「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

おにいちゃんに躾するんニャ

ワン達が、朝起きて一番にする事は?
ママへのご挨拶。
「おはよう~^^ おはよう~^^」
可愛いひととき。

ちょびんは、朝目覚めて、ママに逢えたことが嬉しくて、大はしゃぎ。
何度も何度も、ごろ~んとなっては、おなかを見せます。
ママも、ちょびんのおなかを、よしよしなでます。
もう9年7ヶ月、毎朝恒例です。
ちゅらは、はやく自分をかまってほしくて、きゃっきゃ言いながら、そばで、うろうろしながら待っています。
ちゅらに目を向けると、「ぼくの番だね♪」と、ぴょんっぴょんっと、跳ねてやって来ます。
両後ろ足で立って、両前足でママに触れます。
ママも、ちゅらのお顔の両頬を、両手でよしよしなでます。
もう7年ちょっと、毎朝恒例です。

2番目にする事は?
朝のトイレです。
ママよりも先に、お庭への出入りをする窓で、待っています。
開けてあげると、元気いっぱいにお庭へ飛び出していきます。
・・・ですが、窓を開けると、あまりの寒さに、ちょびんは、Uターンして部屋の中へ。
まっすぐに自分のゲージに入り、♂犬用L型トイレで、上手にチッコしました。
だんだんと、室内トイレを使うことが自然になってきたのですね。
上手にできたちょびんを褒めると、本犬も、まんざらでもなさそうです。

そこへやって来たのは、アルちです。
ちょびんのトイレを、くんくんくん・・・。
そして、何度も、砂をかけるしぐさをしていました・・・^^;
「ちょびんにいちゃん、チッコした後は、こうやって、砂をかけるんニャよ。ちゃんと、においを消さなくちゃだめニャよ。」
(ちょびんのチッコの形跡は、さかなくんたちに、隠してもらいました。)
f0002833_13571520.jpg

いくら教えてくれても、ちょびんは、覚えないと思うけれど?
そういえば、ちゅらがチッコした時も、砂をかけるしぐさしていましたねぇ・・・。

More
[PR]
by chobin-mama | 2010-01-31 18:33 | アルタイル

オリジナル★チョコ

今年も作っちゃいます!オリジナルチョコ★
1箱のつもりが、結局、また2箱になっちゃいました。
写真を絞るのも、なかなかタイヘンです。
(チロルチョコのDECOチョコ

まずは1箱目・・・
左のちゅら。馬子にも衣装って感じですねぇ。けっこう、お嬢に見えます。
そして真ん中、偶然3ぴき揃ったクリスマス写真。アルち、親孝行な子だねっ^^
右のちょびん。どうしても、この写真を使いたかった。きゃわいさ120%!
世界にひとつしかない、オリジナルのラブリーニットです。
何年か前のことですが、ふ~さんが、試作品として編んだニット、申し込んで当選したのです。
もろママ好みのデザインで、絶対ちょびんにしか似合わない服だって、ちょびんの為にあるような服だって、強く思ったのデス。
(親ばかと笑って下さい^^;)
f0002833_18291473.jpg

次に、2箱目・・・
真ん中に、アルちが「キラリグーグー賞」をもらった時の写真を。
(フォトコンテストのリンク先はこちら → グーグー猫ちゃんフォトコンテスト
それから、ポストカードにできるよ・・・って言ってもらった、アルちの後ろ姿の写真。
そして、唯一バレンタインモードのチョコ。
でも、中の写真は、お正月の晴れ着姿の2ぴきですが~。
♂同士ですが、ラブラブな2ぴきのようにも見えるでしょemoticon-0152-heart.gif
f0002833_18292827.jpg

たいへん混み合っているそうですが・・・
今年は、出来上がりが、バレンタインまでに間に合いそうですよ~。
[PR]
by chobin-mama | 2010-01-28 12:38 | 犬猫グッズ | Comments(4)

アルちの冒険

バルコニーで遊ぶことが、大好きなアルち。
ママが窓を開けてくれるのを、毎日、楽しみにしています。
昨日も・・・
ダッシュで、唯一のお外空間へと飛び出していきました♪

最初にしたい事は、ごろ~んごろごろ。ごろ~んごろごろ。
背中も、すりすり~すりすり~。
そんなことをするから、ライトグレーに毛が染まり、フェイスシャドーが入ります。

