<   2013年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ちゅらのお薬中止 あんど 今日は元気です

ぽっかぽか。
今日は、春のような、素敵な日でした!
やわらかいあたたかさは、体も心も、ほっとさせますね。
しかも、まま、いつもより、出勤時間が遅いので、余裕な感じも。ふふ。

今日は、写真を撮らなかったので、いつものまったりな光景を。(10月18日 撮影)

f0002833_19264490.jpg


f0002833_19272020.jpg


気持ちいい青空の下、ちゅらのお散歩がてら、お仕事に行くパパさんを、バス停まで送って、バイバイ。
広い公園を、お散歩して~かけっこして~ この時間だと、いつものお友達ワンは、いないけど・・・
他のワンちゃん達と、会えたよね。赤ちゃんワンもいて、可愛かったなぁ。
ままは、家事をたっぷりやって~、その後は、ちゅら坊と、おもちゃで遊びました。
楽しかった。可愛かった ^^


昨夜、パパさんと相談の結果・・・
先生は、飲ませていいと言いましたが、今日から、処方された薬を飲ませないことにしました。
木、金曜日と、薬をやめて、様子を観察。
土曜日には、先日診てくれた先生がいるので、連れて行くことにしました。

飲ませない理由は・・・

①下の記事にもありますが、パパさんが、処方された粉薬を、ちゅらに与えやすくするために、カプセルに入れました。
でも、入れながら、量がずいぶん違うと、言っていました。
カプセルは、5号サイズです。
その中に、7割くらいの量で、すかすかの物と、いっぱいで、串で、きゅっきゅと詰めて入れた物が、あります。
人間でしたら、たいしたことない量だと思いますが、こんなに小さな子には、影響はどうなのだろう・・・
そんなことを、感じさせました。

②日曜日の夜から与え、月曜日の朝も、与えました。
しかし、その後のお散歩で、ちゅらの様子が、いつもと違うと感じました。
いつもとは足取りが違うような気がしました。心なしか、スピードが遅いような・・・そんな気がしながら、広い公園へと行ったのです。
かけっこも、してはいましたが、ちょっと、のんびりモードで、ゆっくりでした。
その後、公園の出口では、木々のところを、くんくん、うろうろしはじめ、それが、いつまでもいつまでも続きました。
あれ?と、思いましたね。こんなこと、ふだん、ないですから。
しゃきしゃきと、歩く子なんです。
どうしたのかと思いながら、家へと向かいました。
そして、ちょびん家の住宅地に向かって、道路を渡るとき、なぜか、突然、止まってしまいました。
しかも、道路のど真ん中で。
車も向こうから来ています。
慌てて、リードを引っ張って渡りました。
車の音や、車のそばは、とてもいやがる子です。
それが・・・ずーっと、道路の真ん中で、たちすくむなんて、おかしいと思いました。
道路を渡ってからも、足は、あまり進まず。15~6の老犬との散歩のような状態でした。

おかしいな。。。

飼い主にしかわからない、ちゅらの様子だったのです。

でも、ごはんはよく食べ、便の状態もよかったです。

帰宅後のパパさん、抗生物質の影響で、ぼーっとしていたのかもしれないと言いました。
ママも、そうなのかも・・・と、思いました。
こどもでも、そういうことが、ありますので。

また、2回飲んだだけで、ちゅらの口のにおいがなくなっていることに、気づきました。
おしっこのにおいも、なくなりました。

すごいですよね?こういうものなのでしょうか?
でも、強すぎるのではないかという不安も、ありました。

③火曜日。いつもどおり。
お散歩の様子も、ふつうでした。
月曜日のような状態は、ありませんでした。
安心したのですが・・・

④水曜日。
仕事から帰宅後、元気いっぱいのちゅらと、ただいま~おかえり~ただいま~おかえり~。
ところが、その直後、ケージ内の3カ所に、嘔吐跡を発見した・・・というわけです。
元気な状態であることだけが、救いでしたが、その時のびっくりした気持ちったらありません。

