「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

三週間ぶりの おさんぽ

きのうのコトです。
ママは休日だったので、まだ明るいうちに、ゆっくりおふろタイムを過ごしました。
少しずつ、空がオレンジ色に染まってきていました。

髪の毛を乾かしていると、ちゅらちょんが、「まま だっこ~」と、足元をかりかりします。
すっかり、やせっぽちになってしまって、寒いのか、ままが動いていないときは、くっつきに来るのです。
そして、ひざの上で、まるくなって、ぴた~~~っと、からだをつけているのです。

ところが、きのうは、ひざの上で丸くはならず、ずーっとずっと、西の空を眺めていました。
立ったまま。
いつまでも、いつまでも。

そっか・・・おさんぽに、行きたいんだね。
ママは、もうしばらくしてからと思っていたのだけど、今日、行こっか?

今回の膵炎で、1.8キロになってしまったけど、少しずつ、ごはんを増やして、この日はじめて、2キロが表示されたしね。

日が沈む前に、冷え込む前にと、慌てて髪の毛を乾かしました。

気持ちが良さそうだから、車じゃなくて、カートのんので、行こうね。

18:30頃に、出発。
きもちのいい、夕暮れ時のおさんぽです。
やっぱり、カートのんのにして、よかった。
ちゅらちょんも、きっと、きもちよかったと思うな。
三週間ぶりの、いつもの広い公園。
ちょっと遅いから、おともだちは、いないかも・・・と思ったのですが、いました!!!
遠くに、みんなで歩いているのが見えました。

公園のモニュメントコーナーの、すみっこに、カートをとめて、ちゅらちょんにリードをつけていると、、、
いちはやく、ボーダーコリーのおともだちが、走ってやって来ました ♪
抱きつく抱きつく~~~ (^_^;)
おおよろこびしてくれて~ うれしかった。
みなさんも、後に続いてやって来て、第一声 「ちゅらちゃん、どう???」
と、心配そうな顔をしてくれて・・・
ありがたいなぁ・・・。
今の状態を、お話しました。

カートの中のちゅらを見て、「元気そう。」と、言ってくれます。
三週間ぶりだから、公園と、おともだちに、大興奮で、いつものように、チョロマカチョロマカ、動いていました。
下におろすと、早速、芝生の上に行って、おもいっきりの、蹴り堀り蹴り堀り!!!
かけっこも、しようとしていましたが、ロングリードをつけていないので、できません。
かけっこごっこ・・・くらいだったかな? (^_^;)

いつもの場所で、わん友さんと、おしゃべりして~ 
ちゅらちょんも、久々のお友だちと、くんくん、ごあいさつして~
ママさんやパパさんたちに、よしよししてもらって~
解散しました。

ちゅらちょんは、本当は、もっと歩いて、もっと走りたかったんだと思うんだけど・・・
(だって、みんなが、おやつの交換しあっているときも、目もくれず、歩く勢いだったから)
久々のおさんぽだったから、カートを停めたところから、おしゃべりしていた場所を、行ったり来たりしただけでした。(10メートルくらい?)
今度は、一周くらいしようね~と、語りかけました。


さて、今日は、まま、午前中から勤務でした。
午後、いったん帰宅して、ちゅらに3回目のごはんをあげて、また出勤。
と言っても、職場の健康診断の場所に向かったのですが。
せっかく中心地まで行ったので、帰り道に、とある大きなショッピングモールによって買い物をしました。
目的は、無印良品の品です。
お昼ごはん抜きで15時からの検査だったので、おなかもぺこぺこ。
カフェで、ケーキセットを頼んで、お茶してから帰宅。
と言っても、いつもの帰宅時間よりは、はやかったよ~。

今日は、おさんぽはお休みするつもりでした。
ところが、4回目のごはんのあと、落ち着かずに、ずっと、うろうろしているちゅら。
そっか~ おさんぽ、行きたいんだねぇ・・・。
きもちはわかったけど、しらんぷりしていたママ。でも、ずーっと、こうなので・・・
もう19時だけど・・・ちょこっとだけ、気晴らしに、出かけてこようか~ と、家を出ました。
でもでも、近所散歩はいやだって。公園方向に向かおうとします。
だから、「ちょとまてちょとまて。」と、カートを取りに戻り、カートのんので、いつもの公園に向かいました。

うん。涼しくて、けっこう、きもちいい~ ^^

19時を過ぎだというのに、薄暗い公園には、まだ、おともだちがいました~。
おさんぽおわって、おしゃべりタイムに入っていたみたい~。
ちゅらといっしょに、一周してくれました。
ちゅらも、芝生の上をおさんぽできるのが、すっごくうれしそうで、すっごく楽しそうでした。
ロングリードは、つけてあげられないけど、軽々と、かけっこごっこ?のおさんぽをしました。
タッタカタッタッタ~♪ タッタカタッタッタ~♪ って。
「ちゅらさん、楽しいねぇ♪」「よかったねぇ。一周できたねぇ。」って、みなさん、口々に、あったか~いコトバをかけてくれました。