アルちの、バルコニー遊び解禁は、昨年の秋頃。
こんなに小さな、お外の世界でも、次々に遊びを見い出して、楽しんでいます。
自分の居場所も、自分で決めたようです。
最初の居場所は、鉢植えのオリーブの木のそばでした。
アルちにとっての、安全地帯だったのでしょう。
ちょっと遊んだら、オリーブの木のそばに戻る・・・その繰り返しでした。
その頃の写真は、アルちとオリーブの木のものが、よくあります。

第二のアルちの居場所は、屋上階段の、踊り場の下に決めたようです。
鉄骨の枠と階段下が、うまい具合に、隠れ家のようになっていて、安心するのでしょう。
ちょうど太陽の光も入るので、ひっそりと、日光浴ができます。
アルちの居場所と決めた、屋上階段踊り場の下の前方に、階段があります。
その階段前に、ちゅらがいると、気に入らないようです。
強烈な猫ぱんちが、ちゅらに飛びます。
何しろ、ちゅらの3倍近くの体重がありますので、ちゅらは、突き飛ばされてしまいます。
この階段前や、階段の1~2段上は、おひさまがよくあたり、ちゅらのお気に入りの場所でもあるので、ちょっとかわいそうです。

そんなこんなで(?)、小さなお外空間にも、自分の居場所をつくって、遊んではそこに戻っていくアルち。
すっかり、このお外空間にも慣れたようです。
でも、あまりにも慣れすぎて、ちょっとハラハラさせられることもあります。
例えば、バルコニーの手すりに飛び上がり、塀の上を歩くように歩いていたり。
そして、手すりの上に座って、遠くを眺めていたり。
手すりの途中に、フラワーBOXがあるのですが、そこに飛び上がり、土遊びをしたり。
まだ花を植えていないので、どろんこ遊びができるわけです。
目が離せません。

そして、第三のアルちの居場所は、屋上階段の踊り場です。
このところは、すっかり、この場所がお気に入りです。
ここは、バルコニーからの階段を少し上がった場所なので、バルコニーから直接、階段の隙間を狙って、一気に踊り場までジャンプできるのです。
そして、その場所は、扉とフェンスに囲まれているので、アルちにとっては格好の隠れ家となっています。
時折、フェンスの隙間から、顔と体を覗かせて、道行く人や鳥達を、眺めています。

そんな過ごし方が続いたら、そろそろたいくつになってきた様子?
まだまだ好奇心旺盛のアルち。何か新しいことを発見し、遊びたいようです。
今度は、違う方向が、気になっているようでした。
その違う方向とは、踊り場の更に上へと続く階段です。
その階段を昇りきれば、屋上です。
今までよく、ここでじっとしていたものです。
用心深く、少しずつ、行動範囲を広げていくのですね。

時折、じーっと上を見ていました。
今日は、踊り場から、「にゃー、にゃー、にゃー、にゃー、、、」と、強くないていました。
何かをしようとしている時に、気合いを入れるかのように、奮い立たせるかのように、なくことがあります。
そのなき声だと気づいた時は、既に遅し。
階段を一気にかけあがり、屋上へとのぼっていました。
いた。。。(バルコニーからアルちを見上げて・・・)
f0002833_17552021.jpg

しかしながら・・・

屋上への階段を造るときに、業者さんにお願いしたことがあります。
それは、2つの扉です。
普通の家でしたら、シンプルに階段だけ造るでしょう。
しかし、我が家には小型犬がいます。落下の危険が心配でした。
勝手に昇っていってしまいそうな、ちゅらを防止するために、踊り場手前にひとつ。
勝手に降りていってしまいそうなちゅらを防止するために、屋上出入り口にひとつ。

その屋上出入り口の扉があった為、アルちは、そこで足止めされてしまいました。
その場で、横になり、おひさまにあたりながら、からだをなめていました。
f0002833_17561820.jpg

私が近づくと、慌てて下へと降りていってしまいました。
そんなに行ってみたいなら、遊びに付き合ってあげようかと、アルちを呼びましたが、来ませんでした。
(アルち、扉の開いている踊り場にて)
f0002833_1756436.jpg

でも、近々、アルちは決行することでしょうね。
ママのはらはらは、まだまだ続きます。
[PR]
by chobin-mama | 2010-01-26 11:26 | アルタイル | Comments(4)

