「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ちゅらは、カタツムリ or アルマジロ or ヤドカリ?

昨夜、ソファにて、気づくと、こんな姿になっていたちゅらです。

f0002833_19334318.jpg


夜は、すっかり冷え込むようになりました。
ソファにも、あたたかいブランケットを置くようになりました。
それでも、ちゅらは、いつも、ちょびんにいちゃんのバスタオルがいいのです。

この子は、自分で、寝床をつくります。
ママのベッドでも、ソファでも、自分のケージ内でも。
カリカリ、ほりほり、かりかり、ほりほり、しながら・・・
自分の前足や頭で、お布団や毛布やブランケットや自分のベッドを、色々動かして、納得できる寝床を作ります。
子犬の頃から、そうでした。

そして、この日も。
くるくるくるくる回って、ちょびんのバスタオルを巻き付けていました。

「まるで、かたつむり。いや、あるまじろ?」と言って、笑っていますと、
パパさんは、「ヤドカリだ。」と言いました。
「なんで?」と聞きますと、
「ちょびんの物を借りているから。」と、言いました。
「なるほど!」

何に見えますか?この、ちゅら。


上からではなく、横から写してみます。
安心しきって、眠っています。
可愛い寝顔。にいちゃんのにおい・・・しているのかな。

f0002833_19343653.jpg


今日は、ちょびんのバスタオルの上に、ブランケットを重ねて置いてみました。
ちゅら坊は、どうするでしょうか?

↓ こうなりました。
ブランケットは、どかして、やっぱり、ちょびんにいちゃんのバスタオルに、くっついていたいようです。

f0002833_19371419.jpg

[PR]
by chobin-mama | 2013-09-30 20:04 | ちゅら | Comments(0)

ちょびんの夢を見ました

月命日の翌日早朝、つまり、今日、ちょびんの夢を見ました。
いえ・・・
ちょびんの姿は、夢の中には出てきませんでした。
正しくは、ちょびんに関する夢・・・ということでしょうか。

夢の内容は・・・

ちょびんは、同じ住宅地内だけど、少し離れたTさんのおうちにいるようなのです。
パパもママも、ちょびんを、Tさんのおうちに、あげてしまったようなのです。
Tさんは、とっても元気で、あたたかい雰囲気の、愛犬家の女性です。
(ちょびんが来たばかりの頃、見つけると、よく、かけよってきて、可愛がってくれました。
ちゅらが来たときも、同じでした。昨年、Tさんも、愛犬を亡くしています。)

そして、パパさんに言うのです。

「ちょびんがいない生活なんて、耐えられない。Tさんちに行って、ちょびんを返してもらってきて!」 と。
焦って、慌てているママ。

そして、目が覚めました。
4時半でした。

なんということでしょう。
ちょびんを、あげてしまうなんて。
たとえそれが、どんなに愛情深い方であったとしても。

ショッキングな夢でした。

このまま、ママ、泣く?
朝4時半から、泣くのか?

かと思いましたが・・・
だんだん、はっきり目が覚めてきますと・・・
泣けませんでした。

そして、思いました。

「そんなこと、あるわけないだろぉぉぉ!!!」と。(--;

なんで、こんな夢を見てしまったのでしょうか。

この世にいないという現実を、どこかで、まだ受け入れたくない。
よそのお宅に、あげたのだから、まだ、この世にいるのだと思っていたい。
あげてしまうなんて、ひどいことをする飼い主だけれど、そこのお宅は、とても素敵だから、あげたとしても、幸せな時間を過ごしていると思っていたい。
そして、すぐにでも、我が家に、戻ってきてほしいと、焦りまくった。
でも、戻ってくるわけがないので・・・
そこで目が覚めてしまった。

あれこれ、夢分析をすると、疲れてしまいそうなので、やめますっ。
どう思いますか?こんなママ。
[PR]
by chobin-mama | 2013-09-30 19:57 | ちょびん | Comments(0)

