人気ブログランキング |
ブログトップ

クリスマスの話 ④ クリスマスのテーブルクロスが好きニャ

今年のテーブルクロスは、赤と、緑のランナーにした。
イブの日、たたんだままテーブルの上に置いておいたら、いつの間にか、アルちが来て、ざぶとんのように座っていた。
あわてて、クロスを片付けた。

クリスマスの夜、食事が終わって、食器をさげると、また、やってきた。
つるつるのランナーが、お気に召したようだ。

f0002833_1954625.jpg


何度言ってもだめなので、もう、好きにさせることにした。
あとは、クリーニングに出すだけなので。
全身毛だらけなのに、つるつるして気持ちいいのが、わかるみたいだ。

f0002833_1961341.jpg


テーブルの上に、ひとつ残っていた、シャンパンのコルク栓。
それを狙って~~~ 落として遊んでいた。

アルち、楽しくて、よかったね。

f0002833_1963970.jpg


↓ 余談ですが・・・




職場にて、夕方のこと・・・
Rちゃんが、「このお部屋には、おばさんが、いっぱい来る。」と、言った。
びっくりした。

へ?私?
確かに、おばさんである。
あと、誰?
S先生?
朝は、この部屋にもいたし、お昼は、一緒に食べた。
私より年下だが・・・オネエサンではない。
あと、事務の方は、私と同い年である。
でも、この部屋には来ていない。

一瞬のうちに、そんなことが、頭をぐるっとして、Rちゃんに聞きかえしてみた。
すると・・・
部屋の隅の方を指さし、「ほら。あそこにも来た。」と。
だぁ~~~れもいない、廊下側の部屋の隅を見て、指さしていた。

思わず固まってしまったが、そこへタイミングよく、S先生が、Rちゃんのおかあさんが、お迎えに来たことを言いにやってきた。
そして、帰って行った。

片づけをして、事務所に寄る。
Rちゃんのことを、話してみた。
S先生も、事務の方も、面白そうに聞いていた。
数年前の、私のふしぎ体験も、言ってみた。

「亡くなった人の魂って、あるんですかねぇ・・・。」と、言ってみると、
事務の方が、「あるんじゃないですか?死んで、それで終わりっていうことは、ないでしょう!」と、キッパリおっしゃった。
この方、そもそもは、理系の方で、長く、その仕事をしていたので、非科学的な事を信じるのかと、内心、驚いた。
お母様はクリスチャンだが、彼女は違うし。
「でも、もし、そうだったなら、嬉しいですね。
自分の大切な人や、ペットが、姿はなくなっても、そばにいてくれるのだとしたら・・・。」と、話した。
ちょびんがいなくなって、深い悲しみにあった私を知っているので・・・
お二人とも、ちょっと、複雑そうな優しい笑顔を向けた。

「なんだか・・・さいごに、ヘンなこと言っちゃって、すみませ~~~ん ^^;」 と、帰宅した。
でも、S先生も、事務の方も、大切なペットを亡くした経験を持っている。

今日は、お休みをもらっていたママ。
色々な用事をすませることができた。
明日は、仕事収め。
がんばろう。
by chobin-mama | 2013-12-26 19:29 | クリスマス