<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

初カメラで・・・

新しいデジカメを購入しました。
時折、練習がてら撮っていましたが、今日は、ちゅら坊の、とっても可愛い表情が撮れたので、UPしたくなりました。

バラも終わり、我が家の小さなお庭では、ベリー類が色づいています。
ラズベリーは、真っ赤に色づいたことが、朝起きて、シャッターを開けると、すぐにわかります。
ですので、熟してすぐに、皆の口の中に入ります。
元気いっぱいのちゅら坊は、真っ赤になる前から香りがわかるようで、お顔をつっこんで、ふがふがと食べているところを、時々見かけてはいました。
そのせいなのか、何なのか~~~ 今年は、実が少ないような気がします ^^;

「美味しそうだね。食べる~?」
と、ラズベリーを近付けると、両前足をあげて、実のそばに近づきたくて仕方ない、ちゅら坊。
このしぐさが、ママのツボ。かわいぃ。
f0002833_2236982.jpg



さて、もう1ぴきの息子くんは・・・

 ↓

More
[PR]
by chobin-mama | 2011-06-29 22:46 | wanにゃん達 | Comments(6)

猫よけシート

我が家には、猫よけシートがあります。
のらちゃんの猫よけシートではなく、我が家の猫のために買ったものです。
そして、ほんの一部は、我が家のワン達のために使っています。

まず、アルちのおもちゃと化してしまった、ソファの裏地。
家を建てたとき、どんな部屋にしようか、夢をもって選んだ輸入物のソファ。
それが、アルちが物心付いたときから、お遊びの対象となってしまい、ソファの下もぐりこみ遊びが。
焦ったものの、いい対策が浮かばず・・・
あまりにも、あまりにも、あまりにもひどい引き裂き跡が・・・(TT)
その後は、修理に出し、裏地を張り替えました。(涙
なんとしても、ソファの下にはもぐらせまいと話し、パパさんが思いついたのが、この、猫よけシートでした。
アルち、何度かチャレンジしていましたが、あきらめた様子でした。(ホントかな?)

それから、このところやっていたのが、バルコニー手すりからの、玄関の屋根飛び降り遊びです(--;
飛び降りては、「たすけてぇ~」と、呼ぶ・・・ この繰り返しでした。
パパさんがいるときは、アルちを心配して、脚立で屋根まで降り(フラットな屋根)、抱っこして救出していました。
しかしながら、私だけの時は無理。
キャリーバッグにひもをつるして屋根まで降ろし、中に入ってくれないかと思ったり・・・
座椅子を直線にして、斜めに立てかけ、斜面を登ってくれないかと思ったり・・・
でも、変わったことをすればするほど、アルちは、怖がるのでした。
でも、結局、アルちは、頑張ってジャンプすれば、バルコニーに戻ってこれることがわかりました。
かなり頑張れば・・・ということなのですが。
戻るのは、そうたやすいことではないらしく、屋根に飛び降りたときは、一応、たすけてぇ~と、ないています。

ある朝のことです。
玄関チャイムが鳴りました。
バタバタしている時間帯にチャイムが鳴るのは珍しいことなので、どうしたのだろうと、少々驚いて出て行きました。
すると、ご近所の人。
「今、おたくの猫ちゃんが、屋根から飛び降りて、向こうに行ってしまって・・・。」と、たまたま犬の散歩で通りかかった方が、教えてくれたのです。
もう、真っ青。
指を指した方に、その方と行くと、チリチリ鈴の音が。
「アルー?」と呼ぶと、「なー。」と返事。
隣の家の駐車場に隠れているもよう。よかった。ご近所の方にお礼を言い、その方は、犬の散歩を続けられました。
ところが。
アルちったら、アルちのそばに行こうとすると、何故か、逃げる。
???
そぉ~っと近づいても、何故か、逃げる。
なんで???
とっさに、お尻を向けながら、後ろ歩きに近づいていくと、大丈夫だった。
どういうこと???
そして、階段にすわり、「おいで。」と言うと、ひざにやってきたので、即つかまえ、ギュウ~っと抱っこして、慌てて家に入った・・・ということがあります。
それにしても、何で降りてしまったのでしょうか。どこかの猫ちゃんが、通ったのでしょうか。
それは、アルちにしかわかりませんね。

何はともあれ、屋根から、道路に降りられることがわかりました。
玄関の屋根の下にある植裁付近に、葉っぱ類がやたら落ちていたので、これらがクッション材になったと思われます。
それから、隣家の方に行ったということは、やはり、近隣の野良ちゃんを追ったのかもしれません。
とにかく、玄関の屋根に飛び降りることを阻止しなければなりません。
そこで、猫よけシートを、たくさん買い足しました。
パパさんが、脚立で屋根に降り、屋根サイズに、シートを敷き詰めました。
効果大でした。

