<   2012年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

夢の蛍

前々から、やってみたい事が、いくつかありました。
遠い遠い夢ではなく・・・
ちょっと頑張ればできる事や、まぁまぁ頑張ればできる事、かなり努力してできる事・・・などです。

そのうちのひとつが、蛍を見に行く事です。
これは、ちょっと頑張ればできる事ですね。
蛍の季節に、蛍が光る時間帯に、見る事。
それに合わせて、時間を作ればいいわけです。
それが、今まで、なかなかできませんでした。

土曜日、その小さな夢が叶いました。

目を閉じれば、まだその光景が、目に浮かびます。
なんと幻想的な・・・
なんて儚い美しさ・・・
ちょっとせつなくなるような、そんな美しさでした。

暗闇に、ふわ~っと浮かんでは消える光。
その光は、いったい何百いたのでしょうか。
何百ではきかないかもしれません。

こどもの頃は、夕涼みのお散歩の時に、ふつうに見られた蛍。
いつの間にか、生活圏にはいなくなっていました。
数十年ぶりに出逢えた蛍たちでした。

用事をすませた後の夕方、バタバタと支度をして、車を走らせること1時間半。
どんどん山の中。
どんどん真っ暗になって、人も車もいなくなって。
ちょっと不安がよぎりましたが、その山奥に近づくと、案内の方が立っており、目的地に到着すると、別世界のように、たくさんの人達がいました。
蛍観賞のチケットを買うのに並び、蛍のいる場所まで行き着くまで並び、誰か若い人が、ディズニーランドのようだと話しているのが聞こえました。
小さな子ども達も、大勢、お父さんお母さん達と、いましたね。
蛍の住む森には、説明をしてくださる男性がおり、この方のお話も、とても楽しいものでした。
子ども達に囲まれて、次から次へと質問攻めで、子どもへの答え方も、なかなか!
小さな子ども達の、あふれるような疑問にも、感心させられました。

ホタルは、6~7秒光って、6~7秒休み、また6~7秒光って・・・を繰り返すそうです。
このゆったりとした瞬きが、不規則に、あちらこちらで、浮かび上がって消える。
心くすぐられる夢の世界です。

ホタルには、体温がありません。
ニンゲンの体温は、36℃~37℃くらいです。
そのニンゲンに触れられると、ホタルにとっては、とても熱く、弱ってしまいます。
そして・・・次の日には、死んでしまうそうです。
そっと、その儚くも美しい姿を、どうぞ、大切にしてあげてくださいね。

ちょっと頑張ればできる、私の小さな夢・・・蛍を見ること。
でも、蛍の住むことができる、美しい場所を作ることは、とてもとても、難しいことなのですね。
[PR]
by chobin-mama | 2012-06-25 00:43 | mamaのつぶやき | Comments(4)

かわいい

1番の、宝物。
寝顔を見ているだけで、幸せ。
昨日の2ぴき。
f0002833_17183758.jpg




~ちょびんの近況~
ちょびんちん
4月頃から、右側の歯磨きをいやがるようになっていきました。
ん?やり方がよくなかったのかな。痛かったのかな・・・と、気をつけてするようにしました。
でも、次第に、右側を触ろうとするだけで、激しく抵抗するようになり、右頬を拭くことさえも、させてくれなくなりました。
お口の奥を見ようにも、うまく見れません。
5月、おかしいということで、病院へ行きました。
右上の奥の歯肉が、腫れているように見えました。
12歳という年齢を考えると、全身麻酔をすることの不安が、とても大きかったママ。
でも、先生とよく話をした結果、歯石除去をしてもらうことにしました。
6月、手術。
心配だったけれど、診察室に、抱っこで連れてこられたちょびんを見た時は、本当に、ほっとしました。