さぁ、一周おわったから、ちゅらは帰ろうね。
カートにのせて、みなさんに、ごあいさつして、帰ります。
後ろの方から、ワン友さんたちの声が、追いかけてきます。
「ちゅらさ~ん、よかったねぇ~!」って。
なんか、なんか、ママのほうが、胸が熱くなっちゃって、涙でいっぱいになっちゃって、振り返られず、お返事もできず、ただまっすぐ、歩きました。


ありがとうありがとう。
[PR]
by chobin-mama | 2015-05-27 20:07 | ちゅら | Comments(0)

キラキラ ふつうの時間

きのうの、夕日。
西の低いところでは、濃いオレンジ色。
西の高いところでは、水色とふんわりピンク。
f0002833_15354884.jpg


きのうは、ぱぱさん お休み。
ままは、安心して、お仕事に行けました。
いつも、まっすぐに帰宅するのだけど、スーパーにも寄って、慌てずに買い物もできました。
数種あるケーキから、ミルフィーユを買って帰ることにしました。

ピンポーン。
ドアが開くと、ちゅらちょんも、あるちも、みんなして、玄関にお迎えに出てくれていて、とっても、うれしかった。
ちゅらは、ぱぱっ子。
ぱぱと、いっしょに過ごせて、楽しかったのかな?生き生きしている感じがわかりました。

「ケーキを買ってきたから、食べよ ♪」
温かい紅茶を入れ終わったら、まだ夕日が沈んでいなさそうだから、屋上へと誘いました。
みんなで、いそいで屋上へ。
あるちも、どっどっどっどっどっどっど・・・と、あとについて、外階段を上がって来ます。

フェンスの外側を、ぐるっと歩きながら、身を低~~~くして、入ってくる、あるち。
うっかりフラッシュをたいてしまって、あるちの目が、まるでロボットにゃんこのように、光ってしまいました。
f0002833_15444767.jpg

ちゅらにじゃれかかっているのかな?
ねぇねぇ、ちゅらにいちゃん、あそぼ~って。
f0002833_15452511.jpg

涼しさと静けさの中、沈んでいく夕日と、まるで、水彩絵の具のように、予想外に、にじんだり、溶けたりして、染まっていく空を眺めているのは、なんともいえない心地よさです。
そんな中、お茶を楽しみながら、この子たちと過ごす時間は、限りなく、キラキラしているように、感じました。

ままに向かって、やって来るちゅら。
かっわいいな。
このところ、何をしていても、無性にかわいい。
f0002833_15455656.jpg

午前中のちゅらですが・・・
階段を上がっていく途中、「まま?」と、振り返って待つちゅら。
やっぱり、かわいい。かわいい、かわいい。
f0002833_15523324.jpg


今日は、まま お休み。
平日のお休みなんて、めったにないですよん。
もしかしたら、出勤依頼の電話が来るかもしれなかったのだけど、ありませんでした。

今朝、眠りが浅いとき、ちょびんちんが夢に出てきました。
押し入れの、重ねてある布団に、後ろ足をじたばたさせながら、よじ登ろうとしていた(^_^;)
後ろ姿なんだけど、ちゅらではありません。
ちゅらは、軽々と、ピョンッとジャンプできる子なので、ちょびんにちがいありません。
なぜ、ちょびんが出てきたのかな?と思いました。
きのう、夕日を楽しんだからかな?と思いました。
でも、なんで、押し入れのふとんに、じたばた、よじ登ろうとしていたのかが、わかりません。
ときどき、里帰りしてきて、こういうこと、しているのかも・・・と、思うことにしよう!

さて、今日のお休み、なにしよう。

ママのぎっくり腰は、だいぶいい感じ。
だけど、調子にのって動くと、ちょっとあぶない感じだったので、ゆっくりした方がよさそうです。
なによりも、この子達との時間を、優先したいきもちが、強いです。
いっしょに、たくさん、過ごそう。

ちなみに、土曜日のちゅらの病院での、検査結果は・・・
体温は、38℃になって・・・
リパーゼも、77に。
でも、体重は、1.8キロに。ガリガリ。
これだけ、昨秋から、絶食・点滴を、繰り返していれば、仕方がないことなのかな・・・。
少しずつ少しずつ、ごはんを増やしているけれど、一日の必要量になるまでは、あと、5~6日かかります。
体重は、戻ってくれるのでしょうか。
お散歩も、ずいぶん、連れて行ってあげてないな~。
連れて行けば、絶対、はりきって、かけっこ蹴り堀り、するんだろうな~。
主治医が、「犬は幼稚園児と同じなんです。」と、言っていたけど、よーくよーく、わかります。
具合が悪くたって、じっとしていられないんだから。
様子を見て、気持ちのいい日、涼しい時間、ショートさんぽから、また、はじめよう。