と、安心したのも束の間、助けを呼ぶアルちの声に、まさかと行ってみますと・・・
猫よけシートをしきつめてある玄関の屋根の、ほんの数㎝の隙間で、「たすけてぇ~」と、やっているのです。
降りちゃったのね・・・(--;
だけど、やっぱり、猫よけシートの上には乗れないので、困りました。
まず、座椅子をまっすぐにして投げ、その上に乗るように促すと、乗り慣れた座椅子なので、怖がることもなく、乗ったり降りたり。挙げ句の果て、まったりと横になってくつろいだり。
そこからジャンプするように促しましたが、それは、無理なようでした。
ふわふわしていて、がたがた動いてしまうのが、だめなようでした。
そしてまた、ほんの数㎝の隙間を歩いてみたり・・・それを見て、歩けるんだ、そんな細い場所・・・と感心したり。
どうにもこうにもならないので、ちょびんちん用のスロープを持ってきて、斜めに立てかけました。
このスロープ、パパさん手作りのもので、かなり長いです。
すのこを2枚つないで、その上に、絨毯生地を貼り付けたものです。
アルちも、たまに、爪とぎに使っていました。
ところが、このスロープを立てかけたら、何故か、こわがってしまい、ぷちパニックに。
あぁ、また、道路に飛び降りちゃったらどうしよう・・・と、焦りました。
がんばって、ジャンプしてくれればいいけど・・・と、何度も声をかけましたが、だめで、「たすけてぇ~」と、ないているだけでした。

30分くらいたった時です。
なんと!
なんと、アルち、家の外壁を登り始めたのです。
え”~~~っ???
直角の、直角の外壁に、爪を立てて、必死の形相で、昇ろうとしているのです。
む、むりでしょ。
びっくりした私は、バルコニーの手すりから、おもいっきり身を乗り出して、両手を、アルちの方に伸ばしました。
(今度は、私が屋根に落っこちたりして・・・)
そして、アルちの両手に届いて、思いっきり引っ張り上げました。
ぎゅぅ~っと抱っこすると、思いっきり安堵が生まれました。
「よくがんばった、よくがんばった。」と、抱っこしたアルちの背中をトントンたたくと、それを見ていた道行く人がニコニコして見上げていました。
どこから見ていたのかな。
手には、ペット用のキャリーケースがありましたね。

アルち、どう思ったかな。
「もう二度と、玄関の屋根には飛び降りないニャよっっ。」かな。
「やればできるんニャ。またチャレンジしてみようかニャ。」かな。
まだまだ、ママたちの心配は続きそうです。

さて、ワン達ようの猫よけシートは、お庭の門扉のすぐ外側に敷いてあります。
ワン達、通常は、そこから出ようとしませんが、無理矢理門扉の下をくぐって、出てしまったことがあるんです。
むぎゅぅ~っと、くぐろうとすれば、出られてしまうんですね。
そのことがわかってから、こちらも、用心しています。

大切な大切なわんにゃんたちですから ^^
それにしても、アルちとは、知恵比べになっていきそうです。困ったものです。

ここ数日、梅雨らしい湿気の強い、だる~い日が続いています。
そうなると、ちゅら坊が、ソファの下にもぐって、涼みながら寝るのが毎年のことなのですが・・・
昨日も、そうしようと思ったらしく、ところが、猫よけシートがあって、「きゃっ。」と、声をあげました。
その後、何か言いたげに、私の方にトコトコやってきて、じぃーっと見られました。
「ちゅらちゃん、今度から、ソファの下には入れないの。」と言うと、自分のハウスに行って、なぜか、トイレの上に、伸びて寝ていました。
ひんやりするのかな。
ごめんね、ちゅらの楽しみ奪っちゃって。
[PR]
by chobin-mama | 2011-06-21 23:59 | アルタイル | Comments(4)

バラの季節は終演を迎え・・・

「雨の日が好き。
しっとりとしていて、静かに家の中で過ごすのが好き。」
昔、そんな風に言っていた、太陽のような女性を、ふと、思い出した今日。
私は、爽やかに広がる青空と、キラキラ輝く太陽の日が好き。
家の外で、色々なことをして過ごすのが好き。
でも、今日は、長い雨。
たまには、こんな雨の日も好きになってみようかな・・・という気持ちになりました。