あ”~、ちょびんのことがあってから、ママ、少し、過敏になっているのでしょうか。

病院に電話し、様子を伝えると、下の記事のような対応があったというわけです。


さて、今日は・・・
まったり過ごしていたちゅらです。
朝のおしっこは、お庭に出たいようでしたが、チェックの為、室内で。
においは、するようになりましたね。
ひなたぼっこの後、咽奥から、ケーッケッ、ケーッケ、という音は、出していましたねぇ・・・。
なぜ、ひなたぼっこの後なのか、わかりませんが。
こんな風に出るようになったのは、お薬を飲まなくなったせいなのかなぁ・・・。

帰宅後、嘔吐跡はありませんでした。
元気いっぱいです。
ごはんも、よく食べました。
今のところ、ケーッケ・・・は、ありません。

どうなのかな・・・まぁ・・・観察は、続けましょう。
そして、土曜日に、先生に、お伝えします。
[PR]
by chobin-mama | 2013-10-31 19:38 | ちゅら | Comments(2)

ちゅらが吐いた理由は?

帰宅して、ケージを開ける。
いつも以上に元気な様子。
きゃっきゃと、走り回って飛びついて・・・。
なんだか、興奮気味。
でも、元気な様子が嬉しくて、ママも元気になった。

ちゅらっぽ~い!
きゃわいいなぁ。
なんてね。

・・・が、その後、ちゅらのケージに、嘔吐の形跡を発見。
あっちとこっちとそっち、3カ所。
なんで???

日曜日の夕方に、抗生物質を出されて、一日2回だから、今日で、飲んだのは6回目。
体に合わなかった???
とりあえずは、病院に電話だ。
担当医ではなかったが、他の獣医師が対応。

薬が影響しているなら、飲んで1時間後に、嘔吐しているはずだと言う。
ということは、薬ではない。
朝、飲ませているから。
それを聞いて、一気に安堵が。

おそらくお腹の調子が悪いのかもしれないが、よかったら診てくれるという。
もし、少し様子を見るのであれば、今日は絶食で、おなかも休ませる。
食べていないと、胃が荒れるので、抗生物質も飲ませない。
明日の朝、少量のフードを与え、その後に薬を飲ませる。
ということを、言われた。
様子を見ることにした。

まま、ごはんは?まま、なにか、わすれてなーい?

しばらく、そんな目で見続けられたが、今は、諦めたのか、ねんね中~。
かわいそうね。がまんよ。



話は変わって、ちゅらが処方された抗生物質について。

日曜日の夕方出され、その日の夜と、月曜日の朝、計2回のおくすりを飲ませた後のこと。
仕事から帰宅し、ソファにごろ~んとなって、ちゅらが、じゃれに来たとき、気づいた。
におわない。
お口からの、あのにおいが、しない。
それまでは、近づいただけで、ふわっときたのに。

え。。。
たった、2回飲んだだけで、こうも、違うの?
驚いた。
ほっとしたらいいのか、でも、なんだかコワくもなった。

ママは、薬が合わず、飲み始めて数日後に、変な影響が出たり、一週間後に嘔吐したことがあるのだけど。
本当に、薬の影響の嘔吐なら、飲んで一時間後・・・なのかな。

それから、ズーッズーッ、ズーッズーッ、という鼻の音をさせて、苦しそうに足を踏ん張る姿は、なくなった。

ケッというのは、たま~にあるくらいだ。

う~~~ん・・・。
[PR]
by chobin-mama | 2013-10-30 20:29 | ちゅら | Comments(4)

3つの記事

なかなか、うまくいきません・・・。
記事は書いても、載せたい写真が、まだ追いつかなかったり。
記事を書き始めても、途中で終えなければならなかったり。
そして、別日や別の時間に、完了できたり。

パズルのようなブログタイムをしている、今日この頃です。

今日は、そんなこんなで完了できた、3つの記事を載せたいと思います。

お庭の花のお話
ハーブティのお話
ちょびんちんの2回目の月命日のお話・・・ です。
[PR]
by chobin-mama | 2013-10-29 19:11

ちょびん 2回目の月命日

今日は、朝から冷たい雨でした。
この一週間は、ずっと晴れの予報でしたが、昨日、突然、雨の予報が。
でも、午前中は大丈夫なはずだったのに、残念。
まだ、シャワーのような細かい雨でしたので、お庭に出て、花を摘みました。