動物病院では、いつもの飼い主さんたちとお会いしたり~
なんと、昨年度、いっしょに自治会理事をしていた方と、ばったり会って、愛犬のかかりつけだと聞いて、いろいろお話したり、なかなか、楽しかったです。

ついでに、日曜日のことも、書いちゃおう。
ちゅらちょんが、落ち着いているので、やっと美容院に行けたのです。
ぱぱさん仕事だったけど、早めに帰宅できるというので、午後遅い時間に予約して、
カラーとトリートメント!
とにかく、白髪が目立っちゃって・・・髪の毛もギシギシで・・・(^_^;)美容師さんも、びっくり。

さて、今日のちゅらとあるち。
ちゅらちょん、昼間は、おひさまの光があたる窓辺のベッドが、お気に入り~。
というか、ラティスを使って、レースのカーテンを、天蓋のようにし、ベッドに光が注がれるように、置いてあります。
f0002833_1619639.jpg

暑くなってくると、ここがお気に入りの、あー様。
ほんとは、ママのラタンチェア。
だけど、いつのまに、あるちのラタンチェア。
f0002833_16202746.jpg


こうやって、ブログタイムを過ごしているということは、ママの心や体力に、余裕ができたということ・・・かな。

もうしばらくしたら、4回目のごはんの時間だな~。

今、ちゅらたちを中心に、ママの生活がまわっています。
そうできることが、すごく、しあわせ。

明日も、おいしいごはんを食べて~
ゆっくり、ひなたぼっこして~
気に入った場所で過ごして~
ママだっこして~
いっしょに ねんねこして~
すごそうね。

もうちょっとしたら、おさんぽも、行こうね。

やっぱり、いちばんキラキラな時間だよね。ふつうの時間て。
[PR]
by chobin-mama | 2015-05-26 16:39 | wanにゃん達 | Comments(2)

ちゅらの検査結果 (おやつの追記

今日は、とてもいいお天気でした。
そして、とても静かでした。

シティオブヨークと終演のスパニッシュビューティのそばの部屋には、甘い香りが注がれ続けていました。
終演のバラと入れ替わるかのように、開演のバラ、マダムハーディが、咲き誇っています。
近づくと、よい香りで惹きつけられます。

レースのカーテンが、ゆるやかに揺れる姿は、眠気を誘います。
きもちのいい風が、そよいで、「さぁ、ねむりなさい~。」と、うとうと時間を、くれました。

一週間の睡眠不足は、きもちよく解消されたようです。


今日は、ちゅらの経過を診る検査の日でした。
黒っぽく緑っぽい便も、持参して、診てもらいました。
検便の結果、潜血反応があったとのことでした。
しかし、この黒さの原因が、すべて血液だというには、潜血反応が低すぎるようでした。
おそらく、腸炎のめ、内壁が剥がれるなどした為ではないだろうか・・・と。
それから、血液検査の結果ですが、
リパーゼは、基準値に戻っていました。
とりあえず、ほっとしました。
しかし、抗生剤はつづけ、一週間後に、また、リパーゼの測定を・・・ということでした。

ごはんは、少しずつ少しずつ、ちゅらの様子をみながら、細心の注意をはらって、増やしていきます。
一日5回にもどします。

どうぞ、このまま、落ち着いてくれますように。。。
ちゅら、よーくよーく、がんばったね。おりこうさんだね。

ちょびんにいちゃん天使にも、毎日毎日、おねがいしていました。
遠くから、ご心配いただいて、祈ってくれた、ゆずちゃん天使とママさん、
もっと遠くから、ご心配いただいて、メールをくれた、天使ちゃんとママさん。
そのお気持ちに甘えて、ちょびんコーナーにいる、ゆずちゃん天使と天使ちゃんに、
ママからも、お願いする毎日でした。
ぱぱさんの気持ちも、ママの気持ちも加わって・・・
みんなのきもちが力になって・・・
ちゅらちょん、がんばれたんだと思います。

目に見えない力、形にならない力に、支えられること、実は、それが、一番大きかったりすること、
感じています。
ありがとうございました。

どうぞ、このまま、落ち着いてくれますようにと、祈ります。


(追記)
うっかり、UPし忘れていました~。
病院の帰り、パンやさんで買った、この日のおやつ。
メイプルシフォンと、おもわず手がのびた、わんことにゃんこのクッキー ♪
f0002833_11461099.jpg

[PR]
by chobin-mama | 2015-05-17 20:55 | ちゅら | Comments(2)

ちゅら現在

音が出始めてから、クレシェンドが長く続き、フォルテに。
フォルテが長く続き、リズムも、一定なまま。
そして、急速的に、デクレシェンドになって、あっという間にピアノになり、音が消えていく。

どう表現していいのかわからないのですが、これが、一番ぴったりくる感じです。
ぎゅぅ~るるるる~~~っ  ぎゅぅ~るるるる~~~っ ・・・・・・・・・・・
おなかの、独特な音とリズムが、そんなふうになるのです。

