人気ブログランキング |
ブログトップ

収穫と手作りのよろこび(みかんジャム)

連休さいごの月曜日・・・
ワン達のお散歩に出かけたら、ご近所の方が、お庭の手入れをされていました。
お庭には、みかんの木があります。
この日、最後の収穫がすみ、そのお裾分けをいただきました。
いつぞや、このみかんで作ったというジャムをいただいたことがあります。
同じように美味しくできるかな?
5個=1瓶 ∴ 10個=2瓶 できるという計算になります。
f0002833_18302387.jpg

そのご家庭のレシピをうかがって、ネットでも少々調べ、やってみました。
①みかんを半分に切り、絞り器で絞る。
②薄皮を剥がす。(我が家は、先がギザギザしたフルーツスプーンで剥がしました。)
③みかんの皮を細く切る。(我が家は、切る前に、皮をサッと茹でておきました。)
④切った皮は、みかん果汁につける。(酸が強いので、ホーローかステンレスの鍋がいいようですが、我が家は、ガラスの鍋にしました。)
f0002833_18291169.jpg

・・・けっこう、体力を使いますねぇ。計20回、絞るわけですが、たいへんでした。
最後の方は、疲れて、パパさんに変わってもらいました。
私が絞ると、1回につき60ccしかとれませんが、パパさんが絞ると、100ccとれました。
この日は、これでおしまい。続きは翌日にすることにしました。

次の日、仕事から帰宅後、早速、ぐつぐつ煮始めました。
あくを丁寧にすくいます。
柔らかくなったところで、お砂糖を加えました。
甘いジャムが苦手なので、お砂糖は控えめにしました。
差し水少々、レモン果汁少々。
ぐつぐつ煮ながら、お湯も沸かします。ジャム用の瓶とふたを、熱湯につけました。
煮ていると、とろ~りとして水が澄んできます。確か、それが、火の消しどころ。
瓶すれすれに、ジャムを詰めました。できあがりです!
f0002833_18294955.jpg

翌朝、冷蔵庫から出すのもわくわく、ふたを開けるのもわくわくでした。
パパさんは、トーストしたパンに。私は、そのままのパンに。
なんと、薫り高い事!感激です~~~。とってもいい香りがしてきます♪
そうそう、いただいた時も、素晴らしい香りがしましたっけ。
甘すぎず、苦みも程よく残る、私好みのジャムができあがりました。
大人の味・・・という感じです。
鮮度のいいうちに食べきってしまうと思いますので、お砂糖が控えめでも大丈夫でしょう。
ちょっとサラサラした感じでした。もうちょっと固まることを予想していたのですが。
でも、あえてペクチンを加えることもないかなぁ・・・と。

そうそう、大活躍だったのは、その名も 『 計量かっぱ 』くん。
ジャムのレシピをうかがって、すぐに、絞り器を買いに行ったのです。(我が家になかった)
かっぱのおさらが、絞り器になっています。
かっぱの顔が、計量カップです。見ての通りですが~。
600ccまで目盛りがついている大きな計量カップなので、作業も楽々でした。
by chobin-mama | 2009-01-14 19:02 | おうちごはん