間に合ったよ~、ちょびたん♪

今日、お庭の花を、届けられます。

寒い中、シャンテロゼミサトが、一輪咲いていましたので、それと・・・

f0002833_18413223.jpg


植えたばかりの、ベビーストック、ストック、ウィンターコスモス・・・
そして、いつもの、紫とピンクのクジャクソウ、ミルク色のシュウメイギク・・・

f0002833_18415585.jpg


可愛い色合いの花々が、揃いました。
ちょびたんに、ぴったりだね~。
ちょびんたんコーナーに近づくと、と~っても、いい香りです。


2回目の月命日を迎えた、今のママは・・・
ちょびたんが、本当に、本当に、天国へ行ってしまったことが、納得できるようになりました。

こんなこと書くと、ほろりときちゃうね・・・やっぱり。

今朝、アルちが、ちょびんコーナーを、じぃぃーっと、見ていました。

f0002833_18443747.jpg


あまりに、じぃぃーっと見ているので、「どうしたのかな、まさか、ちょびんちんがいるの?」
なんて、思ってみたくなりました。
そんなこと、あるわけないのに・・・。

f0002833_1847215.jpg



昨日、職場にて、3ぴきの猫を看取ってきた方と、忙しい合間に、少しだけお話しました。
聡明さを感じる、明るく元気な方です。同い年ですが、年上にも感じてしまいます。
この方は、最初の猫を看取った後は、亡くなったことは、納得できたと言います。
苦しんでいたのを、見ていたので・・ということです。
そして、ペットロスになったと。

でも、ペットロスって、なんだろうと、思います。
愛情を持っていれば、どんな人だって、深く悲しみ、辛いのではないでしょうか。
どこからどこまでが、ペットロスではなくて、どうなれば、ペットロスなのでしょうか。
そんな風に思いました。

「全ては時間なんです。」と、彼女に言われました。

「月命日や四十九日は、旅立った人の供養の為にあるのではなく、本当は、残された人の為にあるのだと思う・・・。」と、言いますと、「そのとおりです。」と、彼女も言いました。




昨日の朝、日当たり悪くなったリビングに、ひだまりができていました。
そこに、アルちが、じーっとしていました。
今まで、ひだまりができると、そこには、必ず、ちょびんがいて、じーっとしていました。
いなくなった今、アルちが、同じ場所で、同じことをしています。
それを見た時、ぽろりとだけ、涙が出ました。

ぽろりとだけ。
もっと前でしたら、ぼろぼろ、ぼろぼろ・・・だったでしょう。
時間は、確実に、流れているのですね。
[PR]
by chobin-mama | 2013-10-29 19:00 | ちょびん | Comments(4)

自家製レモングラスティー

日曜日。
干しておいたレモングラスを、カットして、ガラス瓶に入れました。
二週間くらいは、窓際に下げておいたので、もう大丈夫でしょう。おそらく。

f0002833_1836132.jpg


ハーブを楽しむというより、ちゅらのことが心配で、何かしていないと落ち着かなかった・・・
という方が正解で、色々なことをしていました。

重篤なことはなく、ホッとして自宅に戻って・・・
パパさんに、レモングラスティーを入れたいと思いました。
そして、ママも、ゆっくり飲みたかった。
このティーは、リラックス効果もあるのですよね。

どんなかな。我が家のレモングラスティーは。
時々、フレッシュで飲んでいましたが、ドライにしたのは、はじめてです。

すぐに、色も香りも出て、最高に美味しかったです。
[PR]
by chobin-mama | 2013-10-28 20:00 | お庭 | Comments(0)

秋のお庭・・・切り花用のお花

日曜日、検査のために、ちゅらたんを病院へ預けた後、近所のスーパーに寄りました。
まだ開店前でしたが、並んでいる方々もいました。
そのスーパーの角に、小さなフラワーショップがあります。
そこは、オープンしていました。

見てみますと、きれいな花苗が、ありました。
わ。きれいで可愛いな。
それに、切り花になりそう ♪

そう、秋のガーデニングは、過去記事にもありますが、切り花になるお花を中心に考えているのです。
ちょびんのコーナーに、お庭の花を飾りたい。
お庭の風と香りを、届けたいからです。
お庭を楽しみながら、ちょびんのことも、大切に、想いたいのです。

ストック5株と、ウィンターコスモス2株。
ウィンターコスモスは、もう少しほしかったのだけれど・・・タッチの差で、どこかのおじさまに、連れて行かれました。はやかった。。。
ストックは、そのおじさまと、タッチの差で・・・というほどでもないのですが、ママがゲット! 
なにせ、小さなフラワーショップですので~。 (^^;

自宅へと向かう、数分間の間のことですが・・・
車の中で、とってもいい香りがしていました。
ストックです!