検査で、膵炎の診断がくだるときは、必ず、この音とリズムです。
きっと、まちがいありません。この音のときは、膵炎なのでしょう。
昨年末の膵炎の時は、最もすごかったので、ママのトラウマのようになっている音です。(深夜に、毎晩、これが数時間つづいたのです。)
音の種類については、先日も、病院で、先生に話しました。
それから、数メートル離れていても、聞こえる音です・・・とも。

ちゅらちょんの、体調不良のサインは、深夜から明け方にかけて、よく出ます。
午前一時台・・・午前三時台・・・午前五時台・・・とか。
そんな毎日でしたので、ママも、あまり睡眠がとれない状態の、一週間でした。
でも、気が張っているせいか、(お年のわりには)そんなに辛さも感じず、出勤していました。

ちゅらの体調やおなかの音、様子によっては、先生の指示通りのフードの量は与えませんでした。
点滴も、一日おきになったので、様子を細かくメモしておき、病院に行ったときに伝える。また、指示以外のことをしたときには、報告しました。
先生も、判断に迷うときは電話をくださいと言ってくれるので、安心していました。

ちゅらちんのごはんは、5gからはじめ、一日二回。
少しずつ、増やしていけるとよかったのですが、途中、調子をくずしたので、またなくしたり、予定よりも減らしたり・・・。
そんな感じでした。

ゴツゴツのちゅらが、少しずつフードを増やして、ゆっくりと、お肉がつきはじめていたところでしたのに。
今回の膵炎で、すっかり痩せてしまい、ブルブルをしようとしても、ふらついて、できなくなってしまっていました。

金曜日。
点滴へ。
主治医不在で、T先生。
下痢止めの効果なのか、食べていないので出る物もないのか、うんちをしなくなってから二日たちました。
おなかの中には、うんちはあまりないとのことでした。
さいごのうんちは、黒っぽい水様便でした。こんなうんちは、もう見たくありませんが、出ないのも心配です。
下痢止めをやめる指示がありました。
うんちをしたら、その状態によっては、また飲む。判断に迷うときは電話をする・・・ということに。

待合室で、顔見知りになって長い、飼い主さん達と、また、お会いしました。お互い、にっこり。
ちゅらちょんは、待合室にいる飼い主さん達やワンちゃんたち、また、病院にやって来る、飼い主さんたちやワンちゃん達が、気になって仕方がありません。
みんなに、ごあいさつに回りたがります。。。
飼い主さんたちも、にこにこ、優しくかまってくれます。
点滴やお会計がおわって、家に帰れるときも、出入り口ではなく、ぐいぐいと、待合室へと向かい、みなさんに笑われました。
そうして、まだ、ごあいさつがすんでいなかった飼い主さんのところへと行きます・・・。
長居をしたがるので、ほぼ無理矢理に、連れ帰ります・・・。
まぁ、ママも、飼い主さんたちと接し、お話させていただいて、心穏やかになっているところが、あります。

この日の深夜は、何の体調不良も示さず、朝まで眠れたようです。
だから、ママも、眠れました。

土曜日。
午前中、やっと、うんちをしました。
ちゃんと、形になっていて、ほっとしました。おくすり効果かな。
でも、色は、黒っぽいような、緑色っぽいようなかんじでした。
容器に採取しました。

明日は、血液検査です。
どうぞ、少しでも、よくなっていますように。
[PR]
by chobin-mama | 2015-05-16 17:26 | ちゅら | Comments(2)

また測定不能に、、、そして、またHちゃんが

日曜日の通院。

指示通りの、ごはんとお薬を与えてから、向かいました。

また痩せてしまった。
2キロを切ってしまった。食べてないもんね・・・。

点滴。
便の様子が、改善されてきたようだからと、点滴を終えることにしました。
また、下痢止めも、一日二回だったのを、一回にすることに。

次回は、土曜日に行って、数値の検査をすることになっていました。

ところが、この日の夜から、状態が悪くなりました。
深夜から明け方にかけて、何度か便をしましたが、その状態が、よくないのです。
前日、便の様子が改善されてきたようだったのですが、悪くなっていました。
嘔吐はありませんでした。

病院に電話をしました。
先生は、診察中で、看護師さんに用件を伝え、折り返し電話をもらいました。
嘔吐がないなら、指示通りにごはんと薬を与えてくださいとのことでした。
手が空き次第、先生から電話しますと。

指示通りのごはん・・・?
それは、とっても、こわい。
今日から、通常量にもどしてよかったのですが、あの状態では、こわすぎます。
ということで、10gと、お薬を与えました。
食欲は示しましたが、食べた直後、また部屋のすみっこで、ぎゅっとおすわりし、ぶるぶる震え始めました。
やはり、おかしいっっ。