はじめての月命日 数年前のちょびんのにおいがありました

もう、あのときから一ヶ月もたつのかと、思うほどです。

ちょびん、お元気ですか。

天国は、楽しいですか。

子犬の時、はじめてのことが何でも楽しくって、おめめをクリクリ大きくさせて、生き生きしていた姿を思い出します。

はじめての天国(笑 は、きっと、生き生き過ごしているのでしょう。

おひさまが、ぽかぽかで・・・

お花がいっぱいで・・・

草のにおいがして・・・

優しいお友達が、いっぱいで・・・

大好きな、アメリカンコッカスパニエルのはなちゃんと、スピッツのはなちゃんと、サモエドのチェリーちゃんと、シェルティのベルナちゃん・カレンちゃん親子と、マルチーズのラブちゃんと・・・あれ、女の子ばかりですね。
そう、シーズーのピットくんと、ゴールデンレトリバーのゴンちゃんと・・・会ったことはなかったけれど、大好きな店長さんの愛犬シェルティのゴンちゃんと・・・

天国で、仲良くしているかな。

ママには、みんなで楽しそうに遊んでいる姿が、目に浮かびます。

まるまるとしたちょびんが、おめめをクリクリさせて、おひさまの光に、毛がピカピカ光って・・・
あの、ちょびん特有の、いっしょうけんめい歩いているような、可愛い歩き方で、はりきって歩いている・・・
くんくん、くんくん、においをかぐの好きだった・・・
いろんなはじめてが、楽しくて仕方ない様子・・・

でも、天国に慣れたら、たまには、実家にも帰ってきてね。


月命日には、お庭の、ピンクのシュウメイギクを、少しもらって、飾っておくね。
ちょびん、お庭、大好きだったよね。
いただいたお花も、整理して、きれいな花と葉を、花びんに生けましょう。

f0002833_22595590.jpg


f0002833_230214.jpg


ちょびんが、最後に着ていた、ピンクのTシャツは、ずっと、ここに置いてあるよ。
まだ、ちょびんのにおいが、するんだよ~。まま、それが、とっても嬉しいの。
ちょびんは、衣装持ち。
ちょびんは、何を着ても似合って、可愛くて・・・
高いお値段のお洋服も、ずいぶん買ったけど、最後は、ホームセンターの500円Tシャツだったね。
ゆったりして、とても着やすそうだったから、年をとってからは、よく、これを着せてあげたね。

f0002833_2311583.jpg


そうそう、誕生石(イミテーション)の石が入った、宝石箱。
これを、乳歯入れにしていたママ。
4月16日生まれのちょびんちんのには、ダイヤモンド風の石。

f0002833_2315698.jpg


この前、久しぶりに、ふたを開けてみたら、ちょびんの毛で作った玉が入っていたよ。
何年か前だったか、忘れてしまったけど、3ぴきの毛で、小さな毛玉を作ったよね。
ちょびんの絹糸のような毛玉、ちゅらのスチールブルーの毛玉、アルちの真っ白な毛玉。
ちょびんは、ブラッシングしても、ほぼ抜け毛のない子だったから・・・
吹けばどこかに消えてしまいそうなくらいの、薄くてふんわりした、毛玉になったっけ。
なんとか、無理矢理、丸く作ったんだよ。

f0002833_2342954.jpg


それから・・・・
トレードマークの三つ編み。
トリマーさんが、長く伸ばしていて、ちょっと長すぎるかも・・・と、ママがカットしたものが、入っていたよ。
何歳の時のものだったかな。
10歳くらいかなぁ・・・。ブロンド色だった。
本当に、きれいな毛色の子だったね。

あとはね・・・
ガレットデロワのゲームで、ちょびんちんが当たった陶器のお人形も、入っていたよ。
いつだったかな。
ケーキについていた王冠も、ちょびん仕様に小さく作って、写真に撮ったよね。
ちいちゃな王子様みたいで、とっても可愛かったよ。

毛玉のことも、ガレットデロワのことも、みんな、記事にしてあると思うんだ。
思い出すけど、何歳の時だったのかな。
今度、ゆっくり、探してみよう。
ブログ、していてよかったって、つくづく思うよ。

