人気ブログランキング |
ブログトップ

真冬のバードバス

バードバスに張ってある水が、野鳥たちの、屋外スケートリンクの様になっています。
午後になっても、溶ける気配はない日々が続いています。
千葉でも、目覚めた時に、氷点下のことがあり、冬真っ盛りなのだと、実感します。

実家から、もらってきた冬みかん。
昨日の朝、バードバスの餌台に、半分に切って置いてみました。
森や林には、エサがないのですね。
午前中のうちに、みかんの果肉が、すっかりなくなっていました。
春や秋には、こんなことはありません。翌日になっても、果肉が残っているくらいです。
午後になると、みかんの皮までも、1/2個分が、なくなっていました。
翌朝、冷凍みかんと化した、野鳥のためのみかんは、その姿がだいぶなくなっていました。
仕事から帰宅後は、餌台の掃除をする手間がない状態、すっかりなくなっていました。
みかんの皮まで食べる・・・。
春や秋には、全くみられなかった光景です。

りんごがひとつあります。
明日の朝食は、りんごを食べましょう。
皮を厚めに向いて、りんごの芯と一緒に、細かく切って、バードバスの上に置いてあげましょう。
また、食べに来て下さい。

我が家の末っ子アルちも、おおよろこびで、窓際にはりつくことでしょう。
先日は、興奮がおさえられず、窓ガラスに向かって、2回もダイブしました(--;
ケガはなかったようです~~~(^^;

(追記
1/20 朝
目覚めると、野鳥たちが、寒い中、ふくらんで電線に停まっていました。
バードバスに、りんごを置きました。
早速アルちが、窓辺にはりついています。
突然、ぎゅっと固くなりました。身動きしません。石のようになっています。
あ、鳥が来ているんだな・・・と、アルちの目線を追いますが、私には見つけられません。
高いところ~ 煉瓦塀の上か、デッキの椅子か、ガーデンシンクか、木の枝か?
色々うろうろ、目線を動かしますが、とらえられません。
パタパタッと飛んではじめて、いた場所がわかります。
猫の視力というか、獲物を一瞬にして捉える目の力って、すごいですねぇ。。。

今日は、小春日和になるとか。
休日に、暖かいのは、嬉しいです。
さて、どうやって過ごしましょうか♪
by chobin-mama | 2010-01-19 18:17 | お庭