みんなのすやすや時間

アルち、どーこだ?
ここは、ちゅらにいちゃんのベッド。
このベッド、だーいすき。
ぬくぬく・・・。
f0002833_20143249.jpg

ちゅらちん、どーこだ?
ここは、ちょびんにいちゃんのベッド。
このベッド、だーいすき。
ぬくぬく・・・。
f0002833_20144597.jpg

こ~んな風に、寝ています ^m^
f0002833_2015277.jpg

ちょびん、どーこだ?
ここは、ニンゲン用ソファ。
ぼくは、わんこじゃないよ、ニンゲンだよ~って、思ってる?
でも、ちゅらが来てからは、実はぼくわんこかも? って疑いも。
f0002833_20151557.jpg

一度寝たら、とことん眠り続けるアルち。
もう、おだんご状態になりました。
夕方寝はじめて、パパさんが帰宅しても、まだ寝ていて、夕食食べ終わっても寝ていて、そろそろ眠いな~と思い始めると、「なー♪」とか言って、起き出す子です(--;
f0002833_20152766.jpg


More
[PR]
by chobin-mama | 2010-01-21 20:29 | wanにゃん達 | Comments(10)

真冬のバードバス

バードバスに張ってある水が、野鳥たちの、屋外スケートリンクの様になっています。
午後になっても、溶ける気配はない日々が続いています。
千葉でも、目覚めた時に、氷点下のことがあり、冬真っ盛りなのだと、実感します。

実家から、もらってきた冬みかん。
昨日の朝、バードバスの餌台に、半分に切って置いてみました。
森や林には、エサがないのですね。
午前中のうちに、みかんの果肉が、すっかりなくなっていました。
春や秋には、こんなことはありません。翌日になっても、果肉が残っているくらいです。
午後になると、みかんの皮までも、1/2個分が、なくなっていました。
翌朝、冷凍みかんと化した、野鳥のためのみかんは、その姿がだいぶなくなっていました。
仕事から帰宅後は、餌台の掃除をする手間がない状態、すっかりなくなっていました。
みかんの皮まで食べる・・・。
春や秋には、全くみられなかった光景です。

りんごがひとつあります。
明日の朝食は、りんごを食べましょう。
皮を厚めに向いて、りんごの芯と一緒に、細かく切って、バードバスの上に置いてあげましょう。
また、食べに来て下さい。

我が家の末っ子アルちも、おおよろこびで、窓際にはりつくことでしょう。
先日は、興奮がおさえられず、窓ガラスに向かって、2回もダイブしました(--;
ケガはなかったようです~~~(^^;

(追記
1/20 朝
目覚めると、野鳥たちが、寒い中、ふくらんで電線に停まっていました。
バードバスに、りんごを置きました。
早速アルちが、窓辺にはりついています。
突然、ぎゅっと固くなりました。身動きしません。石のようになっています。
あ、鳥が来ているんだな・・・と、アルちの目線を追いますが、私には見つけられません。
高いところ~ 煉瓦塀の上か、デッキの椅子か、ガーデンシンクか、木の枝か?
色々うろうろ、目線を動かしますが、とらえられません。
パタパタッと飛んではじめて、いた場所がわかります。
猫の視力というか、獲物を一瞬にして捉える目の力って、すごいですねぇ。。。

今日は、小春日和になるとか。
休日に、暖かいのは、嬉しいです。
さて、どうやって過ごしましょうか♪
[PR]
by chobin-mama | 2010-01-19 18:17 | お庭 | Comments(4)

mamaのお弁当箱

さぶいです。。。
今日は、ショッピングへ出かけました。
ワン達の為に(?)、予約しておいたものがあって、取りに行ったのです。
そのついでに、雑貨や洋服を、ウィンドウショッピング。
冷え込む季節に、お店の中には、春色がいっぱいで、わくわく楽しくなってきます。
f0002833_18283975.jpg

桜の花の形をした、桜色のお弁当箱がありました。
とっても可愛くて、、、春待ち遠しくて、、、
私用のお弁当箱が、またひとつ、増えました。
いくつあるかなぁ。私のお弁当箱って。
上面も側面も、ぷっくり丸みを帯びている美しい姿の、黒い楕円形、二段のお弁当箱。黒いので、おかずの色合いが映えます。しっかりした量が入ります。
落ち着いたピンク系色柄のふた、二段のお弁当箱。ふた以外は黒なので、おかずの色合いが映えます。でも、ちょっとスリムで、私には足りないかな。食欲ない時用。
リサとガスパールのマトリョーシカタイプ、4重のお弁当箱。きれいな配色が目を惹いて、選びました。一番小さいサイズは、ワン達のおやつ入れタッパー。その他の3つを、使っています。
以上が、私専用のお弁当箱ですが、時折、内容によって、他の器やタッパーを使っています。
そして、春専用の、桜のお弁当箱ができました。
上段ががおかず、下段がごはんですが、お花見の季節に、おかずだけを入れて持っていってもいいかな。