嬉しいな。
ちょびんの姿は、なくなっても、ここに、いっぱ~~~い、いるんだね。
逢いたい時に、いつでも、いろんな年のちょびんに、逢えるんだね。
いろんなことしている、ちょびんに、逢えるんだね。

お空からは、ママ達のこと、見ていてね。
そして、たまには、実家に帰ってきてね。


********************************************


乳歯入れの中の、このようなものを見て、触れて、ちょびんを想うママでした。

そして、とても、びっくりしたことがあります。

何年も前の三つ編みや、毛玉だったりするのに、顔を近づけたら、ふんわりと、いい香りがしたのです。
シャンプー後に、三つ編みをカットしたり、毛玉を作ったりしました。
それを、この小さな箱に入れておいた為に、香りが閉じこめられていたのです。

ちょびんのにおいが、ここにも、残っていました。



7月22日生まれの、ちゅら用の乳歯入れには、ルビーのような赤い石がついています。
ちゅらの乳歯と、スチールブルーの毛玉が、入っています。

・・・・・・・・・。
アルちの、ないね。ごめんニャ。
毛玉は、いつでも、作れるね。いっぱい、毛、抜けるから。
乳歯は、ないね。あるちの爪でも入れておこうか。いっぱい、あちこちあるから。
なんだか、あるちのことは、お笑い記事になっちゃうね。
アルちの宝石箱も、タオルも・・・ないね。
買おうね。うん。買おう。
タオルは・・・使うことないような気もするけど・・・一応、3兄弟、みんな同じにしようね。
うん。買おう。



9月27日(金)~28日(土)にかけて、ちょびんを想いながら、作った記事です。
29日(日)の月命日は、家でゆっくり過ごしたかったのですが・・・
前々から、用事が入っていました。
パパさん一人で行ってくれないかな・・・とも思いましたが、無理そうで。
土曜日は、ちゅらとお外を楽しみながら、日曜日の月命日の準備をしました。
記事は、ちょびんが旅立ったと思われる時間に、予約投稿したいと思います。
[PR]
by chobin-mama | 2013-09-29 23:27 | ちょびん | Comments(0)

お外を楽しむ日

青空の下、お外をいっぱい楽しむ日にしよう~!
と思っていた土曜日です。

ちょびん家は、お庭のしその実で、漬け物を作ります。
しその実をとる作業は、パパさんに任せました。
この作業は、いい香りがして、楽しいんですよね。
パパさん、デッキテラスで、ちゅらと遊びながら、実をとっていました。
ママも、やりたかったのですが、いいお天気なので、家事も忙しくて・・・。
でも、いいお天気の時の家事は、楽しくもあります。
あく抜き後の味付けは、ママの仕事になります。
今年は、実をとるのが遅くなってしまったので、ちょっと固い漬け物になってしまうかもしれません。

そのまま、白いごはんにのせても可。
ドレッシングにしても可。
マヨネーズに少し混ぜて、サラダに使っても可。
お味噌に加えて、おにぎりの具にしても可。
あとは?

お昼は、バルコニーでバーベキュー!
の、予定だったのですが、諸事情により、また次回になりました。
まぁ、一番の原因は、おもいっきり朝寝坊を楽しんでしまったことですね・・・。
「あまちゃん」最終回を見て、あーだのこーだの、おしゃべりしていたことも・・・。

遅いお昼は、ちゅら坊が大好きな広い公園へ行って、食べることになりました。
マックのドライブスルーで、バリューセットを買って、そのまま公園に。

気持ちいいね~。

f0002833_2234153.jpg


テーブルのそばにある大きな木々は、モミジバフウ。
もうすぐ、真っ赤になって、とてもとても、きれいになります。
お星様のような、可愛い形をしています。
ちょびんちんのお顔より、大きい葉っぱで、真っ赤になると、よく、ちょびんちんの頭にのせて、遊んでいました。

f0002833_22342641.jpg


今日は、車で来たから、ちゅら坊、2周かけっこしても、大丈夫だよ~ ^^
車でおうちに帰るから、疲れないよ~。

今日は、気持ちのいい日なので、ちびっこ達でいっぱいです。
ちゅらを見に来た子もいましたが、ちゅらちゃん、おりこうでした。

かけっこかけっこ~!! 蹴り掘り蹴り掘り~!!
と、元気いっぱい、おおよろこびの、ちゅら。
可愛いなぁ。
おもいっきり楽しそうな姿を見ていたら、ママも、とても楽しくなりました。