その直後、先生から電話がありました。
おなかが疲れているために、今、そうなっているのか、膵炎の影響なのか、判断が難しいとのこと。
病院に行って、数値の確認をすることになりました。
それによって、判断がしやすくなるからです。

結果。
リパーゼは、測定不能になっていました。

やはり、膵臓からくる症状だったのです。

先生から、話がありました。
今すぐ、どうなるということは、ないと思いますが、いずれ、症状が出てきます・・・と。
それが、いつなのかは、わかりません・・・と。
そして、今後のことについて、話があったのですが、頭が真っ白になってしまい、よく覚えていません。
ところどころ、飛んでしまっているのです。

点滴をして、手元に戻ってきました。
点滴は、一日おきに通うことになりました。
抗生剤が出ました。
あれ?抗生剤、点滴に、入れるかどうか、訪ねられたんだけど、今日は、どうしたんだっけ?
領収書を見て、点滴で入れたことがわかりました。そっか、高いけど、確実だ。
抗生剤は、毎日何回与えるんだっけ?
薬の袋を見て、一日一回だということがわかりました。
今日は、絶食って言ってた。
点滴には、ビタミンなどはバランスよく入っているが、糖分はないと言っていた。
今は、血糖が高くなっていると思うが、今後、低血糖になるので、ポカリを水で薄めて与えてくださいと言っていた。
先生に、「痛いおもいや苦しいおもいは、させたくない。」と訴えていたのは覚えている。
先生は、「今は、おなかも痛いし、気持ちも悪いと思います。」と言っていた・・・。

動揺している。
ママ、しっかりしろ! と、自分に叱咤した。

家に到着と同時に、ちゅら、車の中で嘔吐した。

すぐに、家に入れ、休ませた。

昨夜からの汚れたブランケットやマット類、さっき嘔吐したドライブボックスなどを、急いで洗った。

何も食べていない。

朝ごはんを食べたのは、12時半だった。

ちゅらに、水で薄めたアクエリアスを与えたが、ぷいっとやった。いやみたい。

ちゅらの様子は、落ち着いている。
ゆっくり休んでね。

ちょびんに、たくさんお願いして、
バタバタと、慌てて出勤した。

ボスが、時折、クラスに来ては、こどもたちに、「先生は、今日、腰が痛いから、たすけてあげてね。」と言い、
外にいるときも、やって来て、「先生は、今日、腰が痛いんだから、たすけてあげてね。」と、言っていた。

3時半過ぎ、卒業生のHちゃんが、やって来た。
卒業してから、もう、二年たつ。
いつだったか、この子のことは、何度か記事にした。
ふしぎな縁を感ずる子だと。
ママが、とても辛い時、どうしようもなく悲しい時、どういうわけか、大きな力をくれるような言動をとるのだ。
何を口にしたわけでもないのに。
それが何度も続いたとき、ふしぎな縁を感じるようになった。

そして、今日も。
ちゅらのことで、頭が真っ白になるくらい、辛くて心配で、どうしようもなかった日。
後ろ髪ひかれる思いで、職場に行った日。
にこにこと、やって来たのだ。
ふらっと、顔を見せに来たのな?と、思いきや、違った。
2年前、このクラスで作った、とあるカード。それを教えてほしいと。
母の日に、プレゼントしたいのだと。
紙は持参していた。
たまたまそばにいた事務の方が、上に通してくれると言い、クラスに入れた。

Hちゃんは、腰の痛いママのために、色々お手伝いもしてくれた。
他のこどもたちの、お世話も、すすんでしてくれていた。
ボスが通りかかり、「Hちゃん、戻ってきてくれたの?今、何組なの?」と。
「ピアノは、続けているの?頑張って続けて!そして、〇〇年後、また、ここに戻っておいで。そうしたら、ちょびんママ先生みたいに、なれるよ!」と。

カードが仕上がった。この子のセンスは、抜群だ。秀でている。
そして、ママからも、プレゼント。
お庭の花を摘んで、小さな試験管のようなところに、少量の水と共に入れた。
試験管のようなところには、リボンと安全ピンがついていて、ようは、コサージュのように、胸元に飾れるのだ。
Hちゃんは、カードとお庭のお花のコサージュを、迎えに来たおかあさんに渡した。

エネルギーをもらって、仕事を終え、帰宅。

ちゅらは、いつものように出迎えてくれた。ほっ。
嘔吐のあとも、下痢のあとも、なかった。

ぱぱさんが、早めに帰宅してくれた。
セブンのいちごのロールケーキを買ってきてくれた。これ、大好き。
いっしょに食べながら、涙がとまらなかった。
だめだね。この年になったって、泣き虫はなおらない。