私のお弁当時代は、長いです。
幼稚園。
小学校の給食室改装の間、数ヶ月。
中学時代。
高校時代。高校時代は、たまに学食を使うこともありました。クラスで注文をとっていたのですが、美味しいパンやさんの時にだけ頼んだりも。
その後の進学先や、就職先でも、ほとんどお弁当でした。
皆、母が作ってくれていました^^;
お嫁に行くまで、あわせて十数年も、作り続けてくれました。

結婚後も、同じ所で勤務していたので、自分で作るようになりました。パパさんのも一緒に。
「たいへんでしょう?」と言われましたが、色の配色や栄養のバランスを考えて作っていくのは、楽しかったですね。
その後、一時的に専業主婦をしましたが、時折、パパさんの分と一緒に、自分のも作って、お昼に食べたり。
今の勤務先でも、お弁当です。
時折、職場の女性達と、外に食べに行ったり、マックやスタバで買っていったりもしますが。
でも、おかずを詰めていくときは、どういうわけか、ちょっと楽しい気分になりますね。
しかしながら、若い頃と比べると、だんだん手を抜くようになりました~ ^^;

父が入院し、ごはんを食べる気力がなくなってしまった母に、病院へ行くたび、お弁当を作っていきました。
その時だけは、手を抜かずに作りましたね。
全部、きれいに食べてほしいと願って。
母が、私にしてくれたこと、そのままお返ししているだけでした。
[PR]
by chobin-mama | 2010-01-17 22:17 | mamaのつぶやき | Comments(6)

寒いけどおひさま

1月に入り、季節が冬であることを、やっと実感しています。
広がる青空と、降り注ぐ太陽の光が、嬉しい朝でした。
布団を干すのも、洗濯物を干すのも、寒くても楽しくなります。
竿を拭く為に、バルコニーの蛇口をひねると、そばのバケツに、氷がはっているのに気づきました。
バルコニーの隅っこの溝に流すと、けっこうな厚さの氷でした。
外に干したままの雑巾も、シャリシャリするような感触です。

布団を干したり、洗濯物を干したり、反対に、それらをとりこんだりする時は、ワンニャン達のバルコニー遊びタイムとなります。
ささ、窓を開けると、アルちが、おおよろこびで、バルコニーに出ましたよ。
すぐさま、端っこにある氷を見つけました。
一瞬にして、いつもと違う光景を察知します。
これには、いつも、驚かされます。
早速、観察タイムです。
f0002833_17393275.jpg

こんなに厚い、お外の氷を見るのは、はじめてです。
夏に、パパさんが出してくれる、製氷器の氷しか見たことも触ったこともありません。
f0002833_17394749.jpg

ワンニャンたちのベッドも、みーんな、おひさまにあてています。
風で、ふうわりと落ちてきた、ちゅらのベッド。
いつのまにか、アルちが入っちゃいました。
この中で、日光浴です。
わん達は、ガーデンテーブルの上に干してあるクッションやベッドの上で、日光浴中です。
寒いけれど、おひさまにあたるのが大切だって、知っているんですね。
f0002833_1740716.jpg

4時。セーター着ていても、ブルブル震えちゃうワン達。
でも、元気にお散歩行ってきました。
朝できた霜柱が、まだ美しい柱のままの場所もありました。

先日、3回は繰り返し観たDVD「Mr.ウィンクルの大冒険」のワンシーン。
Mr.ウィンクル(雑種)が、縫いぐるみの中に埋もれています。
夜は、ソファで、ぎゅうぎゅう縫いぐるみ状態が、あったかいかもね♪
f0002833_17402126.jpg

[PR]
by chobin-mama | 2010-01-14 17:54 | wanにゃん達 | Comments(6)

mamaの楽しいおもちゃ(?)