ちょびんは、私の姿を見ると、赤ちゃんが両手を伸ばしてママに抱っこしに行くのと同じように、両前足を伸ばして、抱っこしてきました。
そして、爪の後がつくくらいの勢いで、力を入れて、私にしがみついていました。
ちょびんの爪の力なんて、たいしたことはありません。
でも、その小さな両前足の爪が、私の腕に、くい込むように感じました。
ママ、もうはなさないでね。ぜったいね。

先生から、説明を受けます。
右上の歯は、抜いたのですが、この世のものとは思えないものが出て来たと。
炎症による膿でしょうか。すごかったそうです。
痛かったのですね。
「あとは、もう、死ぬまで歯石除去をする必要はありません。」と言われました。
説明もよくしてくださり、私の質問にも、よく答えて下さる先生。
話しが長くなると、ひしとしがみついていたちょびんは、チラッと、先生の顔を振り返り、フンッと、おもいきり顔を振りました。
この子は、何か、不服があると、家でも、フンッと、鼻息を大きく出して顔を振るのです。
ママ、おうち。はやく、おうちにいこうよ。
先生は、この意味、わかったかなぁ・・・。
長い話しの間中、ちょびんの爪の力は、緩みませんでした。


今年は、ちゅら(もうすぐ10歳)の歯石除去と、歯茎にできたおできの細胞診もやりました。
今まで以上に、気をつけて、歯や歯茎を見ながら、歯磨きしています。
[PR]
by chobin-mama | 2012-06-19 17:43 | ワン達 | Comments(10)

小さなお庭の収穫

今日の収穫~♪ 
f0002833_1749098.jpg

食するのは、とれたてが一番美味しい。
一日遅くなるほど、味が落ちていく。
何にしよう。

美味しいものは、なるべく、シンプルに・・・。

キュウリは、そのまま、みそマヨで。
実がぎゅっと詰まっているであろう甘いナスと、肉厚で甘いピーマンは?

パパさんは、天ぷらがいいと。
私は、オリーブオイルで炒めて、甘辛の薄味をつけたのがいいかなと。
浅漬けもいいな。
少量ずつ、全部作っちゃおうかな。

今年の屋上野菜は、調子がいいぞ。
なんでかな。
あ。
土を全部、新しく入れ替えたんだった。
土改良材も使ったことがあるけれど、労ばかりで、効果の程はわからなかった。

キュウリは、今年は花が多く、次々と収穫できています。今日で5回目くらい。
ゴーヤも、ツルの勢いがあり、成長の仕方が、今までと違うような気がしています。
枝豆は、そろそろ。あともうちょっと、お豆がふくらんだらね。後、ほんの少し。明日かな。あさってかな。
アスパラガスは、もう何本収穫したでしょう。
収穫せず、葉っぱを育てて根を太くしたいものを含め、20本は頭を出したかな。
また今、太い頭が見えています。
インゲンは、どんどんツルを伸ばしています。花はこれからです。
3種のジャガイモは、全て葉っぱが枯れました。いよいよ収穫時です!
雨の降らない土日に、掘り上げることにしましょう。

甘くて、濃い味、濃い香りの味になる、家庭菜園の野菜。
プランターでも、これだけ楽しめます。オススメです。

お庭のラズベリーやワイルドストロベリーも、毎日収穫できます。
毎朝、ラズベリーをとっては、朝食のヨーグルトに添えて、いただきます。
とれたての熟した実は、とっても甘い!
もちろん、1個くらいは、わんずのおやつにあげますよ。
ワイルドストロベリーは、ちゅら坊の届かない場所に置いてから、たくさんの実が育っています。
しかも、大きさも倍くらい。数メートルずらしただけで、日当たりも随分違うというコトですね。
朝日がたっぷりあたるようになりました。今までは、西日がたっぷりあたっていました。

そうそう。
ピンク色の花が咲くジューンベリーの木。アルちの木。
お庭をリフォームした時に、やっと捜して、お庭に迎えました。
窓辺に置いて、この木に遊びに来る小鳥たちを、アルちがバードウォッチングできるように。
3年たち、淡いピンク色の花をつけるようになりましたが、実にはなりませんでした。
それから、数年たち、今年、はじめて、実をつけました。でも、たったの2つですが、嬉しい!
愛しいな。
パパさんが、熟していると言っていました。食べちゃおうかな。
f0002833_17492591.jpg