心地よい時間 ♪
ちゅらちゃん、楽しかったね。

車で帰宅した後、ママたちは、ちゅらのための、ある物を買いに出かけました。
そのお話は、また今度。
[PR]
by chobin-mama | 2013-09-28 22:51 | ワン達 | Comments(4)

みんな みんな みんな

朝。青空。降り注ぐ太陽の光。
気持ちのいい一日の始まりの予感。

おひさま大好きっ子 次男ちゅら坊。
ご満悦の表情です。ぷぷ。なんか、笑える~。

f0002833_1927523.jpg


ママのベッドで、ご満悦 三男アル。
ちゃーんと、日だまりを、選んでる。

f0002833_19271842.jpg


アルちがどいた、その場所に、今度はちゅら。

f0002833_19273250.jpg


はいはい、シーツ敷くから、どいてね~。
・・・・・。
絶対に、どかない(--;
かえって、わくわくしているアル。なんか、笑える~。

f0002833_19274418.jpg


みーんな、楽しそうだね~ ^^
いい一日だね~ ^^


今日のお散歩。
ママの帰宅の途中、広い公園に向かうSちゃんとパパとすれ違って、手を振って~
すっかり日が短くなって、夕焼け空がなくなってからの出発になりました。
着いた時は、もう真っ暗。
ちゅら坊は、ロングリードで、すっごく楽しそうに、かけっこかけっこ~。
11歳のちゅら坊は、疲れてしまうから、広い公園一周で、帰ります。
ちゅらは、最近、名残惜しそうに、みんなを振り返るようになっていました。
お友達ワンが、「ちゅらくん、一緒に歩かないの?」と、ちゅらを振り返ってくれるようになりました。

帰宅後、ママのティータイム&PCタイム。
一休みの時間。

f0002833_1928069.jpg


毎日毎日、ちょびんのことを想い、色々な涙を流していたママでした。

今日は、まだ、一度も涙していません。

色々な話を聞きます。
半年くらいはだめだった。
2ヶ月は、毎日泣いていた。
亡くなってから1ヶ月以上たつけれど、毎日、泣いている・・・。

きっと、ママは、時間がかかるだろう・・・
自分でも、そう思っていました。

でも、今日は、まだ一度も。

はじめて、涙しない日。

それはきっと・・・この子達が、いてくれるからなのかもしれません。



今日、こんな、過去記事を見つけました。
回ってきたバトンに答えたものです。 → リンク先
ちょびんが、6歳の時のものですね。

その中の、Q7 を読んで・・・くすっとなりました。

Q7☆あなたの愛犬の将来の夢は何だと思う?
ちょびん・・・美味しいごはんをいっぱい食べて、パパとママが、ずーっとそばにいてくれて、甘えられて~ という今の状態が、いつまでも続くこと!(きっぱり)
ちゅら・・・・・ノーリードで、色んなところを、いっぱいかけっこして、いっぱい遊ぶこと!(きっぱり)


13歳の時に、同じバトンが回ってきても、同じ答えだったでしょう。
最後の時、パパとママが、ずーっとそばにいて、ずーっと甘えさせてあげることができました。

あ。
今日も、やっぱり、涙が出ちゃった。

バトン、答えてよかった。
[PR]
by chobin-mama | 2013-09-27 20:34 | wanにゃん達 | Comments(0)

朝の一笑い 昼間の大笑い 夕方のホッと笑い

〈 朝の一笑い 〉

と言えば、「あまちゃん」!!!