ソフトな雰囲気の、明るく、きれいな色のお花を連れ帰れることができて、ほくほく気分。
ストックは、ベビーストックというものもあって、愛らしい花でした。
ちょびたんに、ぴったりですっ!

f0002833_18272893.jpg


月曜日。
午前中に、植えました。

f0002833_1828073.jpg
f0002833_18281731.jpg
f0002833_182831100.jpg
f0002833_18284818.jpg


10月も末。ちょびん家のお庭は、すっかり日当たりが悪くなっています。
その為、お花ごとの鉢植えにしました。
太陽の光があたる場所に、移動ができるからです。

f0002833_18291192.jpg


ストックに顔を近づけますと、とってもいい香り~♪
大切に育てなくちゃ。

今日は、ミルク色のシュウメイギクを、ちょびんコーナーに飾りました。

明日は、2回目の月命日です。
お庭に迎えたばかりの、素敵なお花たち、ちょびんのコーナーに、飾ってあげるね。
いい香りも、届けられるよ~♪
[PR]
by chobin-mama | 2013-10-28 19:07 | お庭 | Comments(2)

 ↓ つづきの記事です(ちゅらの検査と獣医師の見解の違い)

「ちゅらの検査結果と、獣医師の見解の違い」のつづきです。

さて、まずは・・・
内職のように、粉薬をカプセルに詰める作業を、全て一人でやってくれたパパさんを。

果たしてパパさんにできるのかと、疑っていたママ。
けっこう器用に、一番小さいサイズのカプセルに、詰めており、びっくり・・・。

f0002833_19274573.jpg


ママは、空き缶に、一週間分のカプセルを入れただけでした。
パパさん、「 ちゅらの為なら、えーんやこーら。 」という心境だったのだと思います。
それとも、本当は、器用なの?

f0002833_19275911.jpg


実は、このカプセルは・・・
ちょびんちんの為に、取り寄せた物でした。
リンを落とすための吸着剤を、好まなかったため、カプセルで飲ませようということになったのです。
でも、カプセルを注文して、届くまでの間に、もう、口に物を入れられなくなってしまったのです。
間に合いませんでした。

ちょびん亡き後、寂しく残されていた、小さなカプセルと、ほぼ、そのままの、吸着剤一箱でした。
ちゅら、ちょびんにいちゃんが、応援してくれているんだよ。
おくす、がんばろうねっっ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

では、検査結果を。

血液検査の結果表を見ながら、レントゲン写真や、エコーの写真を見ての説明でした。

黒一色の検査結果表に、数値は手書きだったので、見づらかったなぁ・・・。
(クリックすると、少し大きく見えます。)

f0002833_19281146.jpg



< レントゲン >

2つの角度から、2枚ずつ、撮った。
前日に、先生が、可能性としてあげていた、気管虚脱について。
少し、細くなっている部分はあるが、重篤な状態ではない。
しかし、ズーッ ズーッ という、苦しそうな音を出すのは、虚脱の初期症状かもしれない。
軌道入り口に、白い点々が見える。
これは、加齢によるカルシウム沈着と思われる。
別の物である可能性もある。だが、軌道の中に腫瘍ができるということは、あまりない。
外側にできていることは、ありうる。
おそらく、カルシウムの沈着だろう。

鼻は、異常はみられないが、横からのレントゲンでは、わかりにくい。
全身麻酔をかけ、口を開けて、中からのレントゲン撮影ならば、わかる。

ママが気にしていたCRP数値が高いのは、歯茎の問題、もしくは、咽の炎症の可能性が高い。

ということで、まず、抗生物質を一週間飲み、数値が下がるか、診たいとのことだった。

ちゅらたん、とっても、おりこうさんだったからこそ撮れた、2つの角度からのレントゲンだったそうだ。
2つのうちの1つは、なかなか撮れないものだったそうだ。

えらかったね。がんばったね。おりこうさん。



先生から、以前から、ズーズーする音や、ケッとするようなことはなかったかと問われた。
おそらく、あったのではないかと。
こんなに気になることは、なかったけれど、子犬の頃から、この子は、気管や呼吸器に、問題があるのではないかと、ママは、ずっと思っていた。
パパさんにも、言い続けていた。
行く病院行く病院では、必ず、そのことは、先生に話していた。
でも、問題ないと、いつも言われていた。