家の中で、
好きな音楽を聴いて・・・
たまっていた録画した映画やドラマを観たり・・・
そうそう、ブログも更新して、皆さんのところにも、ゆっくり伺って・・・
雨にぬれた小さなお庭の風景も、なかなか素敵かも~と眺めてみたり・・・
ゆっくりと流れる時間を楽しもう と、思ったのでした。

とりためた写真も、やっとPCにとりこんで、さて、ブログかな・・・と思ったら、何やら、外がキラキラしてきましたよ。
夕方になって、太陽が出て来ました。
では、いったんブログを中断して、ワン達のお散歩に行ってきます。
梅雨時になると、おなかゴロゴロになってしまうちょびん。
昨夜も、ちょっとおなかを壊したのです。
今朝もゴロゴロ大きな音をたてていましたが、ビオフェルミンを飲んだら、落ち着いています。
さ、胴巻きになっている腹巻きをとって、お散歩行こうね。

ただいま。
雨上がりの外の空気は、最高に清々しかったです。
皆、一斉に犬のお散歩に出たようで、いろんなわんこ達とすれ違いました。

さて、ちょびん家の小さなお庭のお話しです。
つるバラたちも終焉を迎えています。
ちょびん家の最後のつるバラ、ロサ・カニナが、満開で、最も美しい頃ですが、この雨に、少々傷んでしまったかも。
今年のバラは、なぜか同時期に咲いていたので、家のどこにいても、バラの甘い香りが、ふんわりとしていました。
こんなにも、同時期にたくさんのバラの香りを感じられる幸せな年は、はじめてではないかしら?
ロサ・カニナの甘酸っぱい香りも、あちらこちらでしていました。
ロサ・カニナが、こんなにも濃い香りを漂わせているのも、はじめてではないかしら。

最も最近の写真になります。カシワバアジサイです。
f0002833_1745345.jpg

この季節にふさわしい、なんとも清々しい花だと思いませんか。
f0002833_1746585.jpg

この前の日曜日だったでしょうか。
気がついたら、パパさんは起きていて、いつのまにか、さっさと朝食もすませていたみたいで、仕事に取りかかっていました。
疲れて、ぐっすり寝込んでいたわたくしは、全く気がつかず。一人朝ごはんとなりました。
せっかくですので、屋上から、ルッコラのベビーリーフと、スィスチャードの黄と赤の小さな葉っぱをつまんで、サラダに混ぜました。デッキテラスのハーブコーナーから、チャイブをつまんで、チーズオムレツに入れました。
ちょっとだけ楽しい朝ごはんとなりました。ぷち・収穫です。
我が家の最近のお気に入りは、奥に見えるミルクジャムです。
f0002833_1746248.jpg

クレマチスの、プリンセス・ダイアナが美しく咲いています。
真横から見ると、チューリップのような形で、シュッとしているシルエットの上品な姿です。
ふぅわりした色合いの庭の花々の中に、たまに濃い色があると、素敵感があります。
f0002833_17464482.jpg

バフ・ビューティ。今年はたくさん咲きましたねぇ。しみじみ。
パステルのあんず色。すっごく可愛い!濃厚な甘い香り。
f0002833_1747462.jpg

ピエール・ド・ロンサール。
芸術的な、この花びらの巻き方は、毎年見ていても、うっとりして、見入ってしまいます。
f0002833_17472335.jpg

5月のこと。雨が降るということで、慌てて摘んだバラたち。
無造作に、どんどん摘んでいたら、木のトレイに山盛りになって・・・。
部屋中に飾りましたっけ。
f0002833_17474370.jpg

シティ・オブ・ヨーク。
このバラの香りに惚れ込んで、我が家にやって来たつるバラです。
今までで、最高に、美しくたくさん咲いた年でした。
その為、香りも最高となり、惚れ込んでしまった時を、思い出させてくれました。
忙しく、余裕のないワタクシのことも、「ほら。こんなに咲いたわよ。ほら。こんなに香っているわよ。」と、イヤでも振り向かせるような感じで、毎日、癒してくれていました。
f0002833_17483695.jpg

手前の淡くパープルがかったピンクのバラが、シャンテ・ロゼ・ミサト。
その奥の、ミルク色のつるバラが、シティ・オブ・ヨーク。
f0002833_17485984.jpg

シャンテ・ロゼ・ミサトも、今までで最高に花をつけていました。
雨上がりの色合い姿が美しく、香りも素敵で、我が家にやって来ました。
雨上がりの美しい姿も楽しめた今年です。
巻き方も、色合いも、エレガントで、ときめきます。
f0002833_1749209.jpg