毎朝、すっごく楽しみにしています~ ♪
わっはっははは・・・という種類の、純粋な大笑いができるのが、楽しいな。
見逃した時の為に、毎日ブルーレイにも録画している、念の入れようです。

とうとう、最終週になってしまいました。
特に、水曜日と今日木曜日は、よかったなぁぁぁ。
この日の分は、消さずにいて、何度か繰り返して見ました。
薬師丸の歌のシーンは、感動的でした。
いつも思いますが、宮本信子さんと薬師丸ひろ子さんの、微妙な表情の演技は、さすがだと!



〈 昼間の大笑い 〉

と言えば、職場です。

まぁ、次から次へと、色々なことが、よくもまぁ起きてくる・・・というか、やらかしてくれる・・・というか。
笑いの余韻に浸る間もなく、次の事が、起きてくるのです。
笑いに変えることをするのも、私の仕事のひとつだったりもします。



〈夕方のホッと笑い〉

と言えば、ちゅら坊のおさんぽタイムです。
ママの帰宅後の、毎日の楽しみです。
ちゅら坊も、待ち遠しい時間になっていることが、彼の様子を見ていると、よく伝わってきます。
家から少し離れた、広い公園。
「まま、はやく~ はやく~ ♪ 」といった感じで、急ぎ足のちゅらです。
いつも顔を会わすワン達と、飼い主さん達。
そこでの、とりとめのないお話などが、楽しいママ。
ちゅら坊も、仲間意識みたいなのが、出てきた様子です。
お友達わんのことを、とっても気にするようになってきました^^

家に帰ってくると、必ず、玄関で待っている、あー様なのでした~。
[PR]
by chobin-mama | 2013-09-26 23:58 | mamaのつぶやき | Comments(2)

ママの母の、話し方

なんだか、昨日から、よく泣けるなぁ。
いやになってしまいます。
でも、まぁ、仕方ないです。
落ち着いてきたようで、また、涙して、思い出を笑って、また、涙して・・・
しばらく、この繰り返しなのでしょう。

色々な種類の涙が、入り混じります。

下記事にもありますが、職場で、ママを心配してくれた人から声をかけられて、話しながら泣いてしまったし。
これは、いろいろ思い出して・・・と、ありがとう・・・の、混ざった涙。
夜は夜で、電話で、実家の母が、ちょびんが亡くなってからどうか・・・と。
細かなことは話していなかったのですが、電話口で、ちょびんが逝く前後の、細かなエピソードを話していたら、また、泣けてきて。

年老いた母親の前で、泣くなんて。

いつの間にか、私の方が、常に親を気遣うのが当たり前の生活になっていたのに。

まるで、またこどもに戻ったかのように、泣きながら、自分の気持ちを話し続けました。

これは、親に甘える涙・・・だったんだと思います。きっと。
この年でも、こんな涙あったんだ・・・と、たった今、思いました。

母は、情緒溢れる話し方をする人で・・・
同じ言葉でも、今の気持ち、心、伝えたいこと、そのまま、言葉の微妙なイントネーションになって、表現力たっぷりに、表れるのです。
静かな語り方の時であっても、少ない言葉であっても、すぐに、心が伝わるのです。

「ちょびんは、本当に可愛い子だった。」
「ちょびんは、本当に幸せな子だった。」

たった、これだけのことを、思い出すかのように、静かに、ゆっくりと、二度ずつ繰り返しただけの、母ですが・・・
溢れるようなあたたかい気持ちと、寂しい気持ちと、娘を慰める気持ちが、たっぷりと伝わってきて・・・
母の言い方に、心が、するすると、ほぐれてしまったのです。

その後は、泣き疲れたこどものように眠った・・・と言うと、オーバーですが、そんな感覚でした。
泣いて疲れて、眠くなりました。

残念ながら、母の話し方は、娘には引き継がれませんでした。
この話し方、土地柄も、あるのかな。どうかな。(新潟の田舎)
遠い記憶を辿ると、そんな気がしてきます。

祖母が亡くなり、実家を次いだ叔父も亡くなり、すっかり行かなくなってしまった母の実家。
ママは、生まれは新潟の長岡市なのですが、3歳から千葉の人間です。
話し方も、こちらの人間です。
こどもの頃はわかった、そちらの方言も、今はすっかり、わかりません。


何年も前、ブログを始めた頃だったかと思うのですが・・・
我が家唯一の、バカラのグラスの事を書いた時だったでしょうか・・・?