< エコー >

肺が、きれいではない。ふつうは、黒く写るが、白い筋のようになって写っている。
これは、加齢によるもの。

前胸部のリンパが腫れている。これは、脂肪の可能性がある。
以後、大きくなっていけば、悪い物である。

心臓は、問題なし。

胆嚢。胆嚢は、液体であるが、白い筋のように写っているところがある。胆嚢が、ドロドロしている可能性がある。
ALPの数値が高いのは、胆嚢の影響が大きいと思われる。
薬で、進行を遅らせる方法がいいと思う。
胆嚢は、なくても大丈夫な物なので、悪い状態ならば、手術で除去がいいとのこと。


いずれは、口の中を、ちゃんとした方がいいと思うとのことだったが、
まずは、抗生物質を一週間飲んで、経過観察をしたいとのことだ。
一週間後、口の中の様子と、口の臭いを確認したいとのこと。
二週間後に、血液検査を行うことになった。
それから、尿検査の結果、膀胱が弱いので、尿の色とにおいに、気をつけていてくださいとのことだった。
この子が飲む、水の量は、一日どれくらいなのかも、把握しておくといいとのことだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょびんの為に、我が家は、あちらこちらに、水のお皿を置いてありました。
療法食であったPHコントロールを食べると、咽が渇きます。そして、水を飲みます。その後、おしっこをしますが、その中に、結石が流れてくれればいい・・・ということでした。
その為のフードでした。
ですので、なるべく、身近に水を置いていたのです。
あちらこちらにお皿がありましたが、その水も、すぐに減ってしまっていました。
一日に何度も、お皿に水を入れ足すことが、当たり前のようになっていましたし、トイレのシートも、一日に何度も変えていました。
ちょびんがいなくなってからは、お皿には、一度お水を入れるだけになりました。
シートも、一日1~2回、変えるくらいになりました。
ちょびん・・・がんばっていたんだなって、思います。


お皿、少し減らして、ちゅらの様子を把握しようかな。
アルちは、下に置いてあるお皿からは、そんなに飲まないから、だいたいは、把握できるかも。


ちゅらたん、こんなに可愛いのに、しっかり、歳を取っているんです・・・。

ちょびんが亡くなってから、家から少し離れた広い公園へ、毎日のように行っています。
ちゅらたんも、いつも、それを楽しみにしています。
広い公園で、かけっこすることだけが、楽しみなのではありません。
お友達になった、わんちゃん達や、飼い主さんに会うこと、楽しみにしているんです。

かけっこは、させない方がいいのでしょうか・・・と、聞いてみました。
それは、無理なので、いいですよ・・・とのことで、ホッとしました。
ちゅらたん、かけっこは、大好きだから。
でも、走った後は、落ち着くように、なでたりしてあげてほしいとのことでした。
走り方は、だんだん、変わってきているのがわかります。
きっと、自分で、体調に合わせているんだと思います。

公園には、若いわんちゃんたちが、集まっています。
みんな、飼い主さんたちから、おやつをもらっています。
最初、おやつは、遠慮させていただいていたのですが、なんだか、かわいそうになってきてしまって・・・
ひとつだけ・・・ということで、もらうようになりました。
これは、ダメだということでした。
そうします。
みんながもらっている時には、ままが、ちゅら専用の、おやつ(いつものフードだけど)を、あげましょう。



まずは、薬で経過観察です。
いろいろな治療法を聞きましたが、
薬を飲んで、その後の様子で、また、次の治療が決まります。

ちょびん、ちゅらたんを、守ってね。
[PR]
by chobin-mama | 2013-10-27 19:41 | ちゅら | Comments(0)

ちゅらの検査と、獣医師の見解の違い

今、ちゅら坊は、検査に行っています。
朝から絶食で、半日お預かり。
午後にお迎えと検査結果などを聞きに行きます。
ちゅら!がんばれ~!