[PR]
by chobin-mama | 2012-06-18 16:56 | お庭 | Comments(2)

なんで。

金曜日の夜。
ソファにごろ~ん。
アルちが、待ってましたとばかりに、やって来ました。
ソファの下から、ママを見上げるアルちは、既に、ぐーぐー喉をならしています。
ぴょんと、ソファに飛びのるやいなや、ふみふみを始めました。
今、この部屋には、ママとアルちふたりきり。
誰に遠慮するでもなく、おもいっきり、甘えられると知っているのです。
おにいちゃんワン達は、上の部屋で、パパとまったりしています。

・・・・・。
気づくと、アルちは、わたしのおなかで、ふみふみをしていました。
いつまでも、両手で、ふみふみ・・・ふみふみ・・・。
わたし、そんなに、お肉、ついてしまったのかしら???

おもわず、吹きだしてしまい、笑いが止まらなくなってしまいました。
すると、びっくりしたアルちは、ソファのすみっこに行ってしまい、そこで、ふみふみを少ししたあと、丸くなってしまいました。
そして、横目で、私をチラッと見、「ちっ。」と言うように、右頬だけ、ひくっと動かして、寝てしまいました。
ヤンキーかよ。
[PR]
by chobin-mama | 2012-06-16 15:45 | アルタイル | Comments(2)

ふふっ。

パパさんの帰宅が、早い日がありました。
帰宅早々に、今日は、野球が見たいと言います。
ふむ。ふだん見られないから、気合い入ってるな。
でも、私は、ドラマが観たい・・・。
というわけで、それぞれ、別の部屋で見ることになりました。

では、誰がどこの部屋で見ることにしましょうか?という話しになり、パパさんは、疲れているので、ごろんとしながら見ていたいと言います。
じゃ、寝室。ワン達も一緒に連れて行って、久々、パパさんとまったりすればいいかもね。
ということで、私は、リビングで観ることになりましたが・・・。

その後、ワン達は、一体、どういう行動に出るかという話しになりました。
予想。
パパとママ、一体どっちのそばにいればいいのか、迷うでしょう。
じーじのちょびんは、ごはんの後は、ゆっくり眠りたいはずだから、ごろごろしているパパさんにくっついて、自分もごろごろ寝るでしょう。
ちゅらちんは、しばらく、パパのそばで、ごろごろした後は、ママの事が気になって、階段を降りて、ママの様子を見に来るでしょう。ドアのそばで、体を斜めにして、じーっと見るでしょう。そして、トコトコそばにやって来て、ソファでまったり、ママのそばで過ごすでしょう。
でも、しばらくすると、また、トコトコと階段を上がり、パパの方へ行ってみたり・・・ そんなことを、繰り返すような気が。
階段の上り下りができるちゅら坊は、行ったり来たりすること、間違いなし~と、二人で話して、別れました。

ところが!
しばらくどころか、すぐに、ちゅら坊は、やって来ました。
そして、その後すぐに、階段の上から、ちょびんの呼ぶ声が聞こえてきました。
何度もママを呼ぶ声。
パパさんが、抱っこで、リビングに連れて来ました。
そして、2匹は、その後、ずーっと、ママのそばにくっついて、過ごしました。

かわいい子達。ふふ。
[PR]
by chobin-mama | 2012-06-16 15:01 | ワン達 | Comments(0)

まどろみの一日

先週末からの、この一週間、公私共々、多忙で、あっという間に過ぎ去りました。
今日は休日。
あぁ、今日は、ゆっくりできるんだなぁ・・・ と、とてつもなく幸せな気持ちで目覚めました。
もっと寝坊すればいいのに、それも勿体なくて、いつもよりも早く起きました。