ぱぱさんが、アクエリアスと水を、半分ずつの割合で薄め、シリンジで、少しずつ与えてみた。
よろこんで、飲んでいた。
そして、もっとほしいと、訴えていた。

安定した様子で、就寝した。
しかし、また、深夜から明け方にかけて、何度か、便をした。
その状態は、更に柔らかく、色も、黒っぽくなっていた。

今日は、ごはん再開。一日二回。でも、一回5g。
そして、いつものお薬(スパカール・ウルソ・ガスター)と、下痢止め、抗生剤。
食欲は示した。がっついた。
少ないよ・・・と、目で訴えた。お皿も、何度もなめていた。
水で薄めたアクエリアスを、与えてみた。よろこんで、飲んでいた。

からだの震えはなく、ギュッと丸まって、ずっと寝ている。
嘔吐もない。
2時間後、便をした。
水様便だ。色も、黒っぽくなっていた。
悪化はしているが、よくはなっていない。

ちゅら!がんばって!!!
[PR]
by chobin-mama | 2015-05-12 11:42 | ちゅら | Comments(2)

6つの記事

動けないことをいいことに(?)、ブログ三昧。

新記事と共に、書き留めておいたGW中の記事に、写真をUPさせたりして~

一気に、6つの記事を、UPしました。

ごゆっくり、ごらんください<(_ _)>
[PR]
by chobin-mama | 2015-05-09 19:57

わん友さん (写真 追記)

安静にしていなくちゃいけないからぁ~ (^^)/
じーっと、すわって、ブログしているんですぅ~ (^^)/

そうしたら、ピンポーン ♪
サムくんのパパだった。
確か、今日は、ワン友さんたちと、人間カフェもあるドッグランに、行っていたはず~。
どうしたのかな。
18:30だから、帰りかな?
対応したぱぱさんが、スナックエンドウ持って、戻ってきました。
お裾分け、わざわざ、うちまで届けてくれたんですね~。
サム家の野菜は、おいしいぞ!
収穫したてだから、早速、食べなくちゃね!
味も香りも、いいから~^^
f0002833_18125937.jpg

昨夜も(昨夕?いつから夜?)、りぼんちゃんのママが、来てくれた。
ワン友さんたちとのお花見会の写真を、届けに。我が家は通り道だから~。
でも、写真をくれたのは、お隣の住宅地の、なつちゃんのママ。
ドッグランへのお誘いも書いてあった~。
むりだけど~(^_^;)

いろんなこと、ありがたいです。
あったかいきもちに、なりました。
[PR]
by chobin-mama | 2015-05-09 19:55 | mamaのつぶやき | Comments(4)

5月9日(土)の薔薇たち 

ぎっくり腰だというのに、バラの写真は撮りました。(^_^;)
ご近所の方に、「動いちゃだめなのよ~。繰り返すわよ~。」と、言われました。

ピエール・ド・ロンサール
一番花。優雅な姿・・・
毎日、時間をかけて、ゆっくりゆっくり、開いています。
f0002833_18333649.jpg


今年のモッコウバラ、持ちますねぇ!びっくりです。
他のバラたちが咲き始める頃は、もう、終演を迎えている例年ですのに。
見えますか?2階の窓に、アルちがいます。
モッコウバラのそばに、何やら、長~~~い風船が、見えています。
「あーちゃぁ~~~ん!」と、ピンクや黄色の風船を振りながら呼んでいる、ご近所のこどもたちです。
f0002833_1830091.jpg

フェリシテ・パルマンティエ
今日は、すっかり開きました。この日を待っていましたよ~。
直径5センチくらいの、小さなバラです。
蕾がゆっくりと開いてきたときから、おしゃれな香りがしていました。
f0002833_18321934.jpg

ガートルードジュキル
2番目3番目4番目・・・と、咲き始めました。
一輪、ちょびんのところに飾りました。
f0002833_18384247.jpg

アブラハムダービー
一番花です。つぼみも、たくさん。
f0002833_1840682.jpg

うまく撮れませんでしたが、雰囲気だけでも・・・♪
アブラハムダービーの蕾の左側が、壁面のスパニッシュビューティ、右側が、シティオブヨークです。
甘い香りに包まれる場所です。
f0002833_1841378.jpg

バフ・ビューティも、咲いているのですが、場所が高すぎて、撮れません。
アプリコットカラーが、きれいなバラです。

ブラックベリーの花も、次々と開花しています。
f0002833_1842250.jpg


バラたちが、こんなに同時に、咲き乱れているのは、めずらしいことかもしれません。

昨年の秋から、ちゅらの病気のことで、ずっと、たいへんで・・・
冬、何もしてあげられなかったのに・・・

ありがとう・・・♪
[PR]
by chobin-mama | 2015-05-09 19:53 | お庭 | Comments(0)

ママはぎっくり腰 & ちゅらは膵炎

木曜日は、災いの日だったのでしょうか?