なんだか、じっとしていると、落ち着きません。
悪天候で、ままならなかった家事も、テキパキと、あっという間に終わってしまいました。
ちゅらの検査の記録と、ちゅらの様子のお知らせを兼ねて、ここに載せたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょびんが旅立ってからというもの、ちゅらの様子がおかしく、すぐ病院へ行きました。
それは、過去記事にもありますが、ここでは、検査結果を載せたいと思います。

↓ クリックで大きく見えます。

9月初旬

f0002833_1258514.jpg


気になるところを、更に大きく・・・

f0002833_1258324.jpg


先生の見解は、気にしなくてよし。

この日は、パパさんが病院へ連れて行き、家で、その時の話を聞きました。

え!?本当に?
最後の項目の、CRPは、高すぎないのだろうか。標準より、かなり高い数値だけど・・・。
標準0~0.7 なのに 6.0 だ。
もし、悪性腫瘍だったら?

癌があるとしたら、他の数値が、もっと高く出るはずなので、気にしなくてよしとの事だとか。
何で、この数値が出ているのかは、わからないとのこと。
ちゅらの歯茎に、びらんがあるので、それに反応して出た数値かもしれないと。

そうか・・・そうなんだ。
他の項目も、赤字が出ているところがあるけれど、標準値と、大きな差がないから、大丈夫とのこと。
それは、ママでも納得できます。
でも、どうしても気になるCRPの数値。

ママは、一ヶ月後に、再検査してもらおうと思いました。

血液検査の翌日には、レントゲンやエコーの検査もしており、問題ありませんでした。
大きな安堵が訪れたのを、思い出します。

待ちに待った(?)一ヶ月後。
再検査です。
全ての項目ではなく、気になるところだけの検査でよしとのことでした。

CRPは・・・

f0002833_1382566.jpg


もうちょっと大きく・・・
標準0~0.7 なのに、4.5 だ。
一ヶ月前よりは、下がっているが、それでも標準とは、けっこうな差があるのではないかと感じたママでした。

f0002833_1384610.jpg


先生の見解は、同じく、この数値は、何だかわからないけれど、気にしなくてよし、とのことでした。
もう一度、エコーで診させてほしいとのことで、検査しましたが、問題ありませんでした。

ほっとしたものの、気になる数値。
先生が言うのだから、そうなのかな・・・。

ついでに、気になっていた、ちゅらのお口のにおいも聞いてみました。

昨年の春に、歯石除去をしていて、そのとき、左上の歯肉のびらんも、切除してもらい、生検に出しています。
これは、悪性腫瘍ではなく、問題がありませんでした。

あれから一年半。
歯磨きもしていますが、歯石もついており、また、びらんができています。
ぐらついている歯もあります。
ママは、昨年のにおいとは違うと、感じていました。
でも、先生は、歯石のにおいだと、おっしゃいました。

口のにおいは、歯石からだけくるものではないと思います。
昨年とは違うにおい・・・というのが、気になって。
首から下は、レントゲンやエコーもすんでおり、心音にも問題ないこともわかっています。
この頃、ご近所の大型犬が、鼻に癌ができて、手術ができない状態であるという話が伝わってきていました。
(10月に入って、亡くなったそうです。)
ですので、口腔癌その他も、心配でした。
何かないといいのだけど・・・。
歯石だとしても、このまま、放っておいていいのだろうか。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あれから、約一ヶ月。

ちゅらが、休んでいるときに、突然、苦しそうな声(音?)と共に、立ち上がりました。
身を低くして、四つ足で踏ん張り、しばらくして、その音がおさまると、また、休むのです。

どうしたのかな?と思っていましたが、その回数が増えてきました。

頻繁というほどではないのですが、一日に数回。
一日に一度だけということもあります。
パパさんは、鼻の音だと言いました。
そうかもしれない、鼻から出ている苦しそうな音。
ズーッ ズーッ・・・ ズーッ ズーッ・・・というような?うまく表現できません。 
身を低くして、四つ足で踏ん張り、その音がおさまると、また、眠りに入るのです。
なんだか、とても、かわいそうでした。
また、ケッという音を、喉から出していることも、気になりました。