ワン達は、まだ、パパさんにくっついて、ベッドの中。
いつもは、ママにくっついて眠っていますが、ママがいなくなると、いつの間にか、パパさんにくっついて眠っているのです。

あー様が、下の部屋で、起きた気配を感じ、ないています。
「あーちゃん、おはよう!」と、ごろごろすり寄ってくるワイルドだけど可愛い子の、頬のあたりをよしよししてから、シャッターを、端の部屋から開けます。
華やかだった、つるバラの季節は終わるけど、ほんの少し残っているシティオブヨークの香りが、ふんわりと、窓から入ってきます。
窓から少し顔を出せば、アーチには、最後のつるバラとなる、ロサ・カニナが、愛らしく瑞々しい姿を見せてくれています。
小さな庭の端に、デッキテラスがありますが、その隅に、今、一番の満開であるカシワバアジサイが、たくさん咲いて、涼やかな景観を作ってくれています。
そのそばの、ラズベリーが、赤く色づき始めました。
シャッターを開けるたびに、小さな楽しみを見つけます。

コーヒーを煎れながら、ワンニャン達の水を取り換え、ごはんの用意をします。
一番の食いしん坊だったちょびんは、最近は耳が遠く、ごはんの用意をしていることに、気がつきません。
1番がちょびん、2番がちゅら、3番があーちゃん・・・以前は、この順に、ごはんのお皿を各自のお部屋に入れたのですが、今は、逆です。
ちょびんは、声をかけるまで、眠り続けています。

さぁ、次はお庭の水まき。虹を作りながら、たっぷりと、木々やハーブや花たちに、お水をあげます。
たちまち、小さなお庭は、清涼感に包まれ、緑の色も、瑞々しく生き生きとしてきます。
端に置いてある鉢に、青じそが、大きく数株育っていました。こぼれ種ですね。
次は、屋上の野菜たちにも。
今日の朝食のメニューが決まりました。
サラダは、デッキテラスから、レタス類、屋上から、キュウリとアスパラガスを収穫した、グリーンサラダ。
ヨーグルトには、赤く色づいたばかりのラズベリーをちらしました。
あとは、ポトフと、ロールパンにミルクジャム。
こんなふうに、バタバタせず、ゆっくりと朝ごはんの用意をし、ゆっくりと食べられるのが嬉しい。

ママは、洗濯が大好き。
こんな気持ちのいいお天気の日に、外に干している時間も、楽しみのひとつになっています。
水まきの後は、バルコニーも涼しくて、バラの香りも嬉しくて・・・。
明日から雨だから、ふとんもふっかふかにしておかなくちゃ。

最近は、別々にお散歩に連れて行くことも多いワン達。
一緒に行くときは、ちょびんはカートです。
ちゅらと、チョット遠い広い公園へお散歩に行きました。
かけっこかけっこ~~~と、はりきっていたけれど、今日は、とても暑い。
どんどん気温が上がってきて、ちゅらも疲れたみたい。お水とおやつの後は、速効引き上げ。
次はちょびんと思ったけれど、この暑さは、辛いだろうと、夕方に連れて行くことにしました。

ボーッとしすぎていて忘れていました。
今日は、洗濯機の修理屋さんが来ます。
パパさんを駅まで送った後は、慌てて掃除。その最中に、イケメン修理屋さんがやって来ました。
修理後は、掃除の続き。