下記事にも、簡単に載せましたが、ようは、ぎっくり腰に違いありませんでした。
まぁ、こどもたちにお手伝いを頼みながら、なんとか、のりきろう・・・のりきれるはず・・・と、出勤。
事務の方に話すと、クラスに、椅子を用意してくれました。
しかしながら、すわることがタイヘンで、直立不動が、一番よかったのです。
こどもたちにも、事情を話すと、まぁ、なんとよく協力してくれたことでしょう。
期待以上でした。
ときおり、「だいじょうぶ~?」と、気にしてくれたり。
とはいっても、おこさまです。
ママが、動かなくていいわけはなく・・・なんだ~かんだ~と、やっぱり、動かざるを得ませんよねぇ・・・。

帰社して、自宅についたのは、18:30。
ちゅらは、だいじょうぶだっただろうか・・・?
帰りの車の中は、そればかりでした。

下記事にも、少し載せましたが、もう一度、経緯を。
午前4時過ぎ  ドタバタし、うんPをしました。色は茶でしたが、量が多く、柔らかい。前日の夕方のお散歩でも、たくさんしたので、量が多すぎる。ちゃんと、消化されなかったのでしょうか。
午前7時    ペースト状の、うんPをしました。色は茶でした。
朝ごはんを与えるのを、躊躇しましたが、下痢ではなく、のむお薬もあるので、10gだけ、与えました。
おおよろこびでした。(通常は、一回52gです。それを、一日4回でした。)
でも、少ない量のごはん、いつもなら催促をするのに、それもなく、寝ました。やはり、調子はよくないのでしょう。
午前9時    下痢をしました。少量です。
午前11時半  眠っていたのに、突然、吐きました。少量です。食べたものは、消化はされていました。ほぼ、液体と、鳥のえさのようなもの。これは、いったい、なに???わかりません。想像するに、花の土の中のもの?または・・・今は、庭にも、鳥たちが訪れるし・・・。落とし物を、ぱくっとやった?
この子は、小さい頃から、土をぱくっとやるのです~~~。

でも、その後は、落ち着いていました。

気になりつつも、そんなに大きな心配はせずに、出勤したのでした。
しかしながら、帰りの車の中では、ちゅらのことばかり。
でも、大事だとは、想像していませんでした。

すると!
ケージのトイレには、更に、悪化したうんPがありました~~~ (T_T)
そして、その直後、いつもの、具合が悪いときのちゅらのしぐさが。
部屋のすみっこの角に、ぎゅーっと背中を押しつけるように、おすわりして、ぶるぶる、がくがくと震え始めたのです。
その直後!大きな大きな、ギュルギュル~~~ギュルギュル~~~っというおなかの音が!!!
ま、ま、まずいっ!!!

慌てて病院に電話をしました。
新しい若いスタッフの方の対応に、ぷち腹を立てつつ、病院に向かうことに。
閉まるぎりぎりでした。
車の運転中でも、はっきりと聞こえる、ちゅらのおなかの、ぎゅるぎゅる音でした。

この日は、主治医不在で、ちゅら膵炎の時に、診てくださっていたT先生。
熱はなし  聴診 おなかの音あり。他はOK    触診 OK   

腸炎からくるもの。または、それによって、膵炎がひきおこされることがあること。
または、膵炎があって、それによって、腸炎がひきおこされることがあること・・・など、色々うかがいました。
何か口にしたかを問われましたが、わからないのです。
考えられるのは、花と野菜の土くらいです。
食べ物は、決まった療法食のみしか、与えていませんので。
その先生の患者で、若い犬だそうですが、キュウリを食べると、リパーゼが高くなる子がいると聞きました。
ドッグフードだけ食べているときは、なんともないのだそうです。
何が災いするか、わからないですね。
この日は・・・
点滴をし、下痢止めをのませてもらいました。
家では絶食。水はOK。
「おなかの大きなギュルギュル音は、膵炎のときの、私のトラウマのようになっていて、本当にこわかったです・・・。」と話しました。
「びっくりしましたね・・・でも、おなかの音は、しばらくあること、覚悟してくださいね。下痢も続くと思いますが、中の物は、出してしまった方がいいので・・・。」と。
翌朝、再診です。その様子によって、検査をすることになりました。
また、うんPをしたら、持って行くことになりました。

帰宅後、ちゅらは、落ち着いていました。おなかの音もなくなり、すやすや。
深夜、下痢を二回しました。おなかも、午前4時過ぎから、ごろごろいいました。

翌朝の病院。

検便用のうんPを渡し、家での様子を伝えました。
体重 2.05㎏ 検便は、問題なし。

①点滴をし、様子を見る。
②血液検査とレントゲンをして、調べる。それによっては、エコーをする。
どうしましょうか? ということになりました。
ちゅらにとっては、どうすることが一番いいのでしょう。
先生は、膵炎だということが、わかっても、わからなくても、行う治療は同じと言いました。
5月末に、フィラリヤを調べることと一緒に、経過を診るための血液検査をする予定にはなっていました。
この日は、血液検査だけ、やってもらうことにしました。
それによって、考えればいいかな・・・と。