チズミルクです。
このミルクの中には、地図が入っています。
つまり、地図ミルクです。
パッケージから楽しいでしょ? ^^
f0002833_18585121.jpg

日本地図を作る他、都道府県のピースを取り札にして、かるた遊びもできます。
f0002833_18591422.jpg

紙のシートに、都道府県ピースを並べたり・・・
都道府県名の書いてない面を上にして、その地形だけで判断し、並べてみたり・・・
シートを置かず、ピースだけで、日本を作ったり・・・
色々な遊び方ができます。
f0002833_18592688.jpg

やり始めると、これが、かなり集中してしまいます。
どうしても、同じ県でつまづいてしまうワタクシ(--;
ちょっと遊んで、あとで甥っ子や姪っ子にプレゼントしてもいいかな・・・なんて思っていましたが。
mamaの楽しいおもちゃというよりか・・・
mamaの楽しいボケ防止策おもちゃ。または、脳内トレーニングおもちゃ。
という感じでしょうか。
日頃使っていない脳の場所を、使っているという感じがします。

More
[PR]
by chobin-mama | 2010-01-10 19:40 | mamaのつぶやき | Comments(14)

天使の服・ミツバチの服

ちょびんが、まだ小さかった頃。
ちゅらが、まだこの世に生まれていなかった頃。
おもいきって買った洋服。
ジョーカーで、とりわけ目を惹いた、天使の服。
小さな羽が、チョコンと背中についていて、こんな夢のある服があるんだ~♪♪♪
ちょびんにぴったり~~~と思ったのです。
ですが、こんな小さなわんこの服が、こんな値段???
と、びっくり。自分の金銭感覚になかったものですから、おもいきり迷いました。
でも、可愛いわが子が、もっと可愛くなる気持ちがおさえられず、買いました。
寒さ予防の服も、こんなに可愛ければ、楽しいし・・・と。
その時、そばにあった、天使の服よりお高い、ミツバチの服。これも愉快。
これも、その後しばらくして、我が家へとやって来ることに・・・^^;
f0002833_14142521.jpg

この頃から、小型犬のお店が、あちこちに増えていって、デザインも多様化していきました。
洋服、ハウス、ベッド、おもちゃ・・・etc.
そのうち、乳幼児が身につける子供服のような、犬用服が出はじめました。
なんて可愛い。。。と、はまりました。
お洋服は、寒さ予防。それから、旅行の時、レストラン内でのマナーとして(抜け毛防止)あればいい。
洗濯したときの替え程度があればいい。
そんな風に思っていたものの、あっという間に増えていきました。

犬の服にも流行があるようで・・・。
昔買った洋服は、すっかり古いデザインになってしまいました。
でも、最初の頃の洋服には、思い出も気持ちも残っています。
久しぶりに、天使の服を着せてみたくなりました。
この天使の羽、常に、この角度で、ピンとたっています。買ったときとかわらず。
ちょびんがこっちを向いていても、背中を向けていても、寝ていても・・・、いつも、天使の羽が、ぴょこんとなっています。
ちょびん、可愛いね。

ちゅらには、ぶんぶんハチの服が、ぴったりだよね^m^
この服を着ているちゅらを持ち上げて、空を飛ばせて遊んでみたり。
高い高いをされているようで、ちゅらも、楽しそう?
その姿が可愛くて、「ちゅら」じゃなくて、「ぶんぶん!」と呼んでいました。
きょとーんと、小首を傾げているちゅら。
f0002833_14145563.jpg

ちょっと、混乱させてしまったみたいです。
「ちゅら。」と呼ぶと、すぐにこちらへ走って来た子ですが、正しい名前で呼んでも、こちらを見ますが、???の状態になってしまって。
「ぼくの名前は、なぁに?名前、変わったの?」という感じでしょうか。
ごめんごめん、ちゅらはちゅらだからね~ ^^;
わんこって、本当に、賢い生き物です。
[PR]
by chobin-mama | 2010-01-07 14:15 | ワン達 | Comments(6)

三匹のワンニャンたち

昨年から今年にかけて・・・
ワンニャンたちの、変化なのか成長なのか、わかりませんが、記録的に残しておきたいことがあります。

まず、一番年若いアルちのコトから。
子猫の時は、ふみふみをしたことがなく、この子は出来ない子なのだと可哀想に思っていました。
一年後、ふと、これは、ふみふみ?と思ったことがありました。(私の膝で)
二年後、時折、これは、ふみふみだと確信できました。(私の膝で)
三年後、ママのそばでなら、長々と、ふみふみをするようになりました。
四年後、自分のゲージ内のベッドで、一人で、ふみふみをしていました。
ぐーぐー言いながら、一日に何度も、ふみふみして、眠りにつくようになりました。
不思議そうに、ワン達が見に行くと、いやそうに「ニャッニャッ!」とスタッカートのリズムのようになきました。
そんな光景が、当たり前のように生活に溶け込みました。
そんなアルちを、安心感をもって、目を細めて眺めていました。
次に、バルコニーデビューしました。
太陽の光も、外を吹き抜ける風も、直接肌で感じられます。オリーブの木もあります。
バルコニーで過ごすアルちは、なぜか、野生児に変貌します。
公園にいたときの、子猫アルちを彷彿とさせます。
今年は五年後。どんなアルちを見せてくれるでしょう。