「いつまでも、あると思うな、親とバカラのグラス」

と、思わず吹き出してしまったコメントを、くださった方がいたこと、思い出しました。
[PR]
by chobin-mama | 2013-09-25 19:52 | ちょびん | Comments(2)

今日のお庭と、ママの一日

この夏は、職場の方々、楽しい旅行に出かけられたようで、お土産を、色々いただきました。
確か、8月20日過ぎくらいに、いただいたのだと思います。
ですので、ままは、ちょびんのことで頭がいっぱいでした。
今、ゆっくりと、心が落ち着いてきていて・・・やっと、その素敵なお土産を、手にとれる気分です。

「これ、私のお気に入りのパックなんです♪」と、若くて可愛い女性からの、韓国土産。
今朝は、このパックをしてみました。
甘酸っぱい、レモンの香りがしました。
韓国のりも、もらったのですが、これは、既に、食べてしまいました。
韓国のりも、様々。非常に、美味でした。

f0002833_19132079.jpg


ダイニングテーブルには、秋の雰囲気の、ランチョンマットを置いてみました。

f0002833_19255593.jpg


その後は、きれいになった小さなお庭で、ゆっくりと、コーヒーを飲みました。
涼しくて、気持ちのいい朝でした。

f0002833_1925440.jpg


今、一番可愛く咲いているのが、ピンク色のシュウメイギクです。
まだまだ厳しい暑さの残る8月の後半・・・そう、ちょびんが、精一杯頑張っている時から、咲き始めていました。
水まきもせず、カラカラのお庭で、頑張って、次々に花を咲かせていました。
今、何十という蕾をつけています。

f0002833_19294466.jpg


スィートバジルです。
この夏に、バジルソースを作るつもりで、春から、茎や葉を摘んでは、大きく育てていました。
作ることはなくなって・・・昨日、パパさんが、お庭の手入れをしている時に、抜いてくれるように、頼んでありました。
でも・・・ふと、種をとってみようかな・・・と、思いました。
種・・・どこ? まぁ、よーく見れば、わかるでしょう・・・^^;

f0002833_19313655.jpg


これ、レモングラスです。
とあるご近所の家のまわりに、はやし放題になっている雑草(><)のようです。
でも、大好きなレモングラスです。
どうしようかな。刈り取って、乾燥させようかな。

f0002833_19342875.jpg


実家の父がくれた、紅葉。
色づいてきました。
緑や赤が、にじみ合うような色合いの時が、一番好きです。
お皿に飾ったり、箸置きに使ったり、したいです。

f0002833_1935642.jpg


青じその実~。
塩漬けにしま~す。

f0002833_19352698.jpg


スィートドリームの蕾が、ふくらんできました。
玄関前では、ピーチブロッサムが、春から、繰り返し繰り返し、咲き続けています。

f0002833_19361228.jpg


今日は、夕方は、雨の予報でした。
ですので、出勤するパパさんをバス停に送りがてら、ちゅらと、あの広い公園へ、お散歩しました。

今日も、おはぎを買ってきました。
帰宅後のティータイムは、お庭のデッキテラスで・・・。
芝生が短くなって、ちゅらも、かけっこしやすいようです。

f0002833_1937921.jpg


お散歩はすんでいるので、ゆっくりできる夕方のはずでした。
でも、でも・・・ちゅらの目が、催促をしているのが、期待しているのが、わかりました。
というわけで、またまた広い公園へ、お散歩に行きました。
夕方行くと、おともだちワンに、会えます。
「ちゅらさん、ガウガウ言わなくなったね。」と、言われました。
いろんなわんこと、ふつうに、わんこの挨拶ができるようになってきました。
じーじのちゅらは、公園一周して帰るのですが、名残惜しそうに振り返っていました。
というわけで、帰りは、ままだっこで帰宅のつもりで、一緒に、もう一周しました。
とっても、満足そうでした。
そんなちゅらを見ていると、ままも、とっても嬉しくなりました。
やっぱり、帰りは、ままだっこになりました。