わたくし、けっこう、バタバタ忙しい???ふーっ。

遅~~~いお昼ごはんを、適当にすませ、ソファにバタン。
お昼寝したい。でも、なぜかできない。
午後の陽射しが、なんて心地いいのでしょう。
音楽もTVの音もいらない。
自然の音だけ、聴いていたい・・・。
ソファから見える、傾いて柔らかくなった陽射しの色が、どこまでも心地いい。
その陽射しが作る、風に揺れる陰も、何とも言えないくらい素敵で。
こんな風景、ずっと見ていたい。
でも、陽はどんどん傾き、美しかった風に揺れる陰が、見えなくなっていってしまいました。
思わず、小さなお庭に出ました。
木々の枝の向こうから、木漏れ日が射しています。
キラキラ・・・キラキラ・・・。
芝生を踏んで、木漏れ日に近づきます。
ロサ・カニナの、とってもとっても小さい可愛らしい葉っぱに気づきました。
ロサ・カニナの葉っぱって、この時間帯は、こんなにきれいに見えるのだと、ちょっとした感動を覚えました。
そのそばのワイルドストロベリーが、また赤くなって、明日にはワン達のおやつにできそうなのですが。
この鉢、ちゅらに狙われるので、届かない高さのところに置いたのですが、日当たりもよく、どんどん育っているところです。
実もたくさん。
そういえば、子犬の頃は、このワイルドストロベリーの鉢の上にジャンプして飛び乗り、食べていましたっけ。
けっこうな高さがあったのですが、そこに、真っ黒いちゅらが、わさわさしていたときは、一体何をしているのかと、びっくりしましたっけ。思い出します。ワイルドなちゅらです。

こんな風に、ゆったりして、油断していると・・・やっぱり。
大きなラズベリーの鉢に、おもいっきり背伸びして、ちゅらが、実を食べているのです。
赤くなってもいない青い実も、実になる前の花も。
だから、下の方は、実がありません・・・。

5時半なのに、まだ29℃。
でも、暗くなる前にお散歩しましょう。
朝、暑くて行けなかったちょびんと、ちゅらも一緒に、ショートコース散歩です。
ちゅらちんは、家に戻ったとき、もう少し歩きたくて、必死の抵抗をしました。

まだ明るい。
明るいうちにお風呂に入ってしまいましょう。
今日は、ジャスミンの香りにしましょう。
のんびり入った後は、音楽を聴きながら、ローションパックもして。
まだ明るい。アンド 暑い。
バルコニーで涼みながら、アイスティーとお菓子で、読書。
涼しくなって、久々ブログタイム。

なんということはない、こんな一日を過ごしました。
お天気のいい日は、ワンニャン達と気持ちよく過ごすのが好き。楽しそうにしているのが可愛くて。心地よさそうにしているのが嬉しくて。
おうちの中の、好きなところで、思い思いに過ごさせてあげたい。
お天気のいい日は、小さなお庭の風景が愛しくて、デッキやバルコニーで過ごすのが気持ちよくて。
いい季節なのです。

そんな、ちょびん家のデッキテラスで、心地いい時間を過ごしているご近所さんがいるようですよ。
この前は、シルバーグレイの縞模様に、ブルーの首輪をしていた猫ちゃんが。
昨日は、白地に黒と茶だったか、三毛猫のような色合いで、赤っぽい首輪をしていた猫ちゃんが。
ずっとずっと以前は、茶トラの子猫ちゃんが。
この、小さなお庭で、まったりと過ごしていたのです。
びっくりしませんか。
仕事から帰宅すると、お庭にいるのですから。
カーテンや窓を開けると、慌てて逃げて、木の陰に隠れたり、その場に固まって、動けなくなってしまったり。
ちょびんママは、別に、いてくれたって、いいのです。
お散歩の途中で、立ち寄って、くつろいでくれていても。
今朝、パパさんにも話しましたが、私と同じように思っています。

また、遊びに来てね。
でも、あーちゃん、お友だちのそばに行きたくて、脱走しないでね。

さぁ、今日のごはんは、何にしようかな。
お庭で摘み立て青じそは・・・天ぷらがいいかな。

明日は、雨らしい。
仕事のスケジュールを見直して、勉強と、計画と、準備でもしましょう。
この6月は、大切に考えなくてはいけない時期で、大切に過ごさなくてはいけない時間になります。

徒然なるままに、書いてみたくなった、ママの一日でした。
[PR]
by chobin-mama | 2012-06-08 20:21 | mamaのつぶやき | Comments(0)

since 2005/11/19


by chobin-mama
プロフィールを見る
画像一覧