次に、一番年上のちょびんのコト。
ちょびんは、室内のトイレで、チッコもうんうんも、できませんでした。
それは、ママの躾の問題でした。
子犬の頃、トイレのそそうをしたときに、叱ってしまい、それ以来、室内ではしなくなってしまったのです。
デリケートなちょびんには、気をつけなくてはいけなかったのです。
しかしながら、近隣の道路工事の時、その音と振動が怖かったのか、お留守番中に、ゲージ内トイレに、チッコをした後がありました。
こわくてした失禁・・・に近かったかと思います。
それをきっかけに、お留守番中なら、自分のゲージ内トイレでするようになりました。
後は、普通に生活している時も、普通にできるようになればと期待していました。
おそらく、できるようになるだろうとも思っていました。
地道に、仕事から帰宅後、トイレにした後があれば、お顔を近付けさせて褒めるようにしました。
ある日、皆で部屋で過ごしている時、パパさんが「ちょびんのトイレに後がある。」と言いました。
色とにおいから、これは、ちゅらではない、ちょびんだと判断できました。
ちょびんのチッコは、色も薄く、においもないのです。
すぐに、ちょびんを呼び、トイレにお顔を近付けさせ、たくさん褒めました。
さぁ、効果が期待できるでしょうか・・・。
夜遅くトイレに行きたくなるちょびん。そわそわしたちょびんを、ゲージ内に入れ、「ちょびん、しーしー。しーしー。」と声をかけました。
最初は、いやそうだったので、無理をさせず、お外に連れて行ったりもしましたが、ある日のことです。
ゲージ内に入ったちょびんは、ちょっと戸惑った表情を見せました。トイレをしているところを見られるのはいやそうです。
さりげなく、そこを離れ、わからないように見ていました。
ちょびんは、すぐトイレをしました。
扉を開け、出て来たちょびんを、おもいっきり褒めました。
パパさんを呼んで、褒めてもらいました。
褒められて嬉しかったちょびんは、私達の間を、何度も行ったり来たりして、褒めてもらっていました。
きりがないので、やめましたが^^;
それ以来、そぶりがあった時、室内トイレに入れると、すんなりと、するようになりました。
お外でするのが自然で、気持ちもいいのであろうことは、見ていてよくわかります。
でも、足腰が弱くなったり、寒さがきつい季節だったりするときは、ちょびんにとっても、室内でできたら、楽でしょう。
やれやれ。。。
子犬の頃の躾の失敗が、ちょびん9歳にして、やっととりもどせました。
今年、10歳になる年は、こちらの誘導がなくても、躊躇なく、自分で室内トイレができるようになるといいな。
そうそう、うんうんは、なかなか難しいかも~と思っていましたが、最近、朝、トイレでしていることがあります。

3匹のまんなか、次男ちゅらは?
真ん中に挟まれている苦労も、時折あるかもしれません。
でも、そんな時に見せるサインもわかるようになりました。
自己主張のサインです。
室内のあっちこっちにマーキングしはじめるとか。
ぼくのこと、もっとかまってほしいという時は、
遊んでよ遊んでよ・・・と来ることが増えるとか。
ちょびんのように、じっと我慢して耐えて・・・ということはないので、わかりやすいんですけどね。
一番心配のない子のように感じています。
我が家の子になったときから、特に、大きな心配も病気もなく、のびのびときています。
あ。でも、おにいちゃんになって、大人になったところもあるかな。
この子は、いつも、自然体で、いろんな環境を受け入れていきますからね。
安心していますが、ちゃんと見ているからね。

3匹共通、嬉しいコトは・・・
f0002833_187981.jpg

ソファを三匹で共有することが、増えてきたたコトです。
ママがごろん。3匹も一緒にごろん。
ママがいなくても、3匹一緒にいることも。
アルち、よくあきらめないで、おにいちゃん達にくっついていったね。
ワン達も、特にちょびん、よく受け入れていってくれたね。

今年の三匹の関係は、如何に。

※ この写真のアルちは、ショールはつけておりません。。。
[PR]
by chobin-mama | 2010-01-06 23:52 | wanにゃん達

since 2005/11/19


by chobin-mama
プロフィールを見る
画像一覧