今日は、帰り際、職場の人が、小走りにやって来て、声をかけてくれました。
私より、一回り近く年下の女性です。
あたたかい雰囲気が、にじみ出ているような人です。
しかも、仕事のできる、ママが、とても信頼している人です。
彼女がすることならば、まかせていいと、思っています。

私のことを、心配してくれていたようです。
「虹の橋って、知っていますか?」と。
それを伝えたかったようで・・・。
彼女の亡くしたハムスターのお話・・・どう亡くなったか、ふと感じる、ある出来事とか、いろいろな話を聞きました。
私の気持ちがよくわかるのだと、言ってくれました。
そして、ちょびんの話も聞いてもらっていたら・・・
また、ぽろぽろと泣いてしまった。。。。
でも、彼女の前ならば、いいのです。

「亡くしたばかりの時と、時間がたってからの時とでは、『虹の橋』の受け止め方が違うから、ぜひ、読んでみてください。」と。
「みんな、私が倒れてしまうのではないかと、心配していて・・・。」と、言われてしまいました。
そんなに悲しそうだったかな。辛そうだったかな。

いや、悲しいでしょ。辛いでしょ。誰でも。
大丈夫ですと、お伝えしました。
忙しい中、いつも、バタバタしている雰囲気でしたが、そんな風に気にして頂いていたとは・・・。
ちょっと、びっくりしました。
でも、感謝します。心から。
がんばります。


ごはん、ぱくぱく食べているし、職場で、すごーいエネルギーもらっているし、大丈夫っっ!
正直、ちょびんが、年を越せないと言われた時は、ずっとずっと、そばにいたくて、辞めたい勢いでした。
でも、数年前、ママの足が治って、この仕事に復帰できたときは、本当に嬉しかった。
幸せでした。
そんなお話も、ちょびんにしていたと思います。
もし、ママが、自分の為に、大切なお仕事を辞めたとわかったら、優しいちょびんは、きっと、悲しんでしまうだろうとも、思いました。
迷いながらも、続けていたのですが、余命宣告から、ほんのわずかで、逝ってしまったのです。

ちょびんの夢は、全く見ません。
姿も、見えません。
感触も、感じません。

感じたいのに。

色々な飼い主さん達から、感じる話を聞きますが、ままは、何も。
今日、声をかけてくれた同僚も、ふわふわふわっと、動くものを感じるそうで、「我が家では、まっくろくろすけと呼んでいるんです。」と、言っていました。
亡くなったハムスターが、来ているんだと思っているそうです。

何で、ママは、何も感じない?

ちょびん・・・
天国、そんなに楽しいの?

今朝も、「ちょびんを感じない。おうちに来ていないみたい。そんなに天国楽しいのかしら。」と言うと、
「それならそれで、いいことだ!」と、パパさんが元気いっぱいに言い、二人で笑い合いました。

ちょびんのことで、笑ってます・・・ママ。
[PR]
by chobin-mama | 2013-09-24 20:58 | お庭 | Comments(4)

ちょびんにいちゃんからの引き継ぎ完了!  その他

「ちょびん、おはよう~ ^^」
と、朝のごあいさつをして、ふと、気がつきました。
ペットショップの店長さんからいただいた、ちょびんの写真があり、ちょびんコーナーに飾ってあります。
きっとこれは、今年、13歳の春のトリミングの時のものだと思います。
そこに、かすみ草の小さな花が、ひとつ、ありました。

f0002833_18425778.jpg


もうちょっと、ズーム。
なんで、こんなところに?

f0002833_18432118.jpg


今日は、秋分の日。
昼と夜の時間が同じになる日。
あの世とこの世が、一番近くなる日なのだそうです。(付け焼き刃です、、、)

ちょびん、おうちに、帰ってきたの?
「まま、ぼく、来たよ。」の、サインなの?
と、思ってみたかったママです。
パパさんは、アルのいたずらだと言います。
でも、ばーば からもらったお花は、ラッピングしてあるし・・・とかなんとか、ねばっていると、
「そーだね。ちょびんかもね。」と、な~んか、心のない言い方を、されました。 (--;