一体、どうしたのだろうか・・・。

病院で診てもらおうと、思いましたが、さて、どこで。

思い切って、セカンドオピニオンだ。

前回、前々回の検査結果を手に、昨日の土曜日、行きました。
検査結果と、その時の医師の見解も、伝えました。
その先生は、CRPの数値に着目。
何で、この数値になるのか、どこで反応しているのかは、調べないといけないと言います。

触診できるリンパも、診ていました。
下腹部の方が、少し、張っていると、言いました。

心臓の音は、問題ないとのことでした。

ちゅらの口のにおいのことも、聞きました。
歯石も多く、ぐらついている歯と歯茎の間、びらんと歯の間には、雑菌が繁殖する、その雑菌類は、咽の方にも行ってしまう。
それらも、におうのだと言います。

前回の検査から、一ヶ月近くたつので、もう一度、基本検査をしたいと言います。

お願いしました。

首から下の検査です。
尿検査(今朝、7:30頃自宅にて採取)、血液検査、レントゲン、エコー(心臓その他内蔵)、心臓の音。

あぁ、もう、お迎えに行く準備をしないと。

では、つづきはあとで。

ちょびんちんの写真に、両手をパンパンと、合わせていたママ。
病院に向かうときも、もう一度、合わせました。

苦しいときの神頼み・・・ではなく、苦しいときのちょびん頼みになっています。

ちょびん様、ちゅらたんを、守ってね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ただいま。

絶食で、午前9時から預け、検査。
午後3時に病院へ。
その間、ずーっと、検査結果の他、長く病院にいる、ちゅらの事が、心配でした。
あれこれと、用事をして動いていましたが、心配している為に、疲れた感じです。

約1時間かけての、丁寧で細やかな説明がありました。

その後、ちゅらと会いました。
おりこうさんだったみたいです。
お顔を見て、ママは、やっと、ホッとできました。

ちゅらたん、問題なしとは、いきませんでした。
でも、現在が、重篤な状態というわけでもありませんでした。

だいぶ疲れましたので、このつづきは、また後にしたいと思います。


ちゅら坊、おうちに帰ってきて、安心して、ぐっすり眠っています。。。
ゆっくり、おやすみね。
[PR]
by chobin-mama | 2013-10-27 19:19 | ちゅら | Comments(5)

あー様専用のバスタオル

既に8歳となってしまいましたが・・・
今更ながらですが・・・
あーさま専用のバスタオルを、先週、買いました。

ちょびんも、ちゅらも、専用のバスタオルを持っていました。
旅行に行くときや~ ドライブや~ 病院に行くときなどに、使っていました。
カバーにもなるし、ブランケットにもなるし、本来の用途でも使えますし、何しろ、専用ということで、自分のにおいがついている、安心できる物にもなります。

ままのこどものような存在だったので、バスタオルも、そんな感じで選びました。
ちょびんちんは・・・
元気いっぱいの可愛い黄色。
ぷ~さんのバスタオル。
名前も、入れてもらいました。
バスタオルを作った当時の、こどものちょびんは、元気いっぱい、わんぱく坊主。
そんなイメージから選んだ物でした。

ちゅらが家族に加わって、おとうと分ということで、同じく、ぷ~さんのバスタオルにしました。
柔らかい黄色で、端をバイアステープでくるまれた、可愛い雰囲気のバスタオル。
ちょっと、ちゅら坊のイメージと違うのですが、柔らかい可愛さが気に入ったのです。
名前も入れました。

アルちのだけ、今まで、ありませんでした。
外に、一緒に出かけるということはありませんし・・・
病院へ行くのには、キャリーケースが一番の安全でしたので、必要性を感じていませんでした。

でも、やっぱり、3兄弟、みんな同じにしよう~!と、思いました。

さて・・・
どんなのにしましょう。

色々、見て回りましたが、ぷ~さんのバスタオルには、ピンと来ず。

結局、アルちの色から選ぶことにしました。
可愛~い白いのはないかな?
ピンと来る物がなく、アルちのお耳やお鼻、肉球と同じ、ピンク色のバスタオルにしました。
チョット、女の子っぽいかなぁ? ^^;