結果。リパーゼが、546で、高かったです。膵臓の炎症の可能性がありました。(基準10~160)
CRP(炎症)も、6.9 で高いのは、そのせいかと。
BUN 32.4 で、やや高めなのは、下痢のための脱水があるのかと。
他の腎臓や肝臓に関する数値は、問題ありませんでした。
白血球は、正常でした。

本日も、点滴。自宅では、少量からフードをはじめ、お薬も再開することに。下痢止めは、朝夕2回服用。
また明日、再診です。
先生は、落ち着けば、数値も下がっていくと思いますと、おっしゃいました。
その言葉に、少し安心。

この日、昨秋の、ちゅらの病気の時から知り合った、患者さんたちに、久しぶりに会いました。
よかった。元気でがんばってる!と、うれしくなりました。

この夜、ちゅらは、うんPをしましたが、いい状態になっていました。
まだ柔らかめでしたが、形もしっかりとありました。

ちなみに、ママは、安静にすることができずにいて、ぎっくり腰も悪くなっていることがわかったので、仕事は、お休みをいただきました。
この日は、ちゅらといっしょに、安静に過ごしました。

さて、本日、土曜日。
主治医がいます。
GW開けのせい?とにかく、超混み混みでした(><)
体重 2.0㎏
熱   なし
聴診 OK おなかの音なし
触診 OK
お尻のおでき  変わらず
目  OK

本日も、点滴。
ごはんは、少しずつ増やしていくことに。
①15g ②20g ③25g ④30g と、様子をみながら与える。
明日も、病院です。点滴は、した方がいいだろうと。

若ければ、土をぱくっとやっても、それほど問題はないのだけど、年をとると、いろんな形で出てくると。
(確かに。今まで、土をぱくっとやったって、何もなかったんです。)
それが楽しいんですから。楽しいんですから、仕方がないです・・・と、先生は、にっこり、おっしゃいました。

明日も、点滴です。しておいた方がいいだろうと。
血液検査は、今しても、数値が高いと思う・・・最初がどのくらいだったかにもよるのだけど・・・と。
だから、検査は、後日にということになりました。

先生の穏やかな表情に、安心しながら、帰途につきました。
今日も、昨秋から知り合いになったワンちゃんたちに会いました。
がんばろう!がんばって!と、心の中で。


ママの腰は、どんどん悪化しているみたい。
ということで、整形外科に行きました。
安静に、なるべく動かなければ、一週間から十日で治るだろうと。
仕事をしているし、デスクワークではないので、動かないでいることはできないし、休めないと言うと・・・
痛み止めをのみ、湿布を貼り、コルセットをして過ごす、と言われました。
治る期間が延びます、それによって、悪くなれば、リハビリをすることになります。
と、言われました。


ママの病院から帰宅後。
ちゅらは、うんPをしました。
ところが、昨夜より、状態が悪くなっていました。
色は茶ですが、タールのような柔らかさでした。
でも、食欲は、いつもあります。催促もします。

4回目の、さいごのごはんは、めっちゃ催促されました。
ごはんの直前に、うんPをしましたが、またもやタール状。
がっくりきましたが、かがめないママのため、パパさんが片付けましたが、タール状でも、固さはでてきたと言いました。
よかった・・・。

ママは、コルセットをして、じぃーーーっとしています。
きのう、3日分くらいのカレーはつくっておいたしね。(^_^;)
あとは、ぱぱさんが、ごはんを炊いて、お味噌汁作って、サラダを作ってくれればよし。
ママは、なるべく、じぃーーーっとしています。


今朝、ぱぱさんが作ってくれた朝ごはん、けっこう美味しかったので、載せときます。
f0002833_19253723.jpg

[PR]
by chobin-mama | 2015-05-09 19:53 | mamaのつぶやき | Comments(0)

すずらんクイズ

f0002833_19415967.jpg

これも、GW最終日のことです。
すずらん狩りに行きました ♪
といっても、我が家の小さなお庭の、小さなスペースのすずらん狩りですが。

すずらんの季節になると、ママのカースペースが、すずらんの香りで満たされます。
毎日、車の乗り降りのたび、すずらんが、香ってきて・・・
目立たない場所にあるのに、必ず、見に行っていました。

そろそろ、彼女たちの季節も、通り過ぎようとしています。

今日は、彼女たちを、部屋に連れてくることにしました。

家の北側のフェンスには、モッコウバラ。
その後ろに、すずらんたちはいます。
真っ白な小さなかごを手にとって、その場所に行きました。
一本一本、数えながら、摘んでいきました。

無造作に、白い籠に入れていったすずらん・・・。

さぁ、いったい、何本あるでしょう?
ピタリ賞をとった方には、もれなく・・・
僅差5本内の方にも、もれなく・・・
何かが当たるかもしれません ^^
f0002833_1943943.jpg


さぁ、これから、すずらんたちを小分けして、香りを散りばめましょう。
[PR]
by chobin-mama | 2015-05-09 19:51 | お庭 | Comments(0)

since 2005/11/19


by chobin-mama
プロフィールを見る
画像一覧