こんな朝のはじまりでした。

ちゅら坊です。
なぜか、朝ごはんの後、ここにいます。
ちょびんは、365日、毎日毎日、食事の後、こうやって、ごはんチェックをしに来ていました。
「だっこして~。」と、やって来て、お膝に乗せてもらって、テーブルの上のチェックをするのです。
そんなとき、いつも、生き生きとしていました。
我が家では、それを、“ ちょびんチェック ” と、呼んでいました。
ちゅらは、そんなこと、したことがないのに・・・今、同じ事をしています。
ちょびんから、いつの間に、そんな引き継ぎ事項があったのでしょうか。

f0002833_18523079.jpg


昼食の後も、やはり、同じことをしに来ていました。
きっと、今日の夕食後も、そうするのでしょう。
引き継ぎ事項、完了です ^^


今日も、爽やかで気持ちのいい日です。少し、風が強めでしょうか。
アルちは、網戸に張り付いている、小さな虫を、ガン見して、微動だにしません。

f0002833_18542656.jpg


カセドラルを、出してみました。
この、小さなお庭が、うまく風の通り道になったようです。
一日中、優しく、美しく、ゆったりとした音色が、奏でられていました。

f0002833_18562225.jpg


今日は、パパさんが、一日、お庭の整理をしてくれました。
草むしり、枝の整理、芝刈り、鉢の整理、家回りの掃除・・・などなど。
すっきりしたお庭で、あっちとこっち、パパとママで、ちゅらと、おいでのかけっこ遊びをしました。

今日も、おはぎを予約しておき、取りに行きました。
バルコニーで、食べました。

f0002833_1857212.jpg


夕方、風と雲が出てきました。
早めのおさんぽ。
ちゅら坊、はりきって、広い公園へと、パパとママを連れて行きました。
ロングリードをつけて、かけっこかけっこ~ 蹴り掘り~ !
おもいっきり、楽しそうです。

ちょびん家の住宅地に戻ります。
入り口にある小さな公園にもよって、家に。
まだまだ、帰りたくないようです。
仕方ないねぇ・・・と、にこにこと、住宅地内も、少し歩いて、おうちに帰りました。
今、満足げに寝ています。

今夜は、冷えそうです。
冷える前、夕食の前に、バルコニーで、献杯したいと思います。
この3日間、毎日、献杯していた、パパとママです。
ノンアルだけど。




 
[PR]
by chobin-mama | 2013-09-23 19:24 | ちゅら | Comments(0)

楽しい夜のおさんぽ

日曜日。
ちゅら坊とアルで、お留守番。
ごめんね・・・パパとママは、ご用事があるの。
いつも、お留守番の時は、静かなのに、今日は、ないていたちゅら坊。
どうしたのかな。
用事がすんで、まっすぐに帰ったよ~。

この日は、ちょっと遅い、お散歩になりました。
だから、ご近所散歩にしたのに、家まで戻ってきたら、「いやだよぉ~。」って、ちゅらが、踏ん張ります。
ちっちゃな体で、力一杯ふんばって、がんばるものだから、ママは、根負け。
仕方ないなぁ。。。。って、いつもの、ちょっと離れた広い公園へ、行きました。
というか、ちゅら坊に、連れて行かれました。

広い広い公園は、ちっちゃなちゅらの、貸し切りでした。
涼しくて、気持ちよくて、いっぱい、かけっこ、蹴り掘り。
楽しかったね。

f0002833_18303556.jpg


自宅の方に向かうと、住宅地の入り口に、小さな公園があります。
ちゅら、「ここにも寄りたいよ~。」って。
一回りしてから、家に戻りました。

それでも、まだまだ歩きたがるちゅら。
よっぽど気持ちよくて、よっぽど楽しかったんだね。
でも、今日は、もうおしまい。
ちゅら坊も、もう11歳だから・・・。
明日のお楽しみだよ~。
[PR]
by chobin-mama | 2013-09-22 23:53 | ちゅら | Comments(0)

since 2005/11/19


by chobin-mama
プロフィールを見る
画像一覧