名前入れのサービスは、ないとのことで、そのまま持ち帰りました。
すると・・・

ガサッ ゴソッ・・・

部屋の隅に、紙袋のまま置いておいたのですが、こうなりました。

f0002833_19484594.jpg


次の日も、ガサッ ゴソッ・・・

また、入りました。すっかり、自分のハウスですねぇ・・・。

f0002833_1956340.jpg


次の日も、次の日も・・・ どんなに紙袋を立てておいても、こうなりました。
そう~、そんなに気に入ったの ^^

ママの目に狂いはなかったかな ♪

でも今は、ここにはありません。
アルちの名前を入れてくれるところを捜して、今、入れてもらっているところなのです。

ペット用のバスタオルだと言うと、接客してくれた女性が、感激の声をあげていました。
この方も、きっと、わんこかにゃんこ、いるのですね。

あーちゃん、もうすぐ、できてくるからね~。

お楽しみにね~。
[PR]
by chobin-mama | 2013-10-24 20:06 | アルタイル | Comments(4)

似ていて ドキッ・・・♪

陽が短くなって、寒くなってきました。
夕方のお散歩も、皆さん、だんだん早くなってきているようです。

金曜日は、仕事から帰宅して、ちょっと一休み。
あたたか~いお茶を、飲んでから出発。
ちゅらたん、「まま、まーだ?まま、まーだ?」という感じで、じぃぃーーーと、ママを見ていましたっけ。

さ、行こう!
と、ほっとしてから家を出ました。
やる気満々?で、はりきって公園へ向かったちゅら坊でしたが、だーれもおらず。
なんだか、しょんぼりした様子で、かけっこして戻ってきました。ごめーん。

きのう月曜日は、みなさんがいる時間帯に連れて行かねば。
そう言うときに限って、退社が遅くなりそうで・・・(--;
がんばって帰宅し、ごはんもあげずに、即、出発。

はりきって公園へと向かったちゅら。
土日は、お天気が悪くて、会えなかったものね。
あー、間に合ったよ~。

「ちゅらさぁ~ん、走っておいで~!」と、遠くから、ラブママの声が。
走って追いついて、みんなと、ごあいさつして、一緒に歩けたねぇ^^

いつも、うーって言っちゃっていたかおるちゃん(大型犬)にも、ちゃんとご挨拶ができるようになって、ママ、嬉しかったよぉ♪♪♪
かおるちゃんママも、「あ。慣れた~♪」と、喜んでくれたみたい。
いまだに声を聞いたことがないパパも、そう思ってくれていたよね、きっと。

この日は、みんなで4ぴきだったね。
みんなと公園を歩いていたら、ぴーぴーぴーぴー声が聞こえてきました。
「誰が、ぴーぴー言ってるの?」と、言うと、バッと振り返ったかおるちゃん。
ままのところに、即やってきて、おすわりして、ままを見上げて、ぴーぴー言っている・・・^^;
「そ~ぉ、かおるちゃんが、ぴーぴー言ってたの。」と言うと、
がばーっと立って、前足をままにかけてきた。
お、お、大きい^^;
さすが、ボーダーコリー。
そのまま、ぴーぴーぴーぴー・・・。
「そ~、なにか、お話ししているの。」と言うと、
ぺろん。
そして、パパとママのところに戻って、何やら報告しているようでした。

あー、かわいい。
なんだか、胸がきゅんとしちゃった。
で、思い出しちゃった。
ちょびんちんのこと。

大きさも犬種も、全然違うんだけど・・・
似ているの。雰囲気が。

おっと~りおだやかで、甘えん坊で、ふわ~っとした雰囲気。
人の言葉を、よーくよーく聞いている子。
ちゃんと、こちらの気持ちがわかって、自分の気持ちも上手に伝えられて。
ひとつひとつ、人とやりとりができる子。
パパさんとママさん、きっとかおるちゃんと、ていねいに接しているんだなぁ~。

可愛さに胸がきゅんとしたのだけど、ちょびんちんと似ていて、ドキッともした一瞬でした。
なんだか、幸せでした。
[PR]
by chobin-mama | 2013-10-22 19:33 | mamaのつぶやき | Comments(0)

since 2005/11/19


by chobin-mama
プロフィールを見る
画像一覧