようです。
収容されている犬が、強制的に連れて行こうとされる現場がありました。
両前足両後ろ足を、いっぱいに広げ、精一杯にふんばって、抵抗しますが、人間の力には叶いません。
物をひきずるように、ずるずると引っ張られて、連れて行かれるのです。

涙を流し、見ているひとたち。。。
とあるペットショップのオーナーさんが答えていました。
犬がほしいと言われたとき、すぐには渡さないと。
子犬の時からの、世話の仕方など、小冊子を使って、話していくそうです。
そして、このお客さんは、簡単に捨てそうだな、物のように扱いそうだなと、判断したときは、売ることを断ることもあると言っていました。

正しいと思いますね。
物ではない。
命を扱っているのですから、売る側の責任は、大きいのです。

熊本市の、収容された犬猫の円グラフ。
内訳。
ほんの少数が、亡くなってしまった子。
その他、迷い犬が飼い主の元に戻った数が、こんなにあるのだと、しみじみ。
そして、一番多かったのが、里親譲渡。
そして、殺処分が、わずかありました。

最後に、愛護センター側が、里親として犬を譲渡するシーンがありました。
「この子は、臆病な子なので・・・。」と話して、すみっこに、ぎゅっと縮まっている子犬を渡していました。
ほっとするシーンです。
こんなところにいたことを忘れてしまうくらい、あったかな家庭で、笑顔に包まれて幸せに・・・と願います。

愛護センターの獣医師が、言っていました。
「ここが、最後の砦だと思って、やっています。」
[PR]
by chobin-mama | 2009-12-09 13:05 | wanにゃん達 | Comments(6)

since 2005/11/19


by chobin-mama
プロフィールを見る
画像一覧