マダム・ハーディ。
白バラの中で、最も美しいバラと言われています。
3年目くらいでしょうか。つるも長く伸び、こちらも、今までで最高に、たくさん花をつけました。
デッキテラスの白い煉瓦塀にあるので、香りが、塀に囲まれて、たまります。
爽やかな香りです。
f0002833_1750030.jpg

その隣にあるのが、ガート・ルード・ジュキル。
香水になるバラです。
日陰に強く、病気にも強い、香りもあるバラ・・・ということで、バラ園の方に勧められたバラです。
我が家の、最も日当たりが悪くて風通しの悪い場所・・・という、最も条件の悪い場所にいるにもかかわらず、たくさんの花を咲かせ、よい香りも漂わせてくれる、優秀なバラです。
たくさんあるバラたちの中から、いろいろ捜して、惚れ込んで、我が家の庭にやって来た・・・
というような、他のバラたちとは違う理由でやって来たバラですが、今では、とっても愛しいバラです。
爽やかなマダム・ハーディの香りと、甘いガート・ルード・ジュキルの香りが混ざり合って、なかなか心地よい空間となっていたデッキテラスでした。
f0002833_182134100.jpg

シャリファアスマ。
このソフトなピンク色と、触れてもソフトな花びらと・・・そんな色姿だけでなく、香りも、とっても素敵なイングリッシュローズです。
絶対に我が家の庭に!と、迎え入れたバラです。
f0002833_17501612.jpg

「デッキで食べたいな。」
などと、珍しくパパさんが言ったので、ダイニングテーブルに並べた簡単なブランチを、デッキテラスの小さなテーブルに並べてみました。
なんとか、無理矢理並べられました。
5月のとある爽やかな休日。バラの香りに包まれながら、時折通李過ぎていく緑の風に爽やかさを感じながら、食事しました。
f0002833_17504374.jpg

ピーチ・ブラッサム。
パパさんが大好きなバラ。
道路際に、ひょろっとした苗を、白い小さなオベリスクと共に植えていたら、いつの間にかなくなっていたのでした。
そんなこともあり、悲しい想いをしましたが、再び、我が家に。
毎年、元気に咲いてくれています。このような透明感のある花びらは、他に見たことがないくらい、美しいです。
もちろん、香りも素敵です。
f0002833_17511040.jpg

最後に、アブラハムダービー。
微妙な色合いが美しく、香りも甘く爽やかで、素敵なイングリッシュローズ。
たくさんの花をつけた今年。玄関のそばにありますが、ドアを開けたとたん、ふわっと香りに包まれます。
つるバラは、もう終わりますが、イングリッシュローズたちは、これからも繰り返し咲いて、美しい姿を見せてくれ、素敵な香りで、私達を包んでくれることでしょう。
f0002833_17512772.jpg

長くなりました・・・。今日は、このくらいで。
現在満開のロサ・カニナの写真は、まだです。
花の姿をゆっくり楽しんで撮る・・・というより、忙しさの中、記録的に撮っている・・・といった今年でした。
それがちょっと・・・いえ、だいぶ、心残りですが、仕方ありませんねぇ・・・。

ぼくたちも、お庭、大好きだよ~。
f0002833_1751505.jpg

[PR]
by chobin-mama | 2011-06-11 18:37 | お庭 | Comments(8)

近況

11才のちょびんは、寝ていることが、増えています。
今日も、ママのベッドにもぐって、ママの場所で、なんだか、幸せそうでした。
ママッ子ちょびんは、ママのにおいに包まれて眠るのが、安心なのですね。
その時の、ちょびんのお顔は、まるで赤ちゃんで、とっても可愛いのです。

パパさんの、ちょっとした病も、少しずつ快復の兆しが見え、ほっとしているところです。
今日の夕食は、普通のごはんが、食べられました。
体調を見つつ、自宅で、たまった仕事、しています。(ようれんきんとやらでした)

今日は、雨続きの中、爽やかなお天気の休日となりました。
おもいっきり、洗濯をして、おそうじをして、お布団を干して、もちろん、ワン達のベッドも干して、部屋中の換気をしました。
カビ菌飛んでけ~ ハウスダスト飛んでけ~ ダニ飛んでけ~
アレルギーのママにとっては、お天気のいい日は、宝物のようです。
それに、お庭が大好きなパパママにとっては、お天気のいい日は、宝物のようです。
夕方に、ママの病院の予約をしてあったので、それまでに、家事をすませました。

予約時間通りに病院が終わり、帰宅。
さーて、今日は、2ぴき別々にお散歩するぞ!
ママが、お散歩の準備をしていると、2ぴきは、ノリノリでやってきました。
ちょびんちんは、ゆっくりまったり、ご近所の短いコースで。
ちゅらちんは、ちょっと遠くの広い公園まで、ダッシュのかけっこコースで。
パパさんが、ちゅらちんの大好きな縫いぐるみでひきつけている間に、ちょびんちんと出発。
短いので、すぐに帰宅^^;
そして、ちゅらと出発。
久々のロングタイムお散歩に、ちゅらちん、大興奮でした。
帰宅後は、デッキテラスで、ノンアルコールビールと柿の種。ほっ。

実は、ママ、この4月から、もともとの職業であった仕事に復帰しました。
今年に入ってから、体調がよくなっているのを感じ、復帰を考え始めていました。
というわけで、なかなか自分自身に余裕がなく、精神的体力的に、いっぱいいっぱい。
休日と仕事日のめりはりも、うまくつけられず、休日も、けっこう、仕事のことで頭いっぱいだったりしました。
高校のクラス会もあったのですが、なかなかふみきれずにいたら、クラスメイトからメールをもらい、ぎりぎりで、行く返事をしました。
すると、クラス会の時に、校歌の伴奏をしてほしいというメールが・・・(@@)
校歌・・・って、どんなだっけ?
というより、ピアノなんて、もう、全然ちゃんと弾いてないしーーー。
ということで、今回は、遠慮させていただくことに・・・。
クラスメイトの中には、ピアノの先生をしている人達もいるし、そちらに頼んでいただいた方が、ずっと、美しく演奏できるはず~~~ですが、その方達は、欠席でした。
なんで、ワタクシが言われたかといいますと、合唱コンクールでは、いつも伴奏を担当していたのです。
3年生の時は、校内合唱コンクールで、優勝したという、素敵な思い出もありましたねぇ・・・しみじみ。
クラス会、行ってよかった。
皆さんから、元気、もらいましたよ。
先生も、お元気そうでした。
皆、全然変わっていません(?)でしたが、近況報告タイムのときに、皆が口を揃えて言うのは、疲れがとれない、体力が落ちた、数日後に筋肉痛がくる・・・でした。
楽しかったのは、現在の制服を、幹事さんが着て登場したことです。
「何でもできる年頃になりました。」とか言って。
校歌斉唱の時、歌詞カードが配られましたが、見たら、すぐに思い出しました。
なんと、優勝した時の、合唱コンクールの自由曲の歌詞も配られて、皆で歌いました。
当時の指揮者が、指揮をして。
と、ところが・・・皆、高い声が出なくなっていました(--;
うーん。。。
高校時代は、確かに、高くて伸びのある声で、歌えましたのに。
ちょっと、いえ、だいぶびっくりです。

とにかく、パワフルに活躍している友人達のパワーをもらって、私も、自分自身を生かせる場で、お仕事、がんばりたいと思いました。

復帰してから2ヶ月。だいぶ慣れ、少しずつ、自分自身にゆとりも出て来ました。
明日も、いいお天気のようですね。
明日は・・・ 梅雨の間の、束の間のいいお天気を、楽しむ一日にしたいと思います。
最後のバラ、ロサ・カニナが、咲き始めています。
[PR]
by chobin-mama | 2011-06-04 22:41 | mamaのつぶやき | Comments(4)

ニンゲンの子???

f0002833_23325421.jpg

「犬を飼うということ」 最終章 を見ながらのブログタイムです。
お散歩に連れて行ってもらって、そこにあるシロツメクサで、首飾りを作ってもらったスカイツリー(ポメ)。
シロツメクサの首飾りの中には、たんぽぽの花もあって、すごぉく可愛い首飾り。
幸せなひとときのシーン。
わたあめみたいに愛らしさあふれる、スカイツリー。
もう少しで命の灯が・・・。
そんなTVドラマは、見ていられないというパパさん。
私も、つらいけれど・・・
 
裕福な家族に、病気が理由で見捨てられたスカイツリーを、つつましい生活の中でも、あふれんばかりの愛情を注いでいる家族は、本当に豊かな人達だと、断言できると思います。

どんなラストになるのでしょうか。
ブログをしながら見ているということは、やはり、心穏やかでない自分がいるのでしょう。

さて、今日のブログの写真は、長男ちょびんです。
ちょっとした(?)病で、仕事お休み中のパパさんですが、ママはお仕事に行ってきます!
パパがいてくれてよかったね。
一緒に、ねむねむしていてね。
ママの枕に、ニンゲンのこどものように頭をのせて、寝ているちょびんです。
ぷぷっ。
[PR]
by chobin-mama | 2011-06-03 23:44 | ちょびん | Comments(0)

since 2005/11/19


by chobin-mama
プロフィールを見